架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第11話『八真重護が決める覚悟』 感想

 今回でおしまいですね。
 天災ちゃんは最後まで可愛かった。

cap2014-06-20-10h42m33s97.jpgcap2014-06-20-10h43m58s173.jpg


 女の子の可愛さで目に止まり、あらすじを読んで興味を持ち、最初の2話くらいまでは割りと好みだった本作ですが、正直全体的にはイマイチ残念な出来でした。
 なんでかなあ。最新鋭の設備が整った人工島の学園都市という舞台に可愛い女の子、秘宝を求めた冒険など好みの要素盛りだくさんなのに。


 1話の出だしはほんとワクワクしたんですよ、あの七々々ちゃんたちが遺跡を走り抜けるシーン。けど蓋を開けてみれば冒険らしいのはあそこだけでした。イマイチ冒険感が少なかったのは、遺跡で奮闘するシーンよりキャラを描く方に重点が置かれてたせいでしょうか。最後は能力バトルになっちゃったし。
 ある程度端折られた部分もあるようですが、概ね原作通りだったようなので、原作からしてあんまり私好みの作品ではなかったっぽい。

 恐らく人気が出て2期に続けられるのを期待して原作通りにしたのだと思いますが、個人的には1期だけでも十分楽しめるようアレンジして欲しかった。今の時代、アニメ化で原作から大きく変えるとすぐネットで叩かれるのであまりやりたくないのかもしれませんが、個人的にはメディアミックスにあたっては媒体に合わせてどんどん変えちゃえばいいと思ってます。
 もっと映像的に映えるよう、冒険方面に振りきって明朗快活なドタバタ劇にしたほうが面白かったんじゃないかなー。



 一番すっきりしたのは唯我部長じゃないかという気がする。
 コンプレックスを真正面から見つめて、明確な目標を持てて、死ぬほど嫌いな敵相手には一応相打ちまでには持ち込めて、1人の男として認められて、強力なライバルであり頼もしい仲間でもある後輩も得て。

 何だこいつ恵まれ過ぎだぞ。戦場が名前で呼ぶようになっちゃったので代わりに私がクソメガネと呼んでやる。
 でも、ま、本当に大変なのはこれからですね。誰も自分の前に立ってない世界なんてそうそう手に入るもんじゃないし、1人の競争相手として認めた以上戦場も今度からは本気で敵対してくることでしょう。命がいくつあっても足りない立場へ本気で踏み込んでしまったわけです。
 頑張れ、クソメガネ。

cap2014-06-20-10h07m16s170.jpg


 重護は主人公なのに、あまり過去も明かされず実家とのあれこれも解決せず、宙ぶらりんで気の毒。七々々ちゃんと真正面からぶつかり合って、もやもやを解消して彼女を殺した犯人を見つけるという決意は新たにできたので、ヒロインに対しての主人公という意味ではある程度スッキリ出来たかなとは思いますけど。

cap2014-06-20-10h22m32s120.jpg

 それにしても七々々ちゃん、意外と過激ね。犯人を見つけ出して殺すって本気だったのか。もし本当にその時が来たら、重護はどうするのか興味深いです。彼も育ちが育ちなのでわりとメンタル強そうだし、犯人に同情するとは思えんけど、七々々ちゃんが誰かを殺すところなんて見たがるだろうか。

cap2014-06-20-10h21m30s253.jpg


 最大の不満点は、やっぱり戦場の処遇かなあ。完結してないから仕方ないとはいえ、やっぱりなんのお咎めもなしってのはすっきりしないです。最後に唯我のことを認めてちょっとなんか筋が通ってる意外といいヤツっぽい雰囲気を醸し出してるのでボーっと見てたら一瞬許しちゃいそうになりますが、そもそも彼の場合クソ迷惑な方向に筋が通りすぎてるのが腹立たしい要因なわけで、もっとこう分かりやすい敗北に喫してほしかったですね。一度は這いつくばってるし七々々コレクションは奪われてるしで重護たちの勝利と言えなくもないですが、どうもすっきりせんです。

 と思ったら、

cap2014-06-20-10h19m46s33.jpg

 捕まっとるwww
 どういうこっちゃ。多分、原作では描かれてるこれ以降の出来事だと思いますけど。
 このシーン、ないほうが良かったんじゃないかな。原作読んでる人なら恐らく「ああ、あのシーンかあ」って分かる部分なんでしょうが、読んでなくて2期を期待するか原作読むか迷ってる人(つまり私)からすればとんでもないネタバレなんですけど。
 これで戦場に対する溜飲を下げろっていうのも無理があるし、ネタバレされたしで、原作未見の私からすればものすごい損した気分です。



 ゆんちゃんの謎も結局明かされませんでしたが、こっちはあまりネタバレらしい部分もなくいい感じで秘密を引っ張ったまま締めてくれました。
 戦場の証言や血のついた生徒手帳などから本当なら死んでいるらしい彼女が何故生きているのか、最後に見せた不穏な表情は何を意味するのか。原作読まないと分からなそうだなあ。

cap2014-06-20-10h24m17s142.jpg


 というわけで、あれこれ半端なまま迎えた最終回ですが。
 総括としては、演出の雑さなどが目につくやや不満な出来上がりだったので2期があるとしても見るかどうかは微妙なところで、かと言って原作を強烈に読みたくなったかと聞かれるとそこまででもなく、けど謎の部分は気になる、という感じです。
 楽しめた部分もあるのですが、一番楽しかったのが『女の子可愛い』の、ちょっと残念な仕上がりでした。

 原作が完結した頃に思い出したら読んでみようかな、と思います。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第11話「八真重護が決める覚悟」
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金の第11話を見ました。 第11話 八真重護が決める覚悟 一心の作戦で緋夜へ奇襲をかける冒険部だったが、緋夜はもう一つの力を発動する。 緋夜の持っていたもう一つの七々々コレクションで重護の肺がなくなってしまい、呼吸がし辛くなり絶体絶命のピンチに追い込まれるが、天災が緋夜にある提案をもちかける。 「もう、ここでお開きにしないか?」 「都合のいい話だな...
[2014/06/20 12:49] MAGI☆の日記
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第11話「八真重護が決める覚悟」
「七々々ちゃんの言葉じゃないと  俺は覚悟を決められないんだ!」 本当はどうしたいのか、本心を聞こうとする重護だけど… 最終回――!    【最終話 あらすじ】 一心の作戦で戦場の『影かき』を無効化し、勝利を目前にした冒険部。 だがしかし、戦場はもう一つ持っていた七々々コレクションの力を発動する。その圧倒的な力の前に重護は絶体絶命のピンチに追い込まれる。そこへ天災が立ちはだ...
[2014/06/20 20:10] WONDER TIME
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第11話「八真重護が決める覚悟」感想
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第11話「八真重護が決める覚悟」感想   探しものは見つかりましたか?
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第11話「八真重護が決める覚悟」 キャプ付感想
ようやく主人公が覚悟を決めるとこで最終回(笑) 冒険部の活動はこれからだですねw 天災ちゃんの方が主役に向いて気もしますね(^^;   一心の作戦で戦場の『影かき』を無効化し、勝利を目前にした冒険部。 だがしかし、戦場はもう一つ持っていた七々々コレクションの力を発動する。 その圧倒的な力の前に重護は絶体絶命のピンチに追い込まれる。そこへ天災が立ちはだかる。 力の正体を見...
[2014/06/20 22:22] 空 と 夏 の 間 ...
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: