架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

仮面ライダードライブ 第46話『彼らはなぜ戦わなければならなかったのか』 あらすじと感想

・あらすじ

 剛を守り散っていったチェイス。失ってはじめて大切な友達だったと気づいた剛は、チェイスのシグナルバイクであり得ないはずの姿に変身、スペック以上の力を引き出し蛮野を打ち倒す。

cap2015-09-16-14h32m19s948.jpgcap2015-09-16-14h33m14s031.jpg


 一方りんなたちの協力でバリアを突破した進ノ介は、残りのロイミュードたちを撃破。遂に自分とメディックの2人だけになってしまったと悲しむハートだが、それでもシグマを止めた後には人間と決着をつけると考えを曲げない。複雑な心境になる進ノ介だが、霧子からチェイスのことを知らされ、なんとしてでも勝利をつかもうと先を急ぐ。

cap2015-09-16-14h34m20s071.jpgcap2015-09-16-14h35m11s768.jpg

 ついに稼働し始めたシグマの放つ重加速に耐え切れないメディックを置いて最上階へとたどり着いた進ノ介とハートだが、一歩遅く、シグマの最終進化を許してしまう。なんとか破壊しようとするも、その強大な力に歯が立たず、徐々にナンバリングされていく世界中の人間たち。

cap2015-09-16-14h36m04s301.jpgcap2015-09-16-14h37m07s777.jpg

 ハートと同時に力をぶつけることで一か八かの逆転を狙う進ノ介だが、力及ばず窮地へと陥る。そこへメディックが駆けつけ、最後の力を振り絞りはじめて進化態となった時の白い姿となり、進ノ介の傷を癒やして消えていく。怒りと悲しみに雄叫びを上げ、進ノ介は最後の戦いへと挑むのだった。

cap2015-09-16-14h38m16s606.jpgcap2015-09-16-14h39m07s320.jpg






・感想

 剛、友情変身。

cap2015-09-16-14h45m08s780.jpg

 別々にデザインされた2つの戦士を強引に混ぜあわせた、実に不格好な容貌です。でもいいんですよ、これはそれで。2人の友情が起こした奇跡なんですから。
 ……本音を言うとヘルメットくらいは新造して欲しかったかな(笑)。

 チェイスのバイラルコアが駆けつけるのは予想外だったので手に汗握りましたが、欲を言えば久々にあの魔進チェイサーの武器たちも使って欲しかった。というか使うべきだろう。使わん意味がわからん。規格が合わないから使えるわけない? いいんですそんな細かいことは。友情パワー! っていうのが、あの戦いの醍醐味だったんですから。


 も1つ予想外かつ感心したのが、

信号アックス『イッテイーヨ!』
剛「行っていいってさ」

 のくだり。
 オーズ以降恒例となった珍妙なベルトや武器の音声は基本物語に関係ないただのお遊び要素です。それをあんな風に脚本に混ぜ込んでくるなんて、いやはやおみそれしました。

 視聴者からも登場人物からも憎しみを集めるキャラとして作り上げられていた蛮野。おそらく見ている人たちのほとんどが「こいつは倒すべき存在」と認識して、見逃したり許したりする展開は期待していなかったでしょう。そのためあの『イッテイーヨ!』は視聴者の声として素晴らしく機能していました。「やっちゃえ、剛」という私達の心の声を、シンプルに爽快に代弁してくれた。

cap2015-09-16-14h46m32s096.jpg

 砕け散ったベルト蛮野を見て思わず肩の荷が降りた感覚を味わい「ああ、剛は今こんな気分なんだ」とキャラクターとの一体感を気持ちよく感じさせてくれたのは、本当に見事でした。
 お疲れ様、剛。



 蛮野の最期は、本当に最期まで彼らしかった。強敵がいよいよ持って打つ手が無いほど追い詰められた時に焦りだす展開はお約束ですけど、特徴的なのは「許してくれ」「話しあおう」みたいなセリフは一切出てこず「私みたいな偉大な人間を殺していいはずがないだろう」と言わんばかりに、この期に及んでもまだ傲慢に命乞いしていたこと。

 そもそもシグマが動き始めた時に高笑いして勝利宣言みたいなことをしなければ、剛たちに気取られずこっそり自己修復して生き延びることも出来たはず。それが出来なかったのは、やはり世界をも包み込まんとするほど肥大化した虚栄心のためでしょう。

 彼が最期までああだったおかげで、見ているこっちもスッキリ(笑)。
 一応あんたにも、お疲れ様。



 そしてブレン、チェイスに続き散っていった愛のロイミュード・メディック。
 味方の命すら奪い続けきた彼女が最後にとった行動は、敵の命を救うことでした。正反対の行いですが、どちらも目的はただ『愛する人のため』。彼女は本当に徹頭徹尾、ハートのために生き続けたんですね。ブレンと同じように。

cap2015-09-16-14h48m24s471.jpg

 再び羽鳥美鈴をコピーした時の白い女神のような姿に戻り最後の力を振り絞りましたが、ひょっとすると彼女の本当の超進化はあの姿だったのかもしれません。超進化の代償として根源とも言える癒やしの力を失ったのは考えてみれば奇妙な話ですので、あれは蛮野の介入により歪められてしまった偽りの姿だったのではないでしょうか。

 ごきげんよう、メディック。あの世でブレンと喧嘩しておくれ。



 概ね満足な46話でしたが、最後の最後に感動を台無しにしてくれるアレな展開が。最終回は次期ライダーとのクロスオーバーですか……。

『ウィザード』以来ですね。あれは劇場版で次期ライダーのゲスト参戦がなかったのでまだぎりぎり納得いきますが、ゴーストはちゃんと『サプライズ・フューチャー』でゲストに出てたのにな。なんでこんなのねじ込んじゃったんだろう。
 個人的にこういうのは、劇場版に限定して欲しいです。映画なら「まあ、お祭りだし」って感じで、なんとか無理やり納得できるので。

 願わくばドライブ本編は次週で綺麗に終わらせて、最終回はゴーストの番宣と賑やかさに特化した作りにして欲しいです。『特別編』と銘打ってるので、大丈夫だと信じたい。『ウィザード』の時は本筋と絡んでて、そこがまた気に入らなかったので。



 最後の最後に水を差された感が否めませんが、泣いても笑ってもあと2話でおしまい。ゴーストの番宣に新作への期待と現行作が終わってしまう郷愁という毎年恒例の2つの気持ちを感じつつ、最後まで見守っていきましょう。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



忙しかったらすいません。
ブレンと喧嘩すること前提ですか(爆)

森田成一さんの声を聴くのが怖くなるほど蛮野の台詞を悪い意味で引きずるようになったので、小説版とサーガ2そしてドラマCDの発売を知った時は(また剛が主役の話で暗い気持ちにならないといけないのかよ。)と思ったので購入はしないつもりでした。

しかしサーガ2の動画をある動画サイトで見つけてしまい(真面目に観るつもりはないからから観たい場面だけを観て寝よう。)と軽い気持ちで視聴したら、夜更かしをしてしまうほど感動してしまったので、小説版を買いたいと思うようになりました。

[ 2016/11/26 20:49 ] [ 編集 ]
> ブレンと喧嘩すること前提ですか(爆)

そりゃあの2人には仲良く喧嘩してもらわないとww


マッハの小説はまだ自分も読んでないんです。昔読んだ仮面ライダーの小説はどうにもしっくりこなくて、あんまりライダーの小説にはいいイメージがなくて……でもサーガ2が小説の続編に当たるので、それを見るためにもそのうち読むつもりです。

しかし夜更かしするほど感動ですか! 自分は実際に視聴するまで情報を入れたくなかったので動画サイトなどでも一切見ないようにしてるのですが、これは俄然楽しみになってきました。
[ 2016/11/27 11:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: