架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

凪のあすから 第24話『デトリタス』 感想

 要……(´;ω;`)
 報われない男が、ちょっとだけ報われました。

 遮断機と一緒に要の心が開かれるとこがたまらん。

cap2014-03-25-09h41m08s77.jpg


 さゆに対する要の視点の変化は、そうか、そういう流れで持っていくのか! と感心しました。
 正直、彼がさゆに振り向く所ってあんまり想像できなかったんですよね。誰とでも別け隔てなく接するけれど、完全には心を開かないイメージが強いので、幼馴染であるちさきへの思いを乗り越えるのなんて無理なんじゃないかと思ってました。しかもどうしたってさゆは『小さな女の子』ってイメージが強いでしょうし。

 でもそっか、彼は寂しかったんですね。なまじ幼馴染3人が一緒にいるせいか、そこには全く思い至りませんでした。

cap2014-03-25-09h44m14s97.jpg

 さゆちゃん、ほんまいい子。いや、いい女。
 相手の弱みにつけ込んでうまいことやったな(汚い大人の視点)。

 冗談はともかく、彼女はそんな打算とか全然なくてただ要が好きでずっと待ってただけなんですけど、結果的にそれが要の心を救ったわけです。2人共少しずつ報われた素晴らしい着地点だ。

 まだ要はちさきのことで心を痛めてるだろうし、さゆちゃんだって想いが実ったわけではないけれど、これからですね。きっと少しずつ変わっていける。


 要もさゆも、ただ振られるだけじゃなくてちゃんと救済があって本当に良かった。この二人の恋は悲恋で終わると思ってたので、視聴者としても心洗われました、はい。



 ちさきと紡も、2人の未来を予感させる展開に。
 ちさきは本当に頑固で臆病ですね。みんなが眠ってる間に自分だけ普通に生きて、恋していくなんて許されないんだとか、生まれた時からずっといる光より数年しか一緒にいない紡を好きになっちゃいけないんだとか、変化を恐れて言い訳を重ね、紡への気持ちに素直になれなかった。
 彼女自身より早くその気持ちを真っ直ぐに認め許すのが、誰よりも彼女に想いを寄せている要というのがなんとも切ない。その気持ちの先に自分はいないというのに。


 まだちさきはまなかのことが心残りで吹っ切れていないようですけど、後ひと押しだから頑張れ紡(笑)。
 っていうか冒頭での告白の仕方が思ったよりも大胆でびっくりしましたよ紡さん。
「感じてたんだ。お前の気持ち、今は俺にあるって」

cap2014-03-25-10h16m30s55.jpg

 なんという自信。自分みたいなチキンには逆立ちしても言えないセリフです。女性から見ればあれくらいがむしろ力強さを感じられて魅力的でしょう。私おっさんだけどちょっとときめきました。



 あとは、美海ちゃんとまなかと光だ。
 と言ってもここまで来るともうまなかと光が結ばれるとしか思えないし、美海ちゃんは自分の気持ちを押し殺すと決意を固めてしまいました。

cap2014-03-25-10h29m38s252.jpg

 ドキッとするほど大人の表情ですが、こんな顔ができるのは悲しい決意のせいなんですよね。初期から光とまなかを応援してた私ですが、後半に入ってからはかなり美海ちゃんの評価が上がりつつあるのでどう転んでも辛い結末ですよ……遠慮なんてせずに、どうせなら想いをぶつけて玉砕して思いっきり泣いてスッキリして欲しいなあ。






関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2014/03/25 10:59 ] 凪のあすから | TB(0) | CM(2)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/05/11 23:23 ] [ 編集 ]
そんなツイートがあったんですか。
自分も凪あすの中で屈指の泣けるシーンだと思ってるので、同志がいるようで嬉しい限り。
[ 2016/05/14 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: