架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

仮面ライダードライブ 第8話『その胸に宿る秘密とはなにか』 あらすじと感想

・あらすじ

 進ノ介を守ろうとチェイスとの間に割り込む霧子。しかしチェイスは何故か攻撃の手を緩め、どこかへと去っていく。

cap2014-12-01-19h26m55s250.jpgcap2014-12-01-19h27m02s64.jpg


 無茶な行動を咎める進ノ介に、霧子の答えは仕事だからとそっけない。しかしその反面、怪我をした進ノ介の見舞いに花を飾り付ける優しさも見せる。彼女がクール一辺倒でないことを知り、同時に早瀬の見舞いを断ったことが不機嫌の理由なのだと悟る。

cap2014-12-01-19h27m16s201.jpgcap2014-12-01-19h27m31s91.jpg

 高杉は最初から久坂がロイミュードと手を組んでビル倒壊事件を捏造していたことを知っていた。そうなった原因は、かつてスクープを圧力でもみ消された際に心が折れ、戦い続けようとした久坂を見捨ててしまった自分にあると責任を感じていた。

cap2014-12-01-19h28m26s136.jpgcap2014-12-01-19h28m58s204.jpg


 今度こそ親友を救いたい。その強い想いを受け止めた進ノ介と霧子は、彼を伴って高杉の元へ。だがそこへチェイスが立ちふさがる。霧子に高杉を託し、迎え撃つ進ノ介。相変わらず強力な武器の前に苦戦するも、りんなが大急ぎで完成させた新たな武器『ドア銃』によって形勢逆転する。

cap2014-12-01-19h29m57s29.jpgcap2014-12-01-19h31m03s169.jpg

 一方、高杉の言葉も届かず霧子と2人纏めて亡き者にしようとする久坂だが、ロイミュードの裏切りにあい危機に陥る。彼を守るためまたも己を犠牲に立ちふさがろうとする霧子だが、万事休すのところで駆けつけた進ノ介によって救われる。

cap2014-12-01-19h31m38s2.jpgcap2014-12-01-19h32m05s16.jpg

 無事ロイミュードは倒され、久坂は逮捕された。絶望に打ちひしがれる友に、高杉はまた一緒に仕事をしようと声をかける。2人が無事絆を取り戻したように、進ノ介は霧子を早瀬の元へと連れて行き、わだかまりを解消するのだった。

cap2014-12-01-19h32m26s231.jpgcap2014-12-01-19h33m03s83.jpg






・感想

 尾行なのにぴょんぴょん跳びまわる派手な動きをして案の定見つかったミッドナイトシャドーは私の中でドジっ子属性が付与されました。

cap2014-12-01-17h35m28s203.jpg

 かわいい。



 さて8話、カメラマン2人をめぐるエピソードの完結編。そして2人の友情と重なって進ノ介と霧子の絆もまた一層強まりました。

 けど前回から高杉・久坂のカメラマン2人と進ノ介・霧子の主役2人を並べてコンビの絆をテーマにしていたものの、ちょっと描き方が弱いのが残念でした。

 例えば、進ノ介と霧子がカメラマン2人を見て自分たちのコンビとしての弱点・欠点などを顧みて反省したり、あるいは逆に高杉と久坂が主役2人に感化されて失った絆を取り戻したりするような展開ならもっと二組のコンビが有機的に絡み合って面白かったと思うんです。
 けど高杉は最初から久坂を救おうと決意を固めているし、進ノ介と霧子もカメラマ2人とは特に関係ない形で仲直りしたしで、それぞれ関連性もなくバラバラに進んで解決してしまってもったいない。

 ただこのドライな描き方はわざとな気もする。私が何度か『溜めない』作風と評しているように、ドライブの作劇は全体的にスッキリしています。テーマを前面に押し出してこれみよがしに描かず、あえて抑え気味に盛り込むのを狙っているのかも。



 冒頭は進ノ介を庇った霧子大ピンチから始まったわけですが、なぜか攻撃を逸して去っていくチェイス。やはり仮面ライダーと関わる何らかの秘密から人間を傷つけられなかったのか、それとも霧子本人と何かしら関係があるのか。
 プロトドライブを解析して生まれたらしい彼、本人も自分の存在についてよくわかっていないようですが、どんな謎が隠されているのでしょう。

 正直チェイスは役者の魅力もスーツや武器の格好良さも私の中ではドライブを上回ってまして、彼の今後が本作一番の楽しみだったり。すまぬ進ノ介。



 銃タイプの新武器ですが、まさか本当にドア銃とは(笑)。車のドアをモチーフにした珍妙なデザインの割には格好良くまとまっていて結構好きです。リロードが開け閉めというのもユニーク。
 ただ個人的にはドライブにはあくまで格闘戦メインで戦闘を描いて欲しかったので、剣と銃2つも武器をもってしまったのは若干期待外れかも。タイヤ攻撃はあったものの、ハンドル剣が出るまでは割りと徒手空拳で頑張っていたので、久々に格闘メインなのかなとワクワクしてたんです。

 いえ武器戦闘自体は好きですけど、近年の仮面ライダーはずっとその路線が続いていて、前作である『鎧武』なんか多人数ライダーにも関わらず見事に武器戦闘ばかりで、ちょっと食傷気味だったもので。

 前回も今回も変身直後からハンドル剣を持っていましたが、もうちょっと格闘にも力を入れてくれると嬉しいところ。



 次回は3つ目のボディ・タイプテクニック登場編。今度はメインカラーが緑色。追田警部補の中の仮面ライダー像が3色に染まりそうです(笑)。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



ドア銃…次はカーナビーかな?
>高杉はまた一緒に仕事をしようと声をかける。

ベタだけどいい話でしたね。

>尾行なのにぴょんぴょん跳びまわる派手な動きをして~

ですよね…あれ、絶体ばれると私も思いました。

>ちょっと描き方が弱いのが残念でした。

ハピネスの二次創作している人が言っていたんですが描き方が強すぎると妄想する余地が無くなってしまう、特撮を見るとこれからどうなっていくのかな?というわくわくしながら妄想したりするでしょう。すっきりもそうですが、ドライブの作風はそんな要素もあるんじゃないかなと思います。

>どんな謎が隠されているのでしょう。

実はフランケンシュタインの怪物みたいにプロトドライブや試作型のロイミュードの部品を繋ぎ合わせたとか。どちらにせよ、自分の存在意義に悩んでいきそうですね。チェイスは。

それでは、
[ 2014/12/03 20:20 ] [ 編集 ]
カーナビ関連は確かにありそう。武器というよりサポートアイテム的な。
> ハピネスの二次創作している人が言っていたんですが~

妄想の余地を残したほうが楽しめるっていうのは確かにありますね。2次創作も盛り上がって人気が出るきっかけにもなるとか。そこまで期待してるかはさておき、ドライブの脚本家も細かいところまで書きたがらない作家さんなのかもしれませんね。
[ 2014/12/06 06:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: