架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

ハピネスチャージプリキュア! 第42話『幻影帝国の決戦! プリキュアVS三幹部!』 あらすじと感想

・あらすじ

 ファントム=ファンファンの案内でミラージュの元へ急ぐ一行の前に、オレスキーら幹部3人が立ちふさがる。

cap0004_2014113017411979d.jpgcap0005_20141130174121917.jpg


 ひめ・いおな・ゆうこの3人は、めぐみとブルーをミラージュの元へ送るため幹部たちと戦いを繰り広げる。自分の強さだけを信じるオレスキー、人間の醜い内面に絶望したナマケルダ、ただただ自分一人の快楽のみ求めるホッシーワ。本気を出した彼らの力は凄まじく、一時は追い詰められていくプリキュア3人。

cap0006_20141130174122804.jpgcap0007_20141130174123dbe.jpg

 だが今までの戦いを通じ、イノセントな想いを力へと昇華させたひめたちは諦めることはなかった。イノセントフォームで形勢逆転、その愛と絆の力の前に、幹部たちは道を誤ったことを悟り消えていく。

cap0000_2014113017420940b.jpgcap0001_20141130174210152.jpg

 一方めぐみとブルーは、ついにミラージュの前に辿り着くのだった。

cap0002_20141130174212486.jpgcap0003_20141130174213069.jpg






・感想

 半端すぎる! というのが率直な感想。
 最終決戦へ向けて盛り上がりが加速する回……だったのですが、3幹部の扱いが雑すぎてかなり残念な出来に。



 今までナマケルダもオレスキーも、何かしら悲しい過去があったらしいことを覗かせていたわけですよ(なぜかホッシーワだけなかったけど)。となると当然、その過去を見たいし、向き合って、乗り越えていく姿にも期待しちゃうじゃないですか。プリキュアは愛や希望に満ち溢れた作品なんですから。
 なのにそこ描かないなんて! 一番美味しいところなのに!

 3人共敗北してなんかそれぞれ勝手に納得したように消えていっちゃいましたけど、見てるこっちは納得いきませんて。なんせ3人がどういった経緯で幻影帝国の幹部となったのか、詳しいことがわからないんですから、プリキュアとの戦いを通じて何にどう納得したのか釈然としない。


 何らかの経験から真っ直ぐ生きる道に絶望し、悪の道へと走ってしまった者達が、敗北をきっかけに希望を取り戻す……その展開自体は王道故にきちんと料理すればいつだって面白いものなのになあ。料理の仕方がなあ。

 これがね、1クールとか2クールしかない短めのアニメだったらまだ納得行くんですわ。あんまり細かい部分まで書く余裕ないよなーって。しかしプリキュアといえば1年丸々通して50話近くも放送するわけで、それだけあればあの3人の物語だってどっかに入れられるでしょう。
 想像の余地がある、といい方向に捉えることはちょっと私には無理ですね。



 特に残念に感じたのがナマケルダVSひめ。
 放送開始時点ですでにプリキュアであるにもかかわらず、それまで一度も勝利したことがなくあろうことか敵を前に逃げ出すような駄目プリキュア・ひめの成長は、本作でももっとも面白いポイントでした。そんなひめを第1話から圧倒し、それ以前にも何度か倒していたらしいと示唆されていたのがナマケルダです。因縁の相手としてふさわしいポジションだったはず。

 今までの話でもうちょっとひめとライバル的な描写を積み重ねて、彼自身の過去もきちんと描いて、その上で今回の最終決戦へつなげてくれれば……。

「ナマケルダ、わたし、みんなのおかげでここまで強くなれたよ」
「まったく、大したものですぞ」


 このやり取りで泣けたと思う。あああもったいない。

cap.jpg

 この笑顔も凄い良かったんだよなあ……もっとベストな形で見たかったよ。


 そもそも前半、なんで急に3幹部が強くなって以前はあんだけボロ負けしたプリキュアたちを余裕で追い詰められたのか、とかも気になる。
 幻影帝国内だからパワーアップする、プリキュアはチームワークで強くなるから個別に戦うとやや力が落ちる、とか考えられる可能性はありますけど、正直後半の巻き返しを盛り上げたいがために特に理由もなく強くしましたーとしか見えませんでした。

 40話のプリキュア圧勝劇を見た視聴者からすれば、もうすでに3幹部は『役不足』な存在なんです。そんな彼らが全てを賭けて勝ち目の薄い最後の戦いに挑むところを悲惨かつ格好良く描いてくれれば「それだけ彼らは辛い過去を背負っているんだ」と実感できるのに、なんであんな余裕な描き方をしちゃったんだ。
 つくづくもったいない。


 ざっと纏めてしまえば、良い素材を使って適当に調理した料理のような、マズくは無いけどもっと美味しく出来るだろうと突っ込みたくなる、そんなエピソードでした。ファントムですら雑な扱いだったので、こうなるだろうなとは予想してましたけどね。



 次回はいよいよVSミラージュ。キュアテンダーも再登場する様子なので、今度こそクライマックスへ向けて本当に盛り上げてくれると期待しましょう。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



ぶっちゃけ、ナマケルダ以外の2人はおまけ以下だった。
>半端すぎる!

スマイルの三幹部たちよりも扱いが悪かったですな。

>何かしら悲しい過去があったらしい

過去が描けないんだったらアクシアの箱に封印された邪悪な力が解き放たれた時に世界の負のエネルギーが悪の力に反応してナマケルダたちを生み出したとかにすればいいのに。
例えばナマケルダは人間関係や人生に疲れた人間の怠けたい心から生まれたみたいにこれなら口で説明するだけで納得できるし過去を描かなくても問題ありません。過去を匂わすことなんてしなければよかったのに。

>ナマケルダVSひめ。

個人的には恋愛要素を抜かしていればよかったとて思います。恋に執着する様なことはせずにひめとの因縁を深めてほしかったですな。恋愛要素、意味なかったし。

>なんで急に3幹部が強くなって

ナマケルダはまあ、分かるんですよ。最後のチャンスの時も怠けるかどうか葛藤していた程の怠け者だから。今回のが彼が今までまったく見せなかった本気だと考えれば納得はできるかと…他二名は同意ですが。

>『役不足』

この場合、正しくは役者不足では?

>ファントムですら雑な扱いだったので

特にナマケルダ以外の二人なんてもうね…ゆうゆうの栄養伝々とかなんてごはんごはんといつも言い、飴ばかりあげて、結婚式の時はからあげタワーという栄養なんか全然、考えていないだろうというものを出してたり、一人でごはんを食べるのが割と好きな身としては彼女の言葉は説得力の欠片もありませんでした。それで倒されたホッシーワ。不憫。

>今度こそクライマックスへ向けて本当に盛り上げてくれると期待しましょう。

盛り上がるかな~と不安ですが次回も見たいと思います。
それでは、
[ 2014/11/30 19:26 ] [ 編集 ]
Re: ぶっちゃけ、ナマケルダ以外の2人はおまけ以下だった。
> 過去が描けないんだったらアクシアの箱に封印された邪悪な力が解き放たれた時に世界の負の~

プリキュアはあくまで女児向けアニメであり、女児が喜ぶこと=プリキュアの活躍を第一に考えて作った結果で敵側の描写不足になっちゃったのなら、仰るとおり敵の設定はもっと単純でも良かったと思います。
半端に大人ファンを意識して、半端に深みを出そうとした結果でしょうか。


> 個人的には恋愛要素を抜かしていればよかったとて思います。恋に執着する様な~

恋愛要素がある程度機能してるのってブルー周りだけですもんね。ひめの半端すぎる恋愛エピソードとかやる暇あったならそれこそ敵3幹部の過去とか見たかった。


> この場合、正しくは役者不足では?

そういえば現代は『役不足』が本来とは逆の意味で使われていると聞いたことがあるのでちょっと気になって調べてみたんですけど『役者不足』も正式な日本語ではない造語だったみたいです。
なのでこの場合『力不足』が一番良かったかも。
[ 2014/12/01 06:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ハピネスチャージプリキュア! 第42話「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!」
ハピネスチャージプリキュア!の第42話を見ました。 第42話 幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部! 「あっちもこっちもチョイアークだらけですわ!」 「ここは敵の本拠地だ、覚悟決めるしかないぜ」 ファントムを本当の姿である妖精ファンファンの姿へと浄化し、幻影城のエントランスまで辿り着いためぐみ達の前にサイアークが次から次へと現れてなかなか前に進めずにいた。 更にオレ...
[2014/11/30 21:16] MAGI☆の日記
ハピネスチャージプリキュア! 第42話「幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!」
終わってなかった三幹部戦がようやく決着。 とっとととどめを刺さない敵さん。 最初からイノセントモードにならないプリキュア。 お約束じゃのう(ぇ サシ勝負はこれまでの因縁を踏まえてましたね。 1話ではプリンセスってナマケルダにけちょんけちょんにされてたんだよなあ。 ホッシーワにあくまでごはん押しで戦うハニーには苦笑^^; ファントム浄化しちゃったので、必然的にフォーチュンさん...
[2014/12/01 16:39] のらりんすけっち
[ヲタ話][ハピネスチャージプリキュア!]元カノの部屋に今カノ連れて行くヒモの無神経っぷりたるやね(憤怒)
 そもそもさ、ヤツは一連の出来事が、テメェが何の非もないいたいけな少女をヤリ逃げしたせいだって自覚あんのかね?説得ならテメェ一人で行けばいいのに。これで最後の最後まで、ヤツが痛い目の一つも遭わなければ暴動起こるぞマジで。 しかし敵味方含めて、プリキュアで
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: