架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

タオルケットシリーズが『1』以外にもMVへ移植される予定の模様 他いろいろ

 少し前に『タオルケットをもう一度1』がMVへと移植され体験版も公開となり、あとは正式配信を待つばかりとなりましたが、他シリーズ作品も移植を検討しているようです。

魚拓:http://megalodon.jp/2017-0214-0353-38/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

 やはりここは、シリーズ屈指の人気作である『2』がベターではないかと。小説化も予定されてますし(まだ諦めてないぞ)。


 しかし、スピンオフのダウンロード数は『夜の海でお月様を釣る』がトップというのが意外すぎます。
 推測するに、

1,『猫足乙女ちゃん』の頃よりかなおさんの名前が売れた。
2,長いことふりーむのダウンロードページの一番上にある。
3,ナンバリングやシリーズタイトルがついてないため新規ファンが手を付けやすい。

 などの条件が重なった結果かもしれません。

 ただ個人的に『夜海』はシリーズファン向けの作品だと思っているので、最初の一作としては厳しいと感じます。シリーズ初プレイがこれという人が他作品をプレイせず離れていったりしてないか心配です。
『夜海』が初めてででちょっとよくわからなかったという新規ファンの皆様は、リメイク版でかまわないので『3』から順を追ってみてくだされ! その上で改めて『夜海』をプレイすると楽しみやすいので!



 以下はその他記事の魚拓です。

http://megalodon.jp/2017-0211-1120-14/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

 またタオル関連の同人アンソロジーが出るんですね(もう出た?)。確か2ちゃんのスレではわらわぅ関連だと聞いたような。
「問題が起こると嫌なので献本は要求しない」とのことですが、これは以前別の作家さんがアンソロジーを出した際のことかと。

 見本誌を要求したのが問題だったわけではなく、その後の言動が問題でした。献本について主催者が参加者たちに確認をとると返答したところ、かなおさんはそのことをブログに記載し『大人の対応します』と返答しました。
 あれではまるで即座に見本誌を渡さなければ同人作家側が悪いかのように捉えられかねず、現に2ちゃんのタオルケットスレも作家を叩く方向でみっともない荒れ方をしたため、最終的に主催者さんが一時活動停止を発表されたと記憶しています。あれは本当に気の毒でした。



 さらにその他魚拓。

http://megalodon.jp/2017-0211-1120-44/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-31.html
画像:http://megalodon.jp/2017-0211-1121-20/blog-imgs-98.fc2.com/m/i/z/mizunokazuki/984.png


http://megalodon.jp/2017-0211-1806-11/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-34.html


http://megalodon.jp/2017-0216-0335-09/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-36.html


http://megalodon.jp/2017-0216-2045-45/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
画像:http://megalodon.jp/2017-0216-2046-14/blog-imgs-101.fc2.com/m/i/z/mizunokazuki/CIMG8596.png

http://megalodon.jp/2017-0219-0630-09/mizunokazuki.blog.fc2.com/blog-entry-37.html


 その他ブログ更新をサボって溜め込んでしまった魚拓は次回更新時に。









関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: