架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

翠星のガルガンティア 第3話『無頼の女帝』 あらすじと感想

・あらすじ

 ベローズを助ければ交渉の材料になるだろうと、海賊を皆殺しにしたレド。だが住民たちからは明らかな反発が返って来た。

vlcsnap-2013-04-24-17h08m14s106.jpg
vlcsnap-2013-04-24-17h08m24s245.jpg


 戸惑うレドに、ベローズがそう簡単に命を奪ってはいけない地球でのルールを説く。彼女の言葉をゆっくりと咀嚼し、レドは事情を理解する。話のわかる彼に、ベローズとエイミーは改めて助けてもらった礼を言うのだった。

vlcsnap-2013-04-24-17h09m00s85.jpg

 その後、予想通り海賊の接近を察知するガルガンティア。その中には大海賊ラケージの姿も確認された。船団長以下主要クルーたちの間で作戦会議が行われる中、ベローズがレドの力を借りることを提案。リジットが船団を代表し交渉にあたった結果、レドは決して非人道的な人物ではないと判断し、力を借りることになる。

vlcsnap-2013-04-24-17h11m48s237.jpg
vlcsnap-2013-04-24-17h12m20s45.jpg
vlcsnap-2013-04-24-17h13m03s205.jpg

 ついに海賊との戦闘が始まるが、レドとチェインバーはあくまで陽動と人的被害を出さない行動に徹していたため、ガルガンティア側が徐々に追い詰められる。船団長を狙ってラケージの操る大型ユンボルが迫るが、間一髪でチェインバーが駆けつけ、圧倒的な性能差で命を奪うことなく撃退することに成功。ガルガンティア船団住民たちが口々に叫ぶの感謝の言葉に、レドは言葉にできない感覚を覚える。エイミーが労いのごちそうを用意してくれることに、拙い発音の地球の言葉で「ありがとう」と伝えるのだった。

vlcsnap-2013-04-24-17h14m56s60.jpg
vlcsnap-2013-04-24-17h16m34s254.jpg
vlcsnap-2013-04-24-17h16m54s216.jpg
vlcsnap-2013-04-24-17h17m12s113.jpg
vlcsnap-2013-04-24-17h17m23s254.jpg






・感想

 戦闘は別の意味で面白かったです。視聴者の立場からだとチェインバーさんの圧倒的性能が丸わかりなので、余裕綽々でガルガンティアに仕掛けるラケージさんが気の毒で……
 結果が見え見えだもんなぁ。

「どんな秘密兵器があったとしても、わたくしの敵ではないわ」(ドヤァ)
vlcsnap-2013-04-24-16h43m42s13.jpg


「こんなに暗い夜では、彼らにも勝ち目があるかもしれないわね」(ドヤァ)
vlcsnap-2013-04-24-16h44m57s242.jpg


「特別なユンボロイドを持ってるのは、あなただけではなくってよ!」(ドヤァ)
vlcsnap-2013-04-24-16h46m33s150.jpg


 大海賊(笑)
 ああああ、見てるこっちが恥ずかしい……

 いつまでも戦闘に緊迫感がなくてはつまらないので、この辺どうやって覆すんでしょうね。どこかで必ずヒディアーズと遭遇することになると思いますけど、それ以外では、例えば敵対する相手も何らかの形でチェインバーさんと同等レベルの機体を手に入れるとか、そういう展開もあるかな。


 ベローズはさっぱりしたいい奴だったなぁ。
 もしかしたら彼女がレドを「あそこまでしなくても!」と詰め寄るような展開になるんじゃないかと思ってたんですが、そんなことはなく、ご飯を食べながらゆっくり諭してくれました。いい姉ちゃんです。こんなお姉ちゃんが欲しかった。倍くらい年下だと思うけど。

 レドくんも今回からようやく馴染み始めました。最後の「アルリ、アリガ、アリガトウ」はベタだけどグッときた。
生まれ育った環境のせいでちょっと容赦がないけれど、決して命を軽んじてるわけじゃない。この辺は1話から描かれてました。これから先どんな風に変わっていくのか楽しみです。

 もう一つ気になっているのが、チェインバーさんは果たして変化するのか、という点ですね。自立思考型の機械が少しずつ感情を獲得していくような話は珍しくありませんが、果たして彼は地球住民との触れ合いで何か変化するのでしょうか?
今のままでも十分いいキャラだと思いますけけど(笑)


翠星のガルガンティア ファーストファンブック 設定資料集
翠星のガルガンティア ファーストファンブック 設定資料集
関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



「ガルガンティア」は「鎧武」の放送が終わった後にDVDをレンタルしたような気がします。

虚淵さんは「一話と最終話」しか脚本を担当していなかったので(評判が悪い作品なのかな?)と思っていましたが(虚淵さんは視聴者が前向きになれる作品も作りたいんだな。)と思うきっかけになった作品になりました。

僕もレドがエイミーにお礼を言う場面は好きです。



[ 2017/07/08 19:25 ] [ 編集 ]
> 虚淵さんは「一話と最終話」しか脚本を担当していなかったので(評判が悪い作品なのかな?)と思っていましたが(虚淵さんは視聴者が前向きになれる作品も作りたいんだな。)と思うきっかけになった作品になりました。


自分の中ではまどマギのイメージが強すぎて、全話脚本担当ではないとは言えここまで明るい作品になるとは思わなくてびっくりしましたね。あれも最後は重い一辺倒の作品というわけではないのですが。
[ 2017/07/14 17:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。