架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

凪のあすから 第19話『まいごの迷子の…』 感想

 紡、ついに恋敵宣言。

cap2014-02-18-08h35m48s131.jpg

 要も紡も、決してお互いを嫌い合ってるわけじゃないところがまた悲しい。どっちにとっても友達なんだよなあ。同じ人好きになっちゃっただけで。


 一足先に大人になった紡とちさきとの対比で、年齢にそぐわない落ち着きを持った要もやっぱり歳相応の子供だったと、今までで一番まざまざと見せつけられたのもキツい。
 汐鹿生のことを公表しないのはきちんとした理由があるんだけど、そこに考えが及ばないで名声のために利用されてるんじゃないか、と早とちりする要に対し、ちさきは紡のことをきちんとわかっていて理由を問います。極めつけはこのセリフ。

「いつも言葉が足りないのよね、紡は」

 親密な距離だから出てくる言葉です。これ聞いた時の要の表情を見てるだけでこっちの胸が痛くなる。

cap2014-02-18-08h13m07s105.jpg

 ちさき、お前要の気持ち知っとるだろ……と言いたくなりますが、そこに気を配ってくれというのもまた幼稚な要求ですよねー。


 一つ屋根の下の男二人が恋の火花をバチバチと散らすのを他所に、当のちさきちゃんは改めて光への気持ちを確認してしまいました。大分紡に偏ったと思ったんですが……下手をするともう逢えなかったかもしれない初恋の幼馴染との再会ですからね、そりゃ恋も再燃するか、ある意味昔以上に。

cap2014-02-18-08h37m25s80.jpg


 そして光はというとちさきと美海の視線を物ともせずまなか一直線。きっと本人からはっきりとふられない限り、視線をそらすことはないのでしょう。

 そういえば完璧に忘れ去ってたんですが、まなかは『おふねひき』の後に光に何かを言おうとしてたのですよ(13話参照)。彼女の思いは紡にあるのか光にあるのか、改めて13話を見直すとどっちとも取れる微妙な状況だったので、彼女が何を言おうとしてたのか気になって気になって。とっとと目覚めてくれい。



 なんかもうままならない恋ばかりでもどかしさばかり募るので、ここはちさきちゃんのお色気シーンで癒やされましょう。

cap2014-02-18-08h39m55s44.jpg
cap2014-02-18-08h40m05s148.jpg
cap2014-02-18-08h40m19s34.jpg
cap2014-02-18-08h40m32s163.jpg
cap2014-02-18-08h40m39s225.jpg
cap2014-02-18-08h41m07s219.jpg

 これ見た時の要の表情がまたかわいいんだwww

cap2014-02-18-08h41m15s79.jpg







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2014/02/18 09:19 ] 凪のあすから | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: