架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

16年ぶりにスーパーファミコンの新作ソフトが発売『Nightmare Busters』

 元々は1994年に発売予定だったものが流れてしまい、当時の試作品が発掘されたことで復活を果たしたそうな。

http://www.inside-games.jp/article/2014/01/22/73711.html


 スーパーファミコンは我が青春。今やっても十分面白い作品が盛り沢山です。
 今のハードに比べればオモチャも同然だけど、かと言ってファミコンほど極端に厳しくもないスペックがちょうどいい制約となり、余分なものを削ぎ落し練りこまれた良作が生まれやすかったんじゃないでしょうか。


 制約の中で頑張ってると言えば音楽もそうですね。
 昨今は生演奏や生と聞き分けがつかない高価な機材の音をそのまま鳴らすのが当たり前ですが、この頃は内蔵音源と制限の厳しいサンプリングに頼るしかなく、発音数も音色もしょぼい中で創意工夫を凝らしてくれたからこそ今も語り継がれる名曲の数々が生まれたんだと思います。
 今や押しも押されぬ人気作となったテイルズシリーズの第1作『テイルズオブファンタジア』ではオープニングで歌が流れて大層驚いたもんです。
 


 そういえばファミコンなどの8bit機の音源を使ったチップチューンという音楽が定着して久しいですが、スーパーファミコンなどの16bit機の音源で作曲しようという人はいないのでしょうか。
 8bit機の音源ほど特徴的ではなく、言ってしまえば半端な音源ですから、あんまり見向きされないんですかね。

 個人的にはあの生楽器に比べればショボイけど何の楽器の音を鳴らしてるのかは分かる胡散臭い音が結構好きなんだけどなあ。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2014/02/13 09:05 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: