架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

銀河機攻隊マジェスティック・プリンス 第5話『小惑星基地潜入作戦』 あらすじと感想

・あらすじ

 『チームドーベルマン』相手に重力下での戦闘訓練を行う『チームラビッツ』だが、圧倒的な実力差と連敗続きからの自信喪失、従来のチームワークの悪さが重なりあっさり敗北を喫する。

vlcsnap-2013-05-11-15h00m25s43.jpg
vlcsnap-2013-05-11-15h01m52s145.jpg


 そんな状態で『チームドーベルマン』との共同戦線に当たることになり不安を隠し切れない一同だったが、先輩チームの面々は実力に反してひょうきんな人柄で『がっかりスリー』『マンザイスリー』などと呼ばれていた。その賑やかなやり取りに、イズルたち5人の心も少しだけ軽くなる。
 ヒーローになりたいというイズルの思いを聞いた『チームドーベルマン』のリーダー・ランディは、仲間を信用する大切さを説くのだった。

vlcsnap-2013-05-11-15h03m23s33.jpg
vlcsnap-2013-05-11-15h03m34s142.jpg
vlcsnap-2013-05-11-15h04m07s221.jpg

 作戦本番。警備の薄い敵基地に侵入、爆破するという任務のはずが、現場にたどり着いてみると大量の敵戦力が待ち構えていた。『チームドーベルマン』が敵を引きつけている間に敵基地内に突入するイズル・スルガ・ケイの3人だが、守備部隊の猛攻の前に中心部にたどり着く頃には爆破装置が損傷していた。

vlcsnap-2013-05-11-15h06m42s245.jpg
vlcsnap-2013-05-11-15h07m09s235.jpg

 スルガは撤退を提案するが『仲間を信じろ』というランディの言葉を思い出したイズルは、スルガなら爆破装置の修理が出来ると信じ作戦続行を決断。敵の猛攻を何とか耐えしのぎ爆破装置の設置に成功、間一髪で脱出し無事任務を遂行するのだった。

vlcsnap-2013-05-11-15h08m40s106.jpg
vlcsnap-2013-05-11-15h09m04s98.jpg





 
・感想

 先輩キャラといえば親しみやすく頼りになるかすげぇ嫌味かのどっちかが定番ですけど今作では前者で安心した。特にランディがいかつい顔に似合わず良い奴でしたな。戦闘記録かと思ったらAVでした、の流れで爆笑したけど私がイズルの立場でも同じミスしそうな気がするw

 イズルはきちんとランディの言葉『決断する・諦めない・仲間を信じる』を受け止め、基地内で見事に諦めず仲間を信じ決断しました。今までの活躍はヒーローにならんとする一人よがりなものでしたが、今回でようやくリーダーへの第一歩を踏み出せたのではないでしょうか。きっと仲間たちの信頼も上がったでしょうしそれぞれちょっとずつ自信も回復したはず。
 きっと今後は少しずつ良きチームになって大活躍する……といいけど。


 それにしても一人だけ全く見せ場がなかったアサギが気の毒でしたな……。
 腹痛に耐えて頑張れ、アサギ。

マジェスティックプリンス 3 (ヒーローズコミックス)
マジェスティックプリンス 3 (ヒーローズコミックス)
関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: