架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

ハピネスチャージプリキュア! 第36話『愛がいっぱい! めぐみのイノセントバースデー!』 あらすじと感想

・あらすじ

 めぐみの誕生パーティを控えた前日、父親が久しぶりに帰国。一家団欒の時を過ごすが、そこでめぐみは思ってもみなかった母親の気持ちを聞かされる。

cap0006_20141012175657f98.jpgcap0002_20141012175656a4e.jpg


 母は確かに難しい病気にかかっているが、薬さえ飲めば日常生活には問題なかった。大切な家族に囲まれ今のままで充分幸せだと語るその姿に、めぐみはプリカードで病気を直そうとしていた自分は力になれていないのではないかと落ち込む。

cap0008_2014101217565990a.jpgcap0009_20141012175700f98.jpg

 誕生パーティ当日、様子がおかしいことを心配する誠司に、めぐみは自分の悩みを素直に打ち明ける。彼女の今までの戦いを肯定し、落ち込むなんてらしくないと励ます誠司だが、めぐみの気持ちは晴れないままだった。

cap0001_201410121758025eb.jpgcap0000_201410121758010a7.jpg

 その様子を見ていたブルーは、悩みも苦しみも肯定しありのままの彼女を受け止める。その優しさに心ほぐされためぐみだが、そこへオレスキーが襲来。パーティに参加していた人たちを糧にサイアークを呼び出してしまう。

cap0004_20141012175804285.jpgcap0010_20141012175805971.jpg

 だがブルーの言葉で吹っ切れためぐみの敵ではなかった。役に立てなかったり失敗してしまうことがあっても、みんなに幸せでいて欲しい。その気持ちと改めて真正面から向き合い、イノセントフォームへと覚醒しサイアークを撃退する。

cap0011_20141012175831ecb.jpgcap0012_20141012175832883.jpg

 これからもみんなの幸せのために戦うと決心しためぐみは、立ち直るきっかけをくれたブルーに感謝の気持ちを抱擁で伝える。密かにその光景を見ていた誠司は、一人複雑な表情で立ち尽くすのだった。

cap0013.jpgcap0014.jpg






・感想

 オレスキーさん誕生日おめでとう!

cap0003_2014101217591438d.jpg

 いや、なんていうか、せめて我々視聴者くらい祝おうじゃありませんか。
 2chで今回の話を『誕生日にみんなに祝われる奴が誰にも祝ってもらえないやつを慰める話』とか言ってまとめてる人がいて切なくなったのよ……。


 ナマケルダに続きやはりオレスキーにも何か複雑な過去がある様子。あまりに真に迫った『信用することへの恐怖』の現れに思わず見入ってしまいました。以前のナマケルダさんといい、また作画がいい仕事してるのよ。

cap2014-10-12-17h20m36s218.jpg

 ナマケルダは『恋愛』、オレスキーは『裏切り』ときて、ホッシーワのトラウマはなんでしょう?


 にしてもここまで意味ありげにチラつかせるなら、ほんと敵幹部たちの過去を描いて欲しいところですが、プリキュアってあくまでプリキュアたちにスポットが当たる作風なので、あんまり期待できそうにないなあ。
 個人的には1・2話くらい丸々使ってくれてもいいんですけど。なんなら幹部一人に1話とか。


 ところでアレだけたくさんの犠牲者出したんだからさぞ大量のサイアークが、もしくはひときわデカイのが生まれるかと思いきや、割りといつも通りなのが気になりました。
 もしかして:プリキュアが変身しやすいようにするための心遣い。



 主役サイドはというと、めぐみが迷い、吹っ切り、イノセントフォームへと進化を遂げたわけですが。
 ちょっとめぐみの悩みに共感しづらくてすんなり話を飲み込めませんでした。彼女は今まで母親の病気を直すためにプリカードを集めようと頑張ってたわけですが、肝心の母は薬さえ飲んでれば大して問題ないからと気にしてません。なら自分が今までやってきたことは無駄なのかと悩み始めるわけですが……。

 そこまで悩むようなもんでしょうか? 普通に生活できるとは言っても病気なのには変わらないわけで治るに越したことはないはず。なら今まで通り頑張ればいいだけで、何もそこから芋づる式に人助けの自信までなくすこともないような。


 私はめぐみのキャラを読み違えてたのかも。めぐみと言えば人助け、みんなのために愛を振りまくってイメージが強かったのですが、彼女は私が予想するよりはるかに『母親のため』という利己的な動機で戦い続けていて、その母親に今のままでいいと言われてしまったせいで揺らいだのかもしれません。なんだかんだ言って女子中学生だし、そういう一面もあるか。

 最後に「プリカードが全部集まったら、みんなが幸せになるお願いをしたい」と言ってますが、今までよりももっとマクロな立場で戦える女の子に成長した、ということでいいのかな。



 ともあれ割りとスッキリ終わったかと思いきや、これですよ。

cap0005_20141012175916c72.jpg

(´;ω;`)

 今回、誠司もブルーもめぐみを慰めに掛かったわけですが。
「そんなに悩んでお前らしくない!」と発破をかけた誠司と、「それでいいんだよ」と優しく受け止めたブルー。オトナの余裕で神様のほうが一枚上手でしたとさ。

 女性が悩みを打ち明けた時は、アドバイスが欲しいのではなく自分の感情を肯定して欲しがっているのだと聞いたことがあります。今回がまさにそんな感じ。
 さすがのデキる男、誠司もまだまだ男子中学生。異性の機微に関してはスケコマ神には及ばないようです。おのれブルー。


 ミラージュの不吉なセリフといい、なんか誠司くんが幻影帝国に利用されそうな予感がひしひしと。そうなったらそうなったで、それを乗り越える過程でめぐみも誠司への気持ちが芽生えてくれればいいのですが。

 ともかくブルーはやめときなさい! おじさん忠告しましたからね!






関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



誠司の明日はどこだ!
>オレスキーさん誕生日おめでとう!

イノセントフォームのことを教えてもらえない、誕生日を祝ってもらえない、これぞオレスキークオリティ。

>ナマケルダに続きやはりオレスキーにも何か複雑な過去がある様子。

しかし、ナマケルダの様なもうこいつがラスボスでいいんじゃね?と思える風格はなくただ単にいじけている大人にも見えるオレスキー。そもそも、他人を信用しないと言ってるくせに一番になりたいという他人に認められたいという願望の持ち主。一番になろうとするあまり、周囲を顧みず人助けしても恩着せがましくした為にどんどん人が離れていき自分の非を認めなかった為に孤立してしまった、という感じに逆恨みしているだけじゃないかなと妄想。

>ちょっとめぐみの悩みに共感しづらくてすんなり話を飲み込めませんでした。

そうなんですよね。なんかズレてる気がするんですよね、ラブリーとオレスキーの会話もお互いただ言いたいことを言っただけでしたし。
そもそも、めぐみの両親がめぐみに言った事もめぐみに心労をかけたくないから言っただけの可能性もあるんですよね…なんかモヤモヤするんですよね。

>(´;ω;`)

でも、これさえなければなんだかんだでいい話だったと思いますよ。これさえなければ!ぶっちゃけ、ハピネスって恋愛要素がもといブルーが男でなければ評価がもっと上がると思うんですよね。なんというかこれらの要素が足を引っ張っている状態だと思っています。

>なんか誠司くんが幻影帝国に利用されそうな予感がひしひしと。

ナマケルダ先生のご忠告が現実になりそうですな。

>ともかくブルーはやめときなさい!

ピクシブ界隈で沈静化していたブルーデストロイ熱が再び再熱化しております。
次回も再熱化に燃料投下しそうな展開ですし…もう、なんなんでしょうね。過去の事をまったく反省していないとしか見えないブルーの言動は。
せめて、めぐみだけでなくみんなにブルーと呼んでもいいよと言っていればここまでデストロイにはならなかったでしょうに。
それでは、
[ 2014/10/13 10:49 ] [ 編集 ]
Re: 誠司の明日はどこだ!
> しかし、ナマケルダの様なもうこいつがラスボスでいいんじゃね?と思える風格はなく~

確かにオレスキーから漂う三流臭。何かあったらしくて気の毒だなーとは思いますが風格は無いですねww ナマケルダは日頃ダウナーなせいか、時おり覗かせるシリアスな顔がオレスキーより映えます。



> でも、これさえなければなんだかんだでいい話だったと思いますよ。~

そうそう! ブルーが女性なら! こんな苛立ちはー!
ブルーが男視聴者から嫌われるのってスタッフとしては狙ってやっているのか予想外なのかなんとも微妙なところ。多分、恐らく最終的にはめぐみは誠司とくっついてくれると思うので、ブルーが何かと嫌なキャラに映るのはラストの爽快感につなげるため、ブルーは誠司が乗り越えるべき『大人の男』という壁に設定されている……と信じたい。
[ 2014/10/14 10:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: