架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

凪のあすから 第26話(終)『海の色。大地の色。風の色。 心の色。君の色。 〜Earth color a calm〜』 感想

 25話の感想記事で間違えてタイトルに『26話』と表記してしまったせいで、昨日の夜に100人近い人が間違えて訪問されたようです。試しにググってみたら、大手サイトを差し置いてこのブログが1ページ目に来てました。そりゃそうですよね。最速ですもんね。だって放送前に書いてるんだもんorz

 ホントすいませんでした!!(穴があったら入りたい)


 気を取り直して26話の感想ですが、スッキリ終わってくれました。
 テーマは『人を愛することを恐れないで』でしょうか。


 前回の感想で美海ちゃんにも救済措置欲しいなーと書きましたが私は失恋=駄目な結果と捉えすぎでした。これは私自身が恋に臆病な人間だからだと思います。まさに私みたいな人間向けに『好きになることを恐れないで』と言いたくて、このアニメは作られたんじゃないでしょうか。
 どんなに真剣に思っていても実るとは限らない。それが恋です。けどそこを悲観するのではなく、誰かを好きになれたことに喜びを感じてほしい。そんなメッセージを感じます。

cap2014-04-04-13h55m40s163.jpg

 美海ちゃんは失恋したけれど、そこに悲観していない。作中で彼女自身が言ってたように、好きになることはムダでもダメでもないから。悲恋じゃないんですよね。悲しくないわけはないだろうけど、光を好きになれた事自体は本当に良かったと思っている。
 だからこそ、彼女の視点から見れば失恋物語なのにこんなにも気持ちよく終わってくれたのでしょう。

 うーむ、恐ろしく達観しとるな美海ちゃん。さすが神様にまで『好きはムダじゃない』と教えちゃうだけある。

cap2014-04-04-13h56m33s183.jpg



 本作のもう一つのテーマに『変化を恐れないで』というのもあると思います。といってもどんどん変わっていけと急かしているわけではなく、変わることに怯えず、かと言って変われないことを悩む必要もなく、自由に自分の意志で選べばいいということでしょう。光が要に言ったように。

cap2014-04-04-13h57m43s113.jpg

 世の中には停滞というものを毛嫌いする人たちがいて、変わろうとしない人を指さしては臆病だと罵りますが、その人もまた『変化』に囚われた臆病者なんです。一度足を止めるともう動き出せないような気がして、変われない自分がみっともない気がして、そうならないように毎日必死で。そういう人達にとって変わらない何かを持ち続ける人は妬ましく、ついつい攻撃してしまう。

 そんな風に生きる必要はないんです。変化とは意識して行うものではなく、選んだ結果ついてくるものでしかないのですから。

 光とまなかはお互いの気持ちを知ってからも相変わらずで、ろくにデートもしていない様子。でもそれは2人にとってとても居心地がいいから選んだ過ごし方なのでしょう。変わりたくないから逃げてるわけじゃなくて、変わる必要を感じないから今を楽しんでる。自由に選んだ結果、表向きは変化していないだけで。

 中学生とは思えん落ち着いた恋だなオイ(笑)。もちろんまだまだ未熟な2人、きっとこれから色んな波乱があると思いますが、それはまた別の話ってことですね。

cap2014-04-04-13h58m36s130.jpg


 というわけで『凪のあすから』はこれでおしまい。少年少女の想いはきっとこれからも海のように荒れたり落ち着いたり大忙しでしょうが、スタッフの皆様には筆を置いて一呼吸入れていただきましょう。
 6ヶ月間、ありがとうございました。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2014/04/04 14:06 ] 凪のあすから | TB(2) | CM(6)
最終回の笑顔を観て美海が好きになりました。


もし後日談が作られるならどんなストーリーがあると思いますか? 

(例) (看護師として働くちさきちゃんが患者に酷いことをされて自分の子供に八つ当たりしてしまう。)(さゆちゃんが妊娠したという現実から逃げたくて他の女性とイチャイチャしだした要の成長物語。)があると僕は思います。
[ 2016/09/26 01:50 ] [ 編集 ]
> (例) (看護師として働くちさきちゃんが患者に酷いことをされて自分の子供に八つ当たりしてしまう。)(さゆちゃんが妊娠したという現実から逃げたくて他の女性とイチャイチャしだした要の成長物語。)があると僕は思います。


なんでそんな岡田磨里ばりのドロドロした後日談を……www
本編が真面目に恋愛やったので、やっと結ばれた光とまなかのぎこちないイチャラブを見たいです。
[ 2016/09/28 11:42 ] [ 編集 ]
先ほど凪あすのtwitterを久しぶりに覗いたのですが、あの世界の物語にまた会えたような気持ちになりました(ニヤニヤ)
[ 2016/10/05 21:26 ] [ 編集 ]
自分もちょっと覗いてみましたが今年で放送3周年なんですねー。
当時中学1年生でも高校生になってますよ……時間が流れるのは早いなあ。
[ 2016/10/09 16:34 ] [ 編集 ]
昨日ある発表会に出す絵の風景を決めるために家族で砂浜に行きました。


砂浜は再放送で少しだけ観たサスペンスドラマで物語のカギを握る場所として登場したので(なんでこんなところに来ちゃたんだろう。)と思いながら写真を撮っていましたが(「凪あす」の最終回で光とまなかが歩いていた場所も砂浜だった。)ことに気づき、二人があの時感じたであろう風の感触と砂の感触を自分も知ることが出来たような気がして泣きそうになりました。



PS 歯は大丈夫ですか? 
[ 2017/04/02 14:32 ] [ 編集 ]
確かに海といえばサスペンスですけども(笑)。

凪あすを好きになると、海や砂浜も今までと少し違って見えますよね。
風に混じった潮の香りを嗅ぐと「このまま海に潜ったら汐鹿生に行けるかなあ」とか夢見ちゃいます。
少し周りを見渡せば、楽しそうに笑い合う光たちが見えるんじゃないかなと期待したりも。


> PS 歯は大丈夫ですか? 

ダメです!(笑)
治療したのでもう痛みはないのですが、歯周病で結構骨が溶けちゃったみたいです。
今までごく軽い痛みしか感じたことがなかったのでまさか病気とは思いませんでした、油断大敵だなと痛感です。
[ 2017/04/04 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

凪のあすから 第26話「海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~Earth color of a calm~」
凪のあすからの第26話を見ました。 第26話 海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~Earth color of a calm~ 美海に抱きしめられたことでエナを取り戻し、好きという気持ちや海に溶けていた多くの人達の気持ちを知ったまなかはおじょしさまの気持ちも知ることとなる。 生贄だったおじょしさまを愛するようになった海神様はおじょしさまと恋人を引き裂いてしまった...
[2014/04/04 14:51] MAGI☆の日記
凪のあすから 第26話「海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~Earth color of a calm~」
運命なんて何一つない 全て変えていける―――。  いい最終回でした! おじょし様の墓場に捕えられわれてしまった美海。 美海は海に溶けたおじょしさまの気持を知り 海神様に、光に教えてあげたいと思うが…  
[2014/04/04 22:28] 空 と 夏 の 間 ...
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: