架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

仮面ライダードライブ 第48話(終)『ゴーストの事件』 あらすじと感想

・あらすじ

 ロイミュードとの戦いから数日後、進ノ介は特状課最後の仕事として反政府組織『ネオシェード』唯一の生き残りであるリーダーを追っていた。1月前、ネオシェードがロイミュードと手を組み活動を再開したと知って剛やチェイスと共に逮捕に乗り出したが、あと一歩のところでリーダーだけは取り逃がしてしまっていた。

cap2015-09-30-18h00m59s316.jpgcap2015-09-30-18h00m35s445.jpg

 その際『眼魂(アイコン)』と呼ばれる謎の物体をリーダーが落としていくが、それをめぐって見えない『何か』に襲われ、同じく見えない『何者か』によって助けられた進ノ介。何が起こったかは分からなかったが、そのアイコンが盗み出されてしまったため、それを追えばネオシェードのリーダーを逮捕できる可能性があった。

cap2015-09-30-18h07m00s348.jpgcap2015-09-30-18h07m10s229.jpg

 りんなが眼魂に仕込んでいた発信機から盗んだ犯人でありネオシェードの関係者、岡村の居場所を割り当て逮捕へ向かう進ノ介たちだが、そこでまたもや見えない『何か』に襲われて取り逃がしてしまう。眼魂の力でその怪物を視認できるようになった進ノ介だが、全く歯が立たず窮地に陥る。そこへ再び『何者か』が現れ進ノ介を救う。

cap2015-09-30-18h09m30s869.jpgcap2015-09-30-18h11m34s861.jpg

『仮面ライダーゴースト』と名乗ったその何者かは、眼魂を必要しているようだった。困惑する進ノ介のもとへ、霧子を人質に岡村が逃亡、眼魂との交換を要求する連絡が入る。ゴースト曰く『奇跡』を起こしてくれるという眼魂を手に、霧子のもとへと向かう進ノ介。

cap2015-09-30-18h12m31s482.jpgcap2015-09-30-18h26m00s403.jpg

 岡村こそが実はネオシェードのリーダーだと見抜いていた進ノ介は彼の狙いを問い詰める。彼はロイミュードや眼魂の力を使って、この世界を破壊し自分で導くことを目的としていた。半年間の戦いの中、人間の悪意こそ本当の悪だと知った進ノ介は、眼魂の『奇跡』に頼った変身はせず、絶望せずに戦い続けるという強い決意と気迫で岡村を圧倒し、無事逮捕する。

cap2015-09-30-18h14m30s646.jpgcap2015-09-30-18h15m39s059.jpg

 後日、捜査一課へと転属になった進ノ介。父と同じく長い間、霧子とともに警察官として活躍し続けるのだった。

cap2015-09-30-18h18m09s942.jpgcap2015-09-30-18h16m13s801.jpg






・感想

 仮面ライダードライブの最終回として申し分なかった。それだけに惜しい。
 端的にいうとこんな感想です。


 実際本当にいい内容でした。適当な理由でベルトさんや仲間達が戻ってきて最後の戦い、なんて安易な展開ではなく、あくまで進ノ介の成長物語として締めてくれた。その一方で事件のとっかかりを最終回よりやや前に設定することにより回想という形で死んでしまったチェイスも無理なく登場、変身してのバトルシーンも盛り込まれ『仮面ライダー』としての魅力もしっかり見せてくれた。内容も構成も本当に素晴らしいと思う。


 しかし。だからこそ。
 どぉーしてもでしゃばってきたゴーストの存在が目についてしまうのだ。なまじドライブ最終回としてしっかりしたドラマになってるせいで、本来必要ないはずのゴーストの存在に余計腹立ってくる。
 こんなに素晴らしい最終回は、純粋にドライブだけで見せて欲しかった。


 もうね、むしろもっと安っぽい内容で良かったと思う。ゴースト関連の力でなんか適当なロイミュードが蘇ってきた大変だーここで仮面ライダーゴーストの登場、ついでにあの世からチェイスも引っ張ってきました、さらについでになんか凄い力でベルトさんも一時的に戻ってきました、おっと俺も忘れもらっちゃ困るぜと進兄さんのピンチに剛も参上、4人で変身して敵撃破ー!
 とかこんなんで。

 だって、ゴーストはドライブの直接の続編じゃないもの。ここや劇場版で関わったこととか全部なかったことになって、ドライブとロイミュードの戦いなんて起こってない世界で、独立した物語として進んでいくんです。ドライブの世界にゴーストが必要ないように、ゴーストの世界にもドライブは必要ないんです。


 だからね、制作側にお願い。無理やり違う作品同士を絡めるのはあくまで本筋とは関係ないお祭りとしてください。変にドラマとか盛り込んで、本筋からの続きのようには作らないで下さい。こっちも割りきって楽しむから。大人の事情はわかってるから。金儲けのために次回作の番宣をする必要があるって、そこんとこ理解してるから。
 ほんとマジでお願い。


 と言っても、別に仮面ライダーの適当な繋がりは今に始まったことではなく、昭和の頃からなんですけどね。
 昭和の仮面ライダーは『ZX』までひとつなぎの世界観であり、新しいライダー放送中は過去ライダーたちは世界のどこかで戦っているという設定でした。つまりレゴブロックみたいに気軽にくっついたり離れたりする平成ライダーのコラボと違って元から1つの作品なんです。
 だというのに、日頃はそんなことお首にも出さない内容で、先輩ライダーのゲスト出演時とかだけ急に世界観がリンクしたかのように適当な作りになっていました。ある意味平成ライダーよりヒドかったわけです。

 もうこのやり口は、仮面ライダーの伝統として諦めるしかないのかも。



 長く愚痴りましたが、ゴースト関連に目を瞑ればほんとにいい最終回でした。
 ネオシェイドと変身せずに決着を付けたことで、進ノ介はトラウマを乗り越えると共に自分が紛れも無くヒーローであることを証明して見せてくれた。これが1年追いかけてきた視聴者として本当に嬉しい。ヒーローは変身できるからヒーローなのではなく、ヒーロー足りえる者だからこそ、変身できるようになっただけなのだ。

cap2015-09-30-18h13m30s658.jpg

 そして力を失っても、心を失わなければヒーローはヒーローであり続ける。例えどんな状況でもみんなを守るために諦めない。あの変身拒否は、ベルトさんや仲間達と戦い続けた日々で仮面ライダーとなった進ノ介の半年かけた『変身』なんですね。


 本願寺に見出された時にはまだまだ未熟なところもあり、だからこそベルトさんも半信半疑だったのでしょうが、結果的に最後まで走り抜け、これからも走り続ける決意を見せたヒーロー、進ノ介。その未来に幸あらんことを。
 ……霧子と結婚とかどう考えても幸せやんけ! うらやま死刑! なにげに主人公がヒロインとゴールインしたのはライダー史上初めての快挙だし

cap2015-09-30-18h17m01s638.jpg


 そんなわけで。
 私ら視聴者は走り続ける彼の背中を見送って、新しいヒーローを迎えましょう。

 次回からいよいよ『仮面ライダーゴースト』が始まります。今回の客演を見るに、若干主演の演技力に不安がないでもありませんが(笑)。
 お化けなヒーローがどんな活躍を見せてくれるか、今から楽しみデス。




 鎧武の紘汰と舞は新天地でアダムとイヴ的存在となりましたのである意味結ばれたと言えるかもしれませんが、特殊すぎる事例ということで除外。
 シンは彼女が死んじゃったので、幸せなゴールインを果たしたのはやはり進ノ介だけではないかと。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



「鎧武の後のライダーはわかりやすい勧善懲悪ものかな?」と思っていましたが、ハートとの決着の仕方や最終回の進ノ助の決断は「今のライダーもやるな。」と思うくらい感動しました。



だからこそ「ゴースト&ドライブでは進ノ助とタケルは初対面になっている。」という他の人の感想を読んだ時は悲しかったです。ちなみにゴースト&ドライブは動画サイトで断片的に観ました。

[ 2016/11/26 21:02 ] [ 編集 ]
鎧武が子供には難しい内容だったので、自分もドライブはシンプルな子供向けヒーロー物になると思ってました。どんどん加速して大人をもうならせる物語になりましたね。それでいて子供が見てもカッコいい、ヒーロー番組として申し分ない出来だったと思います。


『ゴースト&ドライブ』は、ゴーストの設定がきちんと出来上がってない頃に脚本が書かれたらしく、マコトのキャラが変だったりベルトさんの扱いがぞんざいだったりして面白いとはちょっと言いにくい内容でした。
けど過去のムービー大戦と違って、新旧ライダーの物語を別々にやった後に合流、ではなく、最初から最後までがっつり2作品の絡みを見せてくれるので、個人的にそこはすごく評価してます。
[ 2016/11/28 18:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: