架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

ハピネスチャージプリキュア! 第33話『わたしもなりたい! めぐみのイノセントさがし!』 あらすじと感想

・あらすじ

 いおなに憧れ自分もイノセントフォームになりたいと思っためぐみは、自分の中のイノセントな思い=人を助けたい気持ちを高めようと、誰か助けられる人がいないかと探しまわることに。

cap000_20140921152034e44.jpgcap001_20140921152036605.jpg


 そんな時、河原で祖父と2人自作ロケットの打ち上げに挑むも失敗してしまった少女・まみと出会う。いつか祖父のようにロケット開発の仕事に携わりたいと願うその真摯な姿に感動し、お手伝いを申し出る。

cap002_2014092115211119a.jpgcap003_20140921152113a80.jpg

 ところが科学や工学の知識などまるでないめぐみは何の役にも立てず、それどころか足を引っ張ってばかりだった。人助けの難しさに落ち込むめぐみを、誰かが応援してくれるだけでも力になると励ます誠司。

cap004_20140921152114855.jpgcap005_20140921152115c29.jpg

 その言葉に元気をもらい、めぐみは自分にできることをしながらまみを応援していく。だが再び迎えた打ち上げ実験の日、オレスキーによってまみはサイアークとされてしまう。彼女の真剣な夢を踏みにじられ怒っためぐみは、仲間たちと力を合わせサイアークを撃退する。

cap006_2014092115214834d.jpgcap007_2014092115214927d.jpg

 助けだされたまみは無事ロケットの打ち上げに成功。その夢を追う姿に見とれためぐみは誰かのためだけではなく自分のためにも何かを頑張りたいと思うようになるのだった。

cap008_20140921152151b9a.jpgcap009_20140921152152f92.jpg






・感想

 イノセントフォームを素で知らなかった様子のオレスキーさん。

cap002_20140921152553d56.jpg

 幻影帝国は情報が共有されていない模様です。



 いおなにつづいてめぐみのイノセントフォーム、かと思いきやそんなことはなかった33話。人の事ばかりでイマイチ自分のことを顧みなかっためぐみが、初めて自分のために何かを頑張りたいと思い始めました。
 人の夢を手伝おうとして、人の夢に触れ、自分も持ちたいと思う。めぐみらしい『夢』への目覚め方ではないかなと。まだ夢に夢見ている段階ですが、それでもささやかな成長です。さしづめイノセントフォームへたどり着くための前段階といったところでしょうか。



 ゲストキャラのまみさんは地味可愛かった! けど白衣脱ぐまで下の制服に気づかなくて、中生とは思わんかった。てっきり19歳かそこらかと……。
 ゲストキャラなのがもったいないなー。同じ学校みたいなので再登場に期待。

cap000_20140921152550f76.jpgcap001_20140921152551b82.jpg


 しかし今回は、前回とは違った意味でまた地味な回でした。
 新フォームは登場せず、本編が大きく動いたわけでもなく、何か新しい准レギュラーキャラや武器などが出てきたわけでもなく、劇的な成長要素があったわけでもなく、衝撃的な展開が会ったわけでもなく。

 作画は丁寧だったのですが、内容的には良くも悪くも山場がないというか。夢を叶えようとひたむきに頑張るまみの美しさとめぐみの成長を描いているのは分かるんですけど、あまりにも無難すぎる脚本で若干ダレてしまったのは否めません。教科書通りといいますか。

 前回が静かな作風だったので、もっとこう、わかりやすい盛り上がりが欲しかったところ。



 次回は文化祭。そしてひめのイノセントフォーム。
 そういえばひめがまともに人付き合いできるようになってからはあまり学園生活が描かれてませんでした。文化祭ということで、何よりも生徒同士の助け合いが重要になってくるイベントです。
 果たしてタイトル通り成長した姿で大活躍してくれるのか。久々にひめの健やかな成長を見守る親馬鹿的視点で楽しめそう。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



色々ともったいない回だったと思いました。
>イノセントフォームを素で知らなかった様子のオレスキーさん。

オレスキーだけはぶられていただけではないでしょうか?と思いました。

>まみさん

ネジの話がよかっただけにあの話の展開が残念でした。
なぜ、後ではなくあんなに早く言ったのか?あの時点ではまみにとってめぐみは頼んでもいないのに勝手に手伝いを言ってきた変な子ぐらいだったのに。
夢の理由を語るならめぐみの失敗の数々に怒ったまみさんに迷惑だから出ていけとめぐみ、言われる。その夜、おじいちゃんが昔のまみもあの娘みたいに失敗してばかりだったなと言ってマミ、昔を思い出す。めぐみ、誠司と相談した後、謝罪を込めてロケットクッキーをまみに渡す。マミ、めぐみを許してネジを見せてめぐみに自分が夢を持った理由を語る…という感じにしてほしかったですね。
それがすごく残念でした。

>文化祭ということで、何よりも生徒同士の助け合いが重要になってくるイベントです。

お姫様の場合、こういう時は準備を直接、手伝うのではなく指示したり、イベントが始まった時に役目を果たすものですから新鮮でしょうね。
それでは、
[ 2014/09/25 10:47 ] [ 編集 ]
Re: 色々ともったいない回だったと思いました。
> オレスキーだけはぶられていただけではないでしょうか?と思いました。

ひどいwww


> ネジの話がよかっただけにあの話の展開が残念でした。
> なぜ、後ではなくあんなに早く言ったのか?~

確かにネジの話、唐突で不自然感がありました。
あれだけ邪魔されて怒らないのは、まみさんのキャラとプリキュアであまり殺伐した所は書かない方針なのかもしれませんが、例えばめぐみが失敗ばかりで落ち込む姿に苦笑して、自分も失敗ばかりだった過去を思い出して、ネジを持ちだして夢を語って諦めないことの大切さを説くとか……もうちょっと自然な展開はあるはず。
ちょっと構成が雑でしたね。誠司に慰められるシーンを入れたかったのかな?


> お姫様の場合、こういう時は準備を直接、手伝うのではなく指示したり、イベントが始まった時に役目を果たすものですから新鮮でしょうね。

お姫様育ちということで結構良い教育受けてそうだし、頭も悪くないようなので、人付き合いの緊張感が薄れた今となっては本来の力を発揮して大活躍できる……かも?
[ 2014/09/26 17:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: