架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

サムライフラメンコ 第22話(終)『サムライフラメンコ・ネイキッド!!』 あらすじと感想

・あらすじ

 澤田の目的は、後藤に殺されることによって一生消えない傷として羽佐間の心に残ること。そうして羽佐間をダークヒーローに仕立て上げ、新たな戦いへと駆り立てることだった。

cap2014-03-28-11h24m55s0.jpg
cap2014-03-28-11h25m00s41.jpg


 そのため彼は、後藤を突き動かすべく心の拠り所であった彼女からのメールを消してしまう。取り乱す後藤。彼を救うべく駆けつけた羽佐間は、澤田にサムライフラメンコへ変身するよう要求されるも拒否する。

cap2014-03-28-11h25m24s250.jpg
cap2014-03-28-11h25m34s116.jpg

 澤田の目的がサムライフラメンコへの悪事なら変身しても救えない。それなら1人の男、羽佐間正義として挑むと宣言する。要や石原が愛について教えてくれたが、羽佐間には愛が分からなかった。だが要たちを信じることは出来る。自分と澤田に愛が必要なら、2人でそれを探そうというのが彼の出した結論だった。

cap2014-03-28-11h27m18s147.jpg
cap2014-03-28-11h28m10s160.jpg

 予想外の展開に驚く澤田と揉み合いになった結果、拳銃が後藤の手に渡ってしまう。澤田を殺そうとする後藤と、その間に割って入る羽佐間。メールを消され1人になったと悲しむ後藤に、羽佐間は結婚を申し込む。自分が彼女の分まで後藤を守ると半ばヤケクソに言うその姿、出会った頃から変わらない彼の無計画なところに呆れ、後藤は銃を下ろす。

cap2014-03-28-11h28m47s0.jpg
cap2014-03-28-11h29m07s201.jpg

 半年後。また少しずつ悪事が増え始めた世の中で、羽佐間は相変わらずサムライフラメンコとして活動を続けていくのだった。

cap2014-03-28-11h30m19s160.jpg
cap2014-03-28-11h30m04s14.jpg






・感想

「後藤さん! 結婚しましょう!」

cap2014-03-28-11h15m14s74.jpg

 この展開を冗談半分とはいえ考えなかったといえば嘘になる。羽佐間くんにとって一番の理解者はやっぱり後藤さんだし『愛が切り札』というキーワードが出てきた以上、羽佐間くんの愛する相手と言えば誰か? と考えればおっさんの私でもこの腐った発想は出てくる。
 いやしかし本当にやるとは。おみそれしました。



 澤田くんの正体、意外としょうもなかった(笑)。と思ってしまうのは、20話・21話での見せ方が上手かったからだろうなあ。数々の犯行が彼と両親の3人だけで可能なのかと疑問が残りますが、こんなアニメに整合性を求めるのもナンセンスですね。

 終わってみると澤田くんはやっぱり超人とかじゃなくて普通の少年じゃないと駄目だったと思う。私は本作を羽佐間くんが社会復帰するアニメだと思ってます。となるとヒーローとしての分かりやすい戦いを捨てて日常で正しいことをし続ける道を選んだ彼が最後に戦う相手が今更超人とか幽霊とかじゃやっぱりダメで、日常に現れうる、普通の人間じゃないと。

 VS澤田戦のような戦いを生涯続けていく。これが羽佐間くんの選んだ道ですから。



 にしても結局羽佐間くん、愛分かんないままだし、後藤さんメール続けとるし、いいのかそれで。
 いいのかな。いいのかも。

 羽佐間くんは確かに愛を分かってないかもしれないけど、そもそも愛なんてのは要の言うとおり「形も掴み方も人それぞれ」で、石原さんの言う通り「簡単に他の感情に変わる」ような曖昧なものです。
 分からないながらも蔑ろにしないのが彼なりの『愛』なのではないかと。分からないからって誰も愛してないわけじゃないです。後藤さんや澤田くんを救おうとしたのも間違いなく愛でしょう。
 分からない分からないと言いながらも、結局要の言う通り愛が切り札となって勝利したわけですね。まさに愛は勝つってか。


 相変わらずメールを続けてる後藤さんは、うーん、ちょっと疑問を持たないでもない(笑)。あ、もしかして羽佐間くんをからかってるだけかも? 携帯も新しくなってたし。
 確かに言えるのは、今の後藤さんなら携帯を取り上げられてもメールを消されても取り乱したりしないだろうなってこと。メールは、ちょっと変わった趣味ということで。



 しかし羽佐間くん凄いな。見ようによっては彼、自分がこの世で問題なく生きていくために世界を変えがやったとも言えます。
 ヒーローへの執着が強すぎるあまり、就職ができず日常に支障すらきたしかけていた彼。石原さんに拾われなければリアルに無職だっただろうし、サムライフラメンコとしての活動を通じた変化がなければそれも上手く行かなかったことでしょう。

 そんな彼ですが、世界まで巻き込み、貪欲に様々なヒーローを経験し、だけど正しいことがしたいのだと気づいたからダークヒーローにだけはならなかった。ようやく『困った変態』から『真人間の変態』へと成長できたわけです。世界の方も大きく変わったのは、頑張った羽佐間くんへのご褒美でしょうか。
 よく出来る人は『周りを変えたいならまず自分から』みたいなこと言いますけど、ここまで大規模にそれを実行したのは彼くらいなもんかと。


 思えば初対面の時、後藤さんは素っ裸の羽佐間くんを変態と呼び、今回もまた最後に変態と呼びました。変態で始まり変態で終わった作品です。正義の味方なんて、所詮は変態なのかもしれません。というより何かを、誰かを一直線に愛している人間を変態と呼ぶべきか。
 そんな変態が溢れてるからこそ、世の中は捨てたもんじゃない。


 変態達の日常はこれからも続きますが、サムライフラメンコというアニメはこれにておしまい。最初はただのコメディかと思いきや途中で大胆すぎる転換を挟み、他に類を見ない妙ちきりんなアニメと化した本作ですが、終わってみれば不思議とすっきりしていました。

 スタッフの皆様、3ヶ月間ありがとうございました。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2014/03/28 11:56 ] サムライフラメンコ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サムライフラメンコ 第22話「サムライフラメンコ・ネイキッド」
サムライフラメンコの第22話を見ました。 第22話 サムライフラメンコ・ネイキッド 正義への電話を切った灰司は英徳に拳銃の銃口を向ける。 「また明日ね、ごっちん」 一発の銃声が鳴り響くも殺すことはしなかった灰司は英徳に自分を殺してもらうために、彼女のメールを削除してしまう。 「綺麗になりましたね」 正義が駆けつけるもメールを削除されたことで英徳が壊れてしまう。 ...
[2014/03/28 14:54] MAGI☆の日記
アニメ「サムライフラメンコ」 第22(最終)話 サムライフラメンコ・ネイキッド!!
サムライフラメンコ 2(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/01/22)増田俊樹、杉田智和 他商品詳細を見る 後藤さん、結婚しましょう! 「サムライフラメンコ」第22話の感想です。 彼女の分まで。 (物語をなぞりつつ、感想など) 愛とは。 正義は後藤さん好き好きだから、まあ言い出してもおかしくは、と思ったらマジで結婚しようとかw 後藤さんは相変わらず彼女さんとメ...
[2014/03/28 17:28] 午後に嵐。
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: