架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第16話『共鳴戦線』 あらすじと感想

・あらすじ

 捕虜というより客人として丁重に扱われながらも、未だドラゴンたちを信用出来ないアンジュ。そんな彼女に、サラは共闘を持ちかける。エンブリヲ打倒という目的が共通している以上手を取り合えるはずだというのが彼女の言い分だったが、アンジュとしてはジルたちと同じく自分を戦力として利用しようとしているのが気に入らなかった。

cap2015-01-29-08h58m22s219.jpgcap2015-01-29-08h58m43s167.jpg


 そんな反応すらも見越していたサラはある提案を持ちかける。一対一で勝負し、アンジュが勝てば解放、サラが勝てばアンジュたちを自分の所有物にするという半ば挑発的な内容だが、意地と誇りからアンジュは受けて立つ。

cap2015-01-29-08h57m27s179.jpgcap2015-01-29-08h59m17s0.jpg

 サラが復元した旧文明のスポーツ施設で抜きつ抜かれつの勝負を繰り広げる2人。力が拮抗し決着はつかなかったが、お互い全力を出しきることで心のわだかまりも晴れ、いつしか笑い合っていた。

cap2015-01-29-08h59m58s154.jpgcap2015-01-29-09h00m03s197.jpg

 そんな時、街に異変が起きる。アンジュ達の地球の建物が突如出現し、こちら側の時空と重なって崩壊していく。それは時間と空間を自由に操れるエンブリヲによる時空を歪めた破壊行為だった。

cap2015-01-29-09h01m18s180.jpgcap2015-01-29-09h02m12s201.jpg

 逃げ惑う住人たちを前に為す術がなく狼狽するサラをアンジュは叱咤激励。2人の機体で時空収斂砲を放ち、威力を相殺しながら破壊行為を抑止することに成功する。

cap2015-01-29-09h03m52s190.jpgcap2015-01-29-09h04m14s147.jpg

 危機を止めて民も救う。アンジュの芯の強さに心打たれたサラは、所有物などではなく友達になりたいと態度を改めるのだった。

cap2015-01-29-09h06m13s48.jpgcap2015-01-29-09h05m11s206.jpg






・感想

cap2015-01-29-09h06m41s88.jpg
cap2015-01-29-09h07m47s221.jpg
cap2015-01-29-09h07m58s92.jpg

 何のアニメだこれ。



 今回は珍しくアンジュが格好良かったですね。
 サラと出会ってから何かと手玉に取られてばかりだったわけですが、土壇場で肝の強さを見せ、どこか上から目線だったサラと対等の立場に並びました。お姫様として厳しくも不自由のない環境で生まれ育ったのであろうサラと、途中まで同じ境遇だったもののどん底に落とされて自力で這い続けたアンジュの差、といったところでしょうか。

『喧嘩で生まれる友情』を地で行くベタな展開ですが、色々と衝撃的な展開を盛り込んでくる本作だからこそこういった王道が引き立ちますな。今度こそ本当に心の底から、アンジュのことを知りたいと願い始めたサラとなら、きっといい友達になれるでしょう。
 OPでもエンブリヲ相手に共闘してますし、やっぱりこのままドラゴンたちとの共闘ルートかな?



 しかしエンブリヲはますます万能っぷりを発揮。時間と空間を操れると来ましたか。そりゃ平行世界に行けるんだから今更驚くことでもないかもしれませんが、どこまでトンデモなんだこの男は。

 にしても今このタイミングで攻撃を仕掛けてきたのって何故なんでしょうか。予告でリィザが捕まってるようなシーンがあったので、ドラゴン側の進行を察知して先手を打ったとか?

cap2015-01-29-09h14m22s73.jpg

 そもそも自分から攻撃を仕掛けられるなら今まで放置してたのは何故なのか。
 エンブリヲって多分、その気になればドラゴン側を潰すのなんて簡単なんじゃないでしょうか。けどドラゴンをエネルギー源として頂戴しているわけで、やっぱり全滅させるのはまずいんだろうと思います。かと言って自分でドラゴンたちを牧畜のように管理するのは手間もかかるので、向こうは向こうで勝手に育ってくれると楽で助かる。

 だから自分からは仕掛けず、時折侵攻してくるドラゴンたちをスナック感覚で美味しく頂く今の状態が理想なんじゃないかと。今回の時空を越えた攻撃は、アウラ奪還はさすがに困るということで「今までの侵攻は大目に見てあげてたけど、あんまりおいたが過ぎると許さないよ?」って感じの言わば脅しなのかもしれません。うわー腹立つ。

 是非アンジュにはサラやジルたちと手を組み打倒エンブリヲへと邁進して欲しい所存ですが、あの何でもありな優男って一体どうやったら倒せるんだろう。



 なんでもありといえばヴィルキスも。再生までするとは恐れいった。自己修復どころか失ったパーツをどこからともなく生成してるんですよ、デビルガンダムかおのれは。
 この機体があればエンブリヲだって!と言いたいところですがそもそも作ったのはエンブリヲなわけで。ああもう絶望しか見えない。


 なんでもありな相手にどんなブレイクスルーが用意されているのか、すごい楽しみ。






関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第16話「共鳴戦線」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞の第16話を見ました。 第16話 共鳴戦線 アウラを奪還し、失われた調和と安定を取り戻すためにエンブリヲと共に戦おうというサラからの呼びかけをアンジュは拒否し、古代の闘技場においてアンジュとサラの未来をかけた決闘が行われる。 「予想以上ですわ、アンジュ」 「何が?」 「少し楽しみだったのです。今まで私と互角に戦える者などいませんでしたか...
[2015/01/30 05:57] MAGI☆の日記
よくある話にご用心!「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」
日本文化は永久不変のモノなんかじゃ無く、千変万化していく姿勢こそが融通無碍な伝統的本質なのです。 いわゆる「変化していくスタイルが普遍である」というパラドックスを実践しているんですね。 それは定番の御伽噺にさえ反映されていて、禁忌を提起されては破戒していくというトッテモよくあるお話が大好きなんです。 それでいて、というよりダカラだこそ義理堅く律儀な国民性が培われるのです。 こ...
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: