架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

仮面ライダー鎧武 第32話『最強の力!極アームズ!』 あらすじと感想

・あらすじ

 ザックと共に再びデェムシュへと挑む戒斗だが、あと一歩のところで逃げられてしまう。一方ヘルヘイムの森では、レデュエが沢芽市への侵攻を企てていた。

cap2014-06-02-14h55m36s90.jpg
cap2014-06-02-14h43m02s237.jpg


 チーム鎧武のアジトにて意識を取り戻した紘汰の前に、行方をくらましていたサガラが姿を現す。希望を示され探し出したもののオーバーロードには交渉の余地がなかったことからからかわれていると感じ憤る紘汰に、サガラは「オーバーロードしか世界を救えないなら、お前がオーバーロードになればいい」と告げ、ロシュオから受け取った『鍵』を紘汰に授ける。

cap2014-06-02-14h44m16s205.jpg
cap2014-06-02-14h58m08s76.jpg

 その頃デェムシュを探しザックと街を探索していた戒斗は、ユグドラシルタワーがヘルヘイムの植物に侵食されていく光景を目撃。レデュエが引き連れてきたイベンスの群れを相手に、燿子、凰蓮、城ノ内と力を合わせて戦う。

cap2014-06-02-14h47m51s48.jpg
cap2014-06-02-14h49m03s250.jpg

 戒斗の指揮により一時は優勢となるも、再び現れたデェムシュの圧倒的力の前に倒れ伏す一同。万事休すかと思われたその時、駆けつけた紘汰がサガラから授かった『鍵』の力で新たな姿に変身、圧倒的な力でデェムシュを葬るのだった。

cap2014-06-02-14h51m02s171.jpg
cap2014-06-02-14h54m03s188.jpg





・感想

 戦極汚えー!www
 脱出ポッドでブシューっと飛び出すというあまりにも古典的な方法で逃げやがって。

cap2014-06-02-14h45m42s51.jpg

 けど活動拠点が崩壊しちゃってこれからどうするんでしょう。一人逃げたとなれば信用もガタ落ちなはずですが、ドライバー開発者ということを考えると他に替えの効かない人材でもあるわけで、言葉巧みにお偉いさん方に取り入ることはできそうだなあ。それとも他に何か考えがあるのか。

 ところで前回から変身しっぱなしですけど、役者のスケジュールの都合で出演できなかったんですかね。



 今回は見所いっぱいでした。

 久々登場の城ノ内がイキイキしてて何よりです。生身で駆けつけて敵を蹴り倒してじっくりポーズを取って変身、と実に仮面ライダーらしいことしてました。っていうかパティシエ名乗りやがったぞこいつ(笑)。子供たちの中である意味一番、自分の進路をしっかり決めてるかも。

cap2014-06-02-14h46m51s232.jpg

 凰蓮もなんだか包容力が増していい大人になったような気がする。以前はもっと、自分の実力を鼻にかけたところがあって、未熟な子供を見下してる節があったんだけどなあ。城ノ内との関わりの中で変わっていったのでしょうか。



 燿子は以前から戒斗を気にかけていたようですが、今回の事で完全に戦極を見限って戒斗を支持する方向に振り切った様子です。というか彼女、自分では『黄金の果実』を欲してるわけではないんでしょうか。以前戦極に何か企みがあるかのように見られてたので、こっそり横取りするチャンスを伺っているのかと思ってたんですが。
 誰が『黄金の果実』にふさわしいか見極めて、それを支持するのが目的なんでしょうか?


 ゲネシスドライバーを得てからは株を上げ続けている戒斗はここにきて指揮官としての才能も発揮。人の上に立ちたがるだけあって、意外としっかり周りを人を見て誘導する王的な資質も持ってるんですね。燿子が惚れる(?)のもわかります。



 ミッチはどうするつもりなんでしょう。
 舞(とついでに仲間)を確実に守るために他の人類を切り捨てる方向に動いていたはずの彼としては、レデュエによって街が蹂躙されるこの状況は不味いはずなんですが、1人ではどうしようもないためか今回は動きませんでした。予告で「お前が管理しろ。私が遊ぶ」とレデュエに言われてますが、ミッチが人類の頂点に立ってレデュエがその中で好き勝手に遊ぶってことでしょうか。

 レデュエからすれば遊びたいだけで面倒なことはしたくないけどだからといって好き勝手やり過ぎたらまた自分たちの文明みたいに地球も滅ぼしちゃうから面倒なあれこれはミッチに丸投げしちゃえ☆ってことでしょう。舞を守ること以外なんも考えてないミッチとしては、舞たちの安全を条件にこの提案は受け入れそうな気もするなー。



 そしてついに登場、極アームズ。

cap2014-06-02-14h52m02s255.jpg

 何べんでも言おう、ダサい。カチドキアームズが割りとわかりやすい格好良さだったのに、またネタに走ってオチを付けてくれた感じです。けど炎に包まれながらの変身は格好良かった。あの爆撃を受けて物ともしないならカチドキアームズでも勝てたんじゃないかとか野暮なこと言っちゃいけない。

 鎧になるフルーツを頭から被るというコンセプトのためか全体的にゴツゴツしてる『鎧武』のライダー達ですが、極アームズは割りとスリムですね。その力は予想通り他のロックシードの力を使えるもので、次々と武器を切り替えて敵を追い詰めていく様は最終(ですよね?)形態登場にふさわしい圧巻の戦いぶりでしたが、見たことある武器しか使わなかったのはちょっと残念かも。極専用武器とか今後出るのかな。



 次回、インベスの侵攻に対し各ライダー達は共闘、そんな中ついに斬月が偽物だとバレるようです。果たして光実の本性は紘汰に知られてしまうのか、その時紘汰はどうするのか。

 っていうか、やっぱり偽メロンを見抜くのって凰蓮なのかwww ライダーの中身が入れ替わったらわかるクセに、以前中の人と直に会った時に分からなかったのはなんでやねんと突っ込みたい。



※追記
 ネットで感想を漁ってて初めて気づいたんですが、紘汰が『鍵』を手にした時に背後にあったトランプ模様とか、サガラの言う『ジョーカー』とか、極アームズの全部盛りな能力とか変身するときのフルーツがぐるぐる回る演出とか『ブレイド』へのオマージュ盛りだくさんだったんですね。同時に紘汰の未来を暗示しているとも取れるようです。 

『ブレイド』では最終的に一真は仲間と世界を天秤にかけることができず、人間でない存在となることで全てを先送りにし、孤独に何処かへと消えてしまいました。紘汰はどんな道を選ぶんでしょうか。
久しぶりにこのフレーズを使いますが『脚本・虚淵』ということを考えると何かとてつもなく思いラストが待っているんじゃないかと結末が怖くて仕方ありません……。
紘汰には最後、戒斗やミッチ、そして舞とも笑っててほしいなあ。






関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2014/06/02 11:07 ] 仮面ライダー鎧武 | TB(0) | CM(2)
虚淵さんが脚本だったので、初めて極アームズを観た感想は「世界を自分の都合のいいように変えてしまう存在」という印象でした。

この回を観てから鳳蓮さんは「悩める子どもたちを導くアーマードライダーという名の大人。」というイメージに変わりました。
[ 2016/12/04 01:34 ] [ 編集 ]
> 虚淵さんが脚本だったので、初めて極アームズを観た感想は「世界を自分の都合のいいように変えてしまう存在」という印象でした。

最終的にはほんとにそうなりましたね。
紘汰さんマジ神様。


> この回を観てから鳳蓮さんは「悩める子どもたちを導くアーマードライダーという名の大人。」というイメージに変わりました。

この人は出番が少ないからわからなかっただけで実は最初から子どもたちを見守る大人だったのか、それとも事件を通して成長し本当の意味で大人になったのか、未だにちょっと掴めずにいます。
[ 2016/12/06 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: