架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

Go!プリンセスプリキュア 第46話『美しい…!? さすらうシャットと雪の城!』 あらすじと感想

・あらすじ

 年末がせまり、雪が降り積もったノーブル学園。トワが雪でホープキングダム城を作ろうとした所、いつの間にか大勢の人々が集まりとても完成度の高い雪像が完成する。

cap2015-12-31-21h50m06s261.jpgcap2015-12-31-21h50m19s876.jpg


 自分一人では出来ないこともみんなといっしょなら出来る。あらためてそのことに喜びを感じるトワだが、そこへ失敗続きでもはやディスダークへと戻れなくなったシャットが現れる。

cap2015-12-31-21h51m55s303.jpgcap2015-12-31-21h53m10s310.jpg

 トワと出会ってから自分は落ちぶれ始めたと思い込んだシャットは、己の絶望を糧に巨大化・暴走していく。その哀しい姿を放おってはおけず、はるかたちは助けようと決心する。

cap2015-12-31-21h53m46s864.jpgcap2015-12-31-21h54m33s084.jpg

 戦いの末、敗れたことで正気を取り戻したシャットにトワは手を差し伸べる。トワイライトだった頃の自分のように孤独な彼を今度は自分が助けたいという思いからだったが、彼は手を跳ね除け何処かへと去っていく。

cap2015-12-31-21h55m22s608.jpgcap2015-12-31-21h55m40s873.jpg

 戦いの影響で一部破壊されてしまった雪像を修復しようと意気込むはるかたちだが、ゆいが集めた生徒たちによってすでに元通りに直りかけていた。みんなで力を合わせるその光景を遠巻きに見ていたシャットは、シャムールが差し出したマフラーを受け取りまた姿を消すのだった。

cap2015-12-31-21h56m00s793.jpg
cap2015-12-31-21h56m38s150.jpg






・感想

 シャット、最後の晴れ舞台。

 正直、ちょっとびっくりしました。敵側のドラマがなおざりにされがちなプリキュアにおいて、味方になったわけでもない彼がこんなにきちんとした最後のエピソードを用意してもらえるなんて破格の扱いですよ。
 作画の質も非常に高く、中盤辺りからイマイチ目立たない可哀想な役回りとなってしまった彼も十分報われたのではないでしょうか。いやもうどこに映る彼もいちいち儚げでカッコいいのなんのって。

cap2015-12-31-22h11m57s249.jpg


 高待遇だったのは、トワの心の成長に絡めたエピソードでもあったからでしょう。
 自分1人、孤高に強くあればいいと思っていたトワイライト時代を経たからこそ、今のシャットの孤独を誰より理解できる。ならばかつて自分が救われたように、今度は自分が彼を救ってあげたいと思うのは今の彼女らしい優しさです。
 加えて言うと元上司としてさんざん振り回した負い目も多少は会ったことと思います。

cap2015-12-31-22h12m58s412.jpg


 果たしてシャットは救われたのでしょうか? トワの手こそ払いのけましたが、シャムールのマフラーは受け取りました。あれは変わり始めている何よりの証拠でしょうし、すぐには無理でも少しずつ救われていくんじゃないかなと個人的には信じたいです。

 ユニークな活躍と気の毒な扱いに対する同情からすっかり愛すべき敵キャラとなったシャット、これにて活躍はおしまいでしょうか。ここまでいい扱いしてくれたんですから、できれば彼はここでフェードアウト、なんてせずに最後の姿も描いてやって欲しいですね。
 いえ、そんなにきっちり描写する必要は無いと思うんです。最終回あたりにでもふらっと姿を見せてくれて、その後どうなったのか少しだけ見せてくれればもうそれだけで満足です。

cap2015-12-31-22h14m25s754.jpg


 次回はいよいよ花のお城解放の時?
 はるかがいきなり花のプリンセスになるという、いかにも胡散臭い敵の精神攻撃的な展開を迎えるようです。夢を否定される方向の精神攻撃はすでに経験済みの彼女ですが、肯定されるとなると果たしてどんな反応を示すでしょうか。

 そして長らく姿をくらましていたクローズも久々登場。なんと39話以来です。これは決着が近い予感、というかもしかすると次回がその時かもしれません。

cap2015-12-31-22h15m10s034.jpg

 年が明け、一度お休みを挟めばあとはクライマックスまで一直線ですね。次回作『魔法使いプリキュア』のビジュアルも解禁され恒例の『終りと始まり』の郷愁を感じつつも、はるかたちの戦いを最後まで見守っていきましょう。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: