架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

『タポジ』の元ネタは『特打』のCMだとかなおさんに確認が取れました、多分

 多くのタオルケットファンを悩ませてきたのかそうでもないのか微妙な謎の1つ『タポジ』。
 先日、これが何かのCMからの空耳ネタだとかなおさん本人に教えてもらい、さらに問題のCMと思しきものを当ブログのコメントで教えていただきました。

コンチェルの技『タポジ』の意味をかなおさんに教えてもらいました

コンチェルの技『タポジ』の元ネタらしきCMを教えてもらいました



コンチェルの技『タポジ』の元ネタらしきCMを教えてもらいました

 タオルケットにおける非常に重要なわけではない謎『タポジ』の元ネタ。
 先日その発祥が何かのCMの空耳ネタだったことをかなおさん本人に教えてもらった、と記事にしましたが、正確になんのCMかまではご本人も覚えていないようでした。

 このまま永遠の謎としてファンたちを悩ませ続けるのかと思いきや、わずか一週間強で件のCMと思しき情報をコメントに寄せてくださった方が!

tapoji!!!.jpg

 ネットすげぇ。集合知バンザイ。
 コメントくださったりり様、ありがとうございました。




コンチェルの刺繍完成品画像が来た! さらに血反吐結びも! 他いろいろ

 かなおさんお手製タオルケットグッズ第2段『コンチェル』が完成したようです。

魚拓:http://megalodon.jp/2017-0518-1446-15/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

画像の魚拓1:http://megalodon.jp/2017-0518-1446-51/blog-imgs-101.fc2.com/m/i/z/mizunokazuki/20170517203310eda.png

画像の魚拓2:http://megalodon.jp/2017-0518-1447-40/blog-imgs-101.fc2.com/m/i/z/mizunokazuki/20170517203311035.png


 ほしいです。くれ。抽選方法の発表を早く!

 さら第2段に含まれるんだか第3段になるんだかわからない『血反吐結び』も。

魚拓:http://megalodon.jp/2017-0518-2013-38/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

画像の魚拓:http://megalodon.jp/2017-0518-2014-09/blog-imgs-101.fc2.com/m/i/z/mizunokazuki/20170518200506662.png


 手芸は最近始めた趣味ではなかった模様です。高校生からとは、意外な年季。




コンチェルの技『タポジ』の意味をかなおさんに教えてもらいました

 絶賛リメイク進行中の『タオルケットをもう一度3』にてコンチェルが覚える謎の技『タポジ』。
 彼女と作者のかなおさんが格闘技の経験者ということで漠然とそっち関連の用語なのだろうと思ってたのですが、昨日ふと気になって検索してみたところ、出てこない。グーグル先生の関連用語も見事にタオルケット関連が並んでいました。

FireShot Capture 066




かなおさんお手製タオルケットグッズ第2段は『コンチェル』!!! 他いろいろ

が来た。

魚拓:http://megalodon.jp/2017-0508-1927-04/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

 これが当たらなかったらショックで死んで生き返ってもう一回死ぬ自信ある。
 未だ販売方法が発表されてませんが、オークションだけはほんとやめて欲しい。生活費つぎ込んでしまうかもしれない。




かなおさん、小説版『タオルケットをもう一度2』の企画を打ち切った編集者を晒す

 長らく続報が途絶え、ファンをヤキモキさせていた小説版『タオルケットをもう一度2』。
 果たして本当に出るのか。今年始め、ノベライズ担当ひびき遊さんからの発信によりさらに不安が煽られましたが、今回の記事でほぼトドメを刺された形でしょうか。

魚拓:http://megalodon.jp/2017-0507-1407-45/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

 相当キレてるのか、あるいは小説はもういいやと諦めたから最後の毒を吐き出すつもりなのか。
 どういった心境の下での告発かはわかりませんが、出版社側が何も言ってくれない以上、こうやって原作者自ら情報を下さるのはありがたいことです。

 もちろんこれでもう完全に出版の望みが絶たれたというわけではありませんが、ファンとしては『ひとまず』諦めるという形で、意気消沈しつつも心を落ち着けることが出来るのではないでしょうか。

 ……記事消さない発言は信じないぞ(笑)。だってほら。記事は消さなくてもブログは消(ry



管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: