架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

『手裏剣戦隊ニンニンジャーVS仮面ライダードライブ 春休み合体1時間スペシャル』 感想

 4コマ再び。

capninvsdr.jpg


 というわけで、今回本編は一時お休み。ニンニンジャーとのコラボ回でした。
 自分はニンニンジャー未見なんですが、噂には聞いてたんですよええ。アカニンジャーのお兄さんが『オンドゥル再来』だと。確かに……!

 内容的には鎧武とトッキュウジャーのコラボと同じく、映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 』の番宣も含めた仮面ライダー寄り。そろそろスーパー戦隊ファンは拗ねてもいいと思う。来年はスーパー戦隊寄りでやってあげて。


 さて感想ですが、先週劇場へ足を運んだ身として言わせてもらうと、映画へ続く前日譚として悪くなかったんじゃないでしょうか。褒めるほど面白いものでもないですが、あくまでお祭り作品として。正直映画本編より物語はしっかりしてたと思う。


 刑事、そして仮面ライダーとして間違っているとしても、人間として天晴たちを助けようとする進ノ介は素敵でした。仮面ライダーは人間のために人間として戦う戦士。結果として、彼の行動は仮面ライダーとして間違っていなかったのではないでしょうか。

cap2015-04-01-10h49m19s10.jpg

 ドライブの場合、仮面ライダーの力はベルトさんと2人で1つという特殊な形のため進ノ介一人の意志では変身できませんが、それを上手く活かして『例えライダーの力が使えなくても信じられる人間を救うために戦う』進ノ介の姿は格好良かったです。

 反面、進ノ介の格好良さを際立たせるためにベルトさんは割りを食ってしまった印象ですね。最初はニンニンジャーを見捨てようとしたことで子供たちからの人気が下がらないか心配ですが、今回の件を通してより進ノ介とコンビの絆が強まったことでしょう。


 残念なのは、せっかくこういう形で進ノ介と天晴の2人が友情を育んだのに映画版では全くそれが活かされなかったこと(鎧武とトッキュウジャーの時もそうでしたが)。今回の内容を踏まえた部分が映画にもあれば、おまけの様にクライマックスだけスーパー戦隊が登場するよりよっぽど面白くなったはずです。

 そのくせ、半端に悪い形で『仮面ライダー4号』に続くんだもんなあ、あの映画。繋げる部分間違ってるだろうと突っ込みたい。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: