架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

『脳の右側で描け』課題⑪(P249~) 色彩を用いたデッサン

 結論から言うと、今回の課題はさっぱりわかりませんでした……。

 今まではずっと鉛筆で白黒の絵を描いてきましたが、今回より色鉛筆を用いて複数の色を扱うことになります。といっても今回の課題ではあくまで限定された範囲内の色を扱うことで基礎の基礎から勉強していきましょうという内容のようなのですが、この色の選び方が今ひとつピンとこなかった。


 まず最初に、理論を頭に叩き込むために『色相環』というものを作りました。
 書中で「今更色相環なんて小学校の6年生に戻るようですが~」とか書かれてるんですが、私こんなの学んだ覚え無いです。いや、通知表には1と2しか並ばない馬鹿だったので、学んだことを忘れてるだけの可能性も高いですが。

 というわけで世間的には常識の範疇かもしれませんが私は初めて知った色相環というのはこういうものらしいです。

img074.jpg

※私の自作なのとスキャナーがショボイのと相まって、正しい色が出ているかどうかは怪しいです。

 この色相環を作る目的は『補色』というものを覚えるためなんだそうです。赤の反対は緑、青の反対はオレンジのような反対の関係を『補色』というそうな。wikipediaによると『補色同士の組み合わせは互いの色を引き立て合う』とのこと。

 ……そうなの? よくわかんないです。ファッションとかインテリアが好きなおしゃれな人なら分かる話かなあ。この勉強を通じて少しはファッションセンスも磨かれるといいんだけど。


 話を戻しますが、こういう色の効力を学ぶために、色付きの紙に色鉛筆で絵を描くというのが今回の課題。
 描く題材は何でもいいそうですが、一応書中ではエドガー・ドガという人が描いた『斜めを向いた踊り子』という絵が手本として収録されているのでこいつを模写します。

doga (2) 


 問題の色紙と鉛筆の選び方なんですが、ある程度の範囲内で好きなモノを選んでいいそうです。
 まず紙は鮮やかな濃い色は避け、落ち着いたグリーンやグレイ、ブラウンなどを選ぶといいそうです。お手本のドガの絵では落ち着いたピンクの紙を使ってます。私は自分で考えるのが面倒だったのでお手本をマネて落ち着いたピンクの紙をチョイス。


 続いて色鉛筆選びですが、この辺からだんだん話わからなくなってくる。
 基本的には、紙色の補色となる鉛筆を使え、とのこと。紙が青ならオレンジ系、バイオレットなら黄色系、という感じで。つまりピンクの場合は……ん? 待てよ?

img074.jpg 

 ピンクって色相環のどの辺に位置するんだ?

 赤に白を混ぜるとピンクですよね。でも色相環に白なんてないぞ。赤色から左右(青方面、黄色方面)どちらに振ってもピンクにはなりそうもない。
 仕方ないので『ピンク 補色』でググりました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1337273153
detail_chiebukuro_yahoo_co_jp_qa_question_detail_q1337273153.jpg


 この知恵袋によると、ピンクは赤の隣に位置するらしい。なので赤系の補色に当たる緑系がピンクの補色でもあるみたい。
 参考ページに有る色相環が『脳の右側で描け』に収録されてるものと結構違うんだけどこれは一体どういうことなんだろう。赤の反対が水色になってる。どっちが正しいのだ……。


 考えてもよーわからんし、他の検索結果でもピンクの補色は緑だぜ―と書かれてたのでとりあえず今回は緑の鉛筆でよしとします。お手本のドガっちも黒っぽい緑を使ってるし多分あってるでしょう。

 なお、書中で筆者のベティ・エドワーズさんはこんな風におっしゃってます。

 重要なのは、自分の色彩の選択に自身を持つこと! 色彩構成に関するLモードの若干の基本的知識(たとえば、補色の役割)に導かれると、Rモードはどの色が正しいかわかってきます。

 先生、お言葉ですが全然わかってきません。
 この本、今までくどいくらい絵を描くということを理屈っぽく説明してきてくれたのに、なんでここに来てこんな「自分を信じろ」みたいなこと言い出すんだ……。

 またこうも書かれてます。

 試しに、用紙の裏面に色を塗ってみて、それで正しい感じがするかどうか自問し、自分の感覚に耳を傾けてみるのです。

 先生、私の感覚は何も答えてくれません。
 言われた通り色を塗ってしばらくそれを見つめてみましたが、いいも悪いも分からんぞ……。

 だんだんテンションが下がってきましたが、実践あるのみの精神で兎にも角にも模写りました。

doga (1) 

※スキャナーに収まらないサイズだったので写真です。

 さて。これで一体、私は何を学べたのだろうか。
 本当に全然わからん。私の色彩感覚は絶望的に低いんでしょうか。割りと今まで好調だったのに、なんだか一気に自信をなくしました。
 この先大丈夫だろうか。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2014/04/17 21:35 ] 絵の勉強 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: