架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

Go!プリンセスプリキュア 第43話『一番星のきらら! 夢きらめくステージへ!』 あらすじと感想

※画像は後日追加します


・あらすじ

 ジャパンコレクションを欠席したけじめを付けるため、モデルの休業を決意するきらら。ボワンヌは彼女が復帰するためにある提案をしようとするも、それも話すら聞かず辞退してしまう。


 なんとか彼女に夢を諦めてほしくないと考えたはるかは、学園のみんなの協力を得てあるイベントの準備を進めていく。当日、何も聞かされていないきららが招待状に従い講堂へいくと、そこで始まったのはみんなの夢を披露する『夢のファッションショー』だった。

 ステージに立ち、各々夢を語る生徒たち。そこでかりんもモデルとして登場し、その姿に幼いころの自分を重ねるきらら。やはりモデルはやめられないと控室へ行くと、そこではみんなが手作りしてくれたドレスが用意されていた。

 ステージに立ち、きららは再びトップモデルになることを宣言。イベントは大盛況となるが、そこへかつてホープキングダムで襲いかかってきたのと同じ怪物、メツボーグが現れる。

 メツボーグを倒した一同は、キーに導かれるままホープキングダムの星の城まで転移する。きららの心の変化に合わせて輝きを取り戻した星の城の封印を解き、また少し、ホープキングダムを取り戻すのだった。






・感想

 最後のきらら回、決着編。
 やっぱりこの娘は、名前の通りステージで輝く姿が一番だ。



 モデルという仕事に本気なだけに、半端なことをしてしまった自分を許せなかった彼女。もうこうなったからには周りが説得なんてしても聞き入れてくれるはずもないのは明白なので、もう一度自分の夢を見つめてもらうことで考え直してもらおうという作戦ははるかならではです。
 夢には大きな力がある。夢を追う人はどんな困難にも負けない。そう強く信じる彼女だからこそ思いつき、実践できた作戦でしょう。

 あの場にかりんがいた事もまた大きい。かつての自分と近い立場にいる彼女を通して、きららはもう一度夢の輝きを見つめることができました。
 幼いころに魅了され、その後の生き方を決定づけた強烈な光。それをもう一度目にしてしまったら……再び歩き出すに決まってますね。

 最後に見せてくれた笑顔が最高でした。モデルというより、1人の輝いている女の子として。


 今まで登場したサブキャラクターたちの夢が活かされたのも嬉しい。フラワーコーディネーターという夢を掴んだはなえに、無理やり引っ張ってこられたようだけどテニス選手志望のゆうきくん、そしてトップアイドル(笑)を目指すらんこ。

 欲を言えは、きららのクラスメイトであるひとみんとようたん(今回初めて名前知った)にも、もうちょっと今までにスポットが当たっていればよかったのにな―と。
 多分、きららにできた初めてのプリキュア関係じゃない友達です。登場回数こそ少ないものの、きららがはるかとの出会いでどんどん変わっていってるんだなと実感させてくれた地味に重要なキャラと言えます。2人の夢への想いにクローズアップしたエピソードがあれば、この回の感動もひとしおだったんだけれど。

 そして何よりきららママンが回想以外で微塵も登場しないのは意外でありちょっと残念だった。
 子供たちが自分たちの力で夢に突き進む強さを薄めてほしくないので直接関わって欲しいとは思わなかったのですが、影でこっそり見守ってるとか、そんな1シーンは欲しかったです。



 ともあれ、感動てんこ盛りでお腹いっぱいの43話でした。
 次回はいよいよみなみ回。夢をテーマにした本作のメインキャラにあって唯一、長らく自分で見出した夢を持たないまま来たキャラですが、36話で生じたかすかな夢の断片とついに向き合う時が来たようです。

 海堂家の長女としては人々の期待を背負い続け、プリキュアとしては人々の夢を守り続けてきた。人の夢ばかりに目を向けてきた彼女が、その果てに見出す自分の夢とは果たして。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: