架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

dollmateがいつの間にかフレキシブルマネキン方式の等身大ドールを販売してた

 もともdollmateは等身大ドール売買の仲介を行っていたサイトだったんですが、いつの間にかオリジナルの等身大ドールを販売してました。いつからだろう?

http://www.lovedoll.jp/doll_info.html

 名前は『エフ・ドール』というそうな。


 このドール、なんといっても特徴的なのは『フレキシブルマネキン』をボディに採用している点。

 フレキシブルマネキンとは曲げ伸ばし可能な金属製の骨格を内蔵したウレタン性のボディに布製のカバーを被せた構造のマネキン人形で、洋服などの店頭ディスプレイ用に作られたものですが、等身大ドールのヘッドを移植することで以前より一部好事家の間で等身大ドールとして親しまれていました。

 シリコンやソフビのドールよりはるかに安価で丈夫で扱いやすいということで、細かな部分の造形でこそ劣るものの等身大ドールの入門的なポジションとしてこの界隈ではそこそこ有名ではないかと思います。

 詳しい作り方なんかはこちらの『ふれまね娘』様にて記載されてますので興味のある方はぜひ。

 また最近ではPなりたいPさんという方がものすごい数のフレマネを改造してらっしゃいます。こちらの方はフレマネの頭部に目などをペイントしてそのまま使用しているみたいです。この方は動画も幾つか投稿してらっしゃいます。



 あと手前味噌ですが私の以前のブログでも紹介してます。


 おそらくそれに目をつけて需要があると踏んだのでしょう、ついにメーカー製の物が現れました。といっても市販のフレキシブルマネキンをそのまま流用しているわけではなく、一応専用の物を使用しているみたいです。

 まず胸はシリコンを内蔵しているとのこと。しかも乳房部分と乳首部分でシリコンの固さが違うという芸の細かさ。バストサイズも3種類から選べるみたいです。

 表皮は写真から伝わる質感だと、普通のフレキシブルマネキンよりさらさらしてそうです。ホールを装着する穴も標準で搭載されているみたいですね。

 残念なのは、足の指がないことだなあ。せっかくメーカー製のラブドールとしてのフレキシブルマネキンなんだから、ここはきちんと作って欲しかった。改良に期待。


 一番気になるお値段は、一番バストが小さくて安いので15万3000円……うーん、ちょっと高いかなー。フレマネ方式はなんといっても安さが魅力なのに、これじゃあかつて販売されていたファンタスティックのピュアボディより高いよ。

 私が以前自作したのはボディ(中古)約2万円、ヘッド(ファンタスティック)約3万円の計5万ほど。ボディが新品でも+2万くらいで作れます。半分以下ですね。

 とはいっても胸にシリコンは入ってませんし、そもそもファンタスティックはすでに販売終了していますが、それにしてもやっぱり割高に感じてしまうかなー。個人的には10万くらいが妥当に感じてしまいます。


 とちょっとイチャモンつけましたが、それでも等身大ドールとしてはかなり安価ですし、ヘッドはレベルD製とのことで非常に出来がいいので、手間を掛けずに等身大ドールデビューしたいという人にはかなり有りな選択肢ではないでしょうか。

 迷ってるそこのアナタ、さあさあ購入を!(仲間増やしたい)







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2014/01/23 18:30 ] ドール | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: