架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

仮面ライダードライブ 第20話『西城究はいつからロイミュードだったのか』 あらすじと感想

・あらすじ

 本業のネットワーク研究科として本を出版した西城究。そのサイン会へ向かう途中う、女の子に襲いかかるロイミュード・072を発見し戦いを挑もうとする進ノ介と剛だが、妙なことに072は仮面ライダーと出会えたことに興奮気味。困惑する2人の前にさらに2体のロイミュードが現れ、進ノ介たちだけでなく072にまで襲いかかる。

cap2015-03-03-16h05m29s34.jpgcap2015-03-03-16h06m05s146.jpg


 2体のロイミュードを退け、逃げた072を追って辿り着いた先は西城の部屋。そこにいたのは2人の西城だった。どちらが偽物なのか見極めるべく取り調べを進める一同だが、奇妙なことに2人も自分が本物だと主張するだけでもう一人を『偽物』だとは言わない。街で暴れて女の子を襲った理由を問いただしても「アニメを見ない人にはわからない」という漠然とした回答しか得られなかった。

cap2015-03-03-16h06m43s2.jpgcap2015-03-03-16h06m48s60.jpg

 西城の好きなアニメを『マーマーマンション』を視聴した進ノ介は、すべての事情を理解する。西城は脅されていたわけではなく、自分をコピーしてオタクとなった072と意気投合し自らの意志でロイミュードと同居していた。072が怒って暴れたのは、セリフが字幕なのが魅力の『マーマーマンション』劇場版でアイドル声優が起用されたことが原因であり、襲っていた女の子は件の声優だった。

cap2015-03-03-16h10m19s132.jpgcap2015-03-03-16h12m12s231.jpg

 それでも基本的に072が本物の西城と同じ気のいい性格だと確信した進ノ介は、戦う前に話し合いを持ちかける。だが人間の世界で生きたいという072をメディックの凶刃が貫く。西城を悲しませないため、自分は暴れて仮面ライダーに倒されたことにしてくれと言い残し消えていく072。

cap2015-03-03-16h15m56s175.jpgcap2015-03-03-16h16m32s14.jpg

 怒り狂った進ノ介はメディックへと挑むが、あと一歩のところで仲間を盾に逃げられてしまい、怒りの雄叫びを上げる。結局西城には072の言うとおりに伝え、特状課はいつもの日常へと戻っていくのだった。

cap2015-03-03-16h17m16s202.jpgcap2015-03-03-16h18m16s28.jpg








・感想

 16話から続くサブキャラスポット回、3回目は究ちゃん回でした。
 ドライブ史上、だけでなくもしかして平成ライダー史上初めて?の1話完結構成でしたが、ギャグと悲しみが凝縮された、満足感の高い1話でした。個人的にはドライブ史上1・2を争う神回かも。



 ナンバー072、なんとか生き残って欲しかったなあ……。でも新しい死神が登場したことで「あ、こいつらに殺されるな」って先の展開がまるわかりでしたよね。だからこそすぐそこに迫っている悲しみに胸が締め付けられる思いで視聴してました。いつも通り2話展開だと思ってたので、1話の中で死に別れてしまってさすがに驚きましたけど。

 話数を重ねてもう少し072と究ちゃんや進ノ介のやり取りを見たかったなって気持ちもあります。もっと友情を積み重ねてくれたほうがお別れの悲しみも倍増されたと思うので、そういう意味ではもったいなかったかも。でも無駄なく綺麗にまとまっているので、残念だったとも言いがたい。

cap2015-03-03-16h10m00s199.jpg

 新しい死神2人もあっさり死んでこれまたびっくり。メディックの不要なロイミュードはどんどん破棄する発言に躊躇している様子も見えたし、彼らももっとドラマを与えてあげて欲しかった。こういう美味しい部分を躊躇なく切り捨てちゃうのはドライブらしいかも。



 ところでなんともずるいナンバー『072』ですが、ネットで『究ちゃんとおなじ(072)って意味だよ』と言ってる人を見かけました。うまい! いやでもやっぱりオナニーだろ。


 今回限りであろうドライブの名乗りポーズはカーレンジャーのパロディらしいです。カーレンジャーは見たことないなあ。自分の世代で車のスーパー戦隊と言ったらターボレンジャーでござる。



 ただ笑える泣けるだけでなく、果たしてロイミュードとは分かり合えるか否かという本筋にも係る重要な問題も引っ張りだした今回。悲しい結末を迎えましたが、どうやら必ずしも敵対するわけではないという希望の見える答えが提示されました。
 考えて見れば、今までだってその伏線はあったんですよね。なんせロイミュードを更生(?)させる死神なんて存在が必要なわけで、つまり人間と共存できる個体が生まれる可能性も十分に示唆されていたわけです。

 072の場合は、オタクである究ちゃんをコピーし実際にオタクコンテンツの素晴らしさに触れることで人間社会に溶け込みたいと考えるようになりました。つまり生まれ育つ土壌さえ間違わなければ暴力的な存在とはならないわけです。人間と変わりません。

 でも、だからこそロイミュードは敵ともなるわけですよ。人間と同じく心を持てる。ならば人間に従う存在に甘んじるのは我慢なならないでしょう。人間より優れた力を持ってるんだからなおさらです。

 チェイスだって(恐らく)元は人間に反乱を起こしたロイミュードの一体であり、洗脳されて人間の味方となっていただけです。メディックの書き換えとベルトさんの洗脳、両方から開放されたその時、彼がどんな道を選ぶかと言えば、やはり人間の敵なのではないでしょうか。

 ロボットゆえリセットや書き換えが効くわけですから、また心を作りなおすという方法も取れますが、道義的にそれが問題ないかと言えば微妙です。果たして一度育った心を消す、もしくは強引に捻じ曲げることは人として本当に正しい行いなのか。
 社会を保つためには必要な行為ではありますが、難しい問題です。



 次回、その問題に1つの決着がつく模様。ついにチェイスと真正面からぶつかるようです。煽りが大げさなだけで完全に決着付かない可能性もありますが、ドライブは割りと溜めない作風なので本当にチェイス関連の問題に片がつくかも。どちらにせよロイミュードと人間の共存という観点から見れば、一応テーマ的には今回から続いているといえるかもしれません。

 新フォーム・タイプフォーミュラも登場。せっかくタイヤ交換を披露したばっかりのデッドヒートがちょっと気の毒かも。腕にタイヤが付くようで、タイヤ交換によるアクションの幅は広がりそうです。個人的にはデッドヒートより好きになれそうな予感。


 共存できる可能性はあると示された2つの種族。チェイスはどう出るのか。それに対して進ノ介が出す答えとは果たして。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: