架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

仮面ライダー鎧武 第43話『バロン 究極の変身!』 あらすじと感想

・あらすじ

 舞を守るためと信じ、命を削ってまで戦う光実。彼を救うため、紘汰はわざと攻撃を受けヨモツヘグリロックシードを破壊する。

cap2014-09-01-12h05m48s215.jpgcap2014-09-01-12h06m47s22.jpg


 瀕死の重傷で倒れ伏す紘汰に、正気を取り戻し涙する光実。せめて舞だけでも守ろうと病院へ戻った彼を待っていたのは、黄金の果実を取り出され息を引き取った舞の姿だった。最初から果実さえ手に入れば舞のことなどどうでもいいと思っていた戦極に激怒する光実だが、予め仕込まれていた仕掛けによりベルトを破壊され、ただ一方的になぶられる。

cap2014-09-01-12h07m21s112.jpgcap2014-09-01-12h09m22s43.jpg

 その時黄金の果実から、ベルトを手に入れた日に見た舞そっくりの幻影が現れる。その正体は黄金の果実の力で運命を変えると決心した舞本人だった。光実に別れを告げ、過去を変えようと時を遡る舞。だが時間の強制力の前には自由にしゃべることも出来ず、それどころか自分が干渉したのが原因でサガラは紘汰たちを戦いへと巻き込んでいってしまう。

cap2014-09-01-12h09m57s133.jpgcap2014-09-01-12h10m26s174.jpg

 ペコたちから知らせを受け舞のもとへと駆けつけた戒斗と燿子だが、2人もまたベルトを破壊され為す術をなくす。旧型のドライバーの力では歯が立たず、毒によってもう先が長くないことを悟った戒斗はヘルヘイムの身を食べ、インベスへと変貌。圧倒的な力で持って戦極を打ち倒すのだった。

cap2014-09-01-12h11m17s175.jpg
cap2014-09-01-12h12m54s104.jpg






・感想

 予告でわかっていたことですが、戒斗がインベス化。
 遂にこの時が来てしまったわけですが、戦極をボッコボコにしてくれたのが気持ちよすぎて悲壮感をあんまり感じなかったのは私だけではあるまい(笑)。

 ゲネシスライダーを圧倒し、ヘルヘイムの植物を自在に操り、予告では他のインベスも従えてます。インベスというよりオーバーロードと言っていい存在と化したみたいですね。

 意識を保ったままなのは、ヘルヘイムの毒に蝕まれながらも長いこと生きながらえたことで耐性ができたからでしょうか。しかし今のところ問題なさそうでも、今後どうなるかは怪しいです。それこそ戦極の言うように先が長くないかもしれません。

 一つ希望があるとすれば、黄金の果実。戒斗は諦めるということをしない男です。こんな状況になってしまったからには、今まで以上にその力を欲することでしょう。

 いつか来るだろうと思っていた紘汰との本気の対決が、もうすぐそこまで迫ってますね。覚悟はしてたけど切ない。なんせこの2人、意外と本気でぶつかり合うことがないまま距離を縮めてきて、友達というにはなんだか微妙だけれどそれでも確かに絆が芽生えてるように見えますから。



 予告によると燿子はこうなってまでもまだ戒斗に付き従うようです。
 別に汚い真似などは一切してなくて、ただひたすらその時々で得られる最高の力で持って真正面から戦い続けた男なので、例え人間じゃなくなっても付き従うに値する相手ということでしょうか。

 結局多くを語られず謎の多い女性で終わってしまいそうな彼女ですが、どんな過去があって見守るにふさわしい主君を求めるようになったのか興味深いです。



 今回で退場となった戦極ですが、ここに至ってようやくどんな人物なのか理解できた気がします。
「許さんぞ! 私のドライバーに頼らずに、人間を超えるなど!」
「私の才能、研究こそが、唯一価値のあるものなんだ!」
 この2つのセリフによく現れてますね。

cap2014-09-01-12h16m44s116.jpg

 私は彼のこと、研究のためなら手段を選ばないただのマッドサイエンティストだと思ってました。もちろんそうでもあるんですけど、正確には研究者として狂っているというより人間として狂ってると言ったほうが正しいようです。

 とにかく研究が大好きで、そのためならなんでもする人物、ではなく。
 とにかく自分が大好きで、そのためならなんでもする人物、だった。

 これは似ているようで大きく違う。前者なら、黄金の果実は誰かに与えて、それを観察すると思うんです。私は前者だと思ってて、41話の感想でそう述べてます。
 けど、結局は自分が欲しいだけだった。舞から取り出した後、果実が消えずに手元に残り続けたとしても、誰かに与えたりはしなかったでしょう。それをするとしたら、そうしても大丈夫な策が思いついた場合だけでしょうね。自分より上の存在なんて認めない彼ですから。

 結局のところ単に自分を愛しすぎてるだけの、意外と薄っぺらい男でした。



 そして今回、なんと言っても気になってたミッチ。ひとまずは生き残って良かった。
 複雑な状況に飲まれ、手を差し伸べてくれる大人に恵まれずどんどん壊れていってしまったミッチですが、それでも紘汰だけは見捨てずに命を賭してくれたお陰でヨモツヘグリからも長かった暴走状態からも開放されました。まだ完全に自分を取り戻したとは言いがたいでしょうが、あとはただ、犯した罪から逃げずに生きて欲しいと思います。

cap2014-09-01-12h17m26s18.jpg

 紘汰は期待通りやってくれました。彼ならミッチを見捨てるはずはないと思ってたよ。
 実は彼、未だにミッチがああなってしまった理由をはっきりとは理解してません。ミッチがなにも説明しませんから。けどミッチが自分自身を責めて苦しんでいることには気づいていた。だから自分が命がけで許すことで、ミッチ自身にも自分を許してやってほしいと伝えた。
 頭は回らないけど気持ちは回る。本当にいい男だよ、紘汰。

cap2014-09-01-12h25m41s225.jpg

 その思いは届いているはず。もう間違うなよ、ミッチ。



 そしてようやくオルタナティブ舞の正体がはっきりしました。ここまでくれば大体予想はできましたが、黄金果実により変貌(っていう表現でいいのだろうか)した舞だったと。この状況を何とかしなければ、という彼女の意志に黄金の果実が呼応して生まれたようです。

 しかし仲間たちを戦いに巻き込まないよう運命を変えることは敵わず、それどころかむしろ自分の行動が原因で起こった戦いだったと。
 不憫な子だよなあ。これからどう出るのでしょう。もはや彼女自身が黄金の果実と言っても過言ではない存在となったようなので、果実が欲しいものは彼女の心を射止める必要があるんじゃ(笑)。まさに魔性の女だ……。



 予告では早速戒斗が舞を手に入れる宣言してますが、人智を超えた存在になった彼女をどうこうできるんでしょうか。瀕死の重傷を負った紘汰の運命は。そしてミッチはどうするのか。


 あと4話。残酷な戦いの決着までもうすぐです。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2014/09/01 12:32 ] 仮面ライダー鎧武 | TB(0) | CM(2)
紘汰と光実の戦いは(鎧武で切ないバトル第一位なのではないか?)と思うほど辛かったです。

42話の病院での場面がなかったら(俺は光実をフルボッコにしたい。)という気持ちを貫いていたと思います。


鎧武を観る時は視聴者としてではなく自分がもしあっちの世界の住人だったらと考えながら観ていたので、戒斗が凌馬を殺そうとする場面は(やめろ)と心の中で叫んでしまうほど感情が爆発してしまいました。凌馬は嫌いですけどね。
[ 2016/06/27 16:40 ] [ 編集 ]
ほんとこの戦いは切ないですよね―。
自分はミッチについてはおかしくなり始めた頃からずっと同情的な視線で見ていて、悪いことしても嫌いになりきれませんでした。

戒斗が誰かを殺してしまうことで最後の一線を超えてしまうのは確かに悲しくあるのですが、戦極が清々しいまでにクズなので自分はどうしても爽快感が抑えきれませんでした(笑)
[ 2016/07/01 21:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: