架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

凪のあすから 第13話『届かぬゆびさき』 感想

 えええ。
 こんな展開予想してなかった。11話の感想文で「俺なら地上沈めるわ」って冗談めかして書きましたが、まさかまなかたちが沈められるとは。
 うろこ様はこの展開知ってたのかなぁ。「許せ」とか言ってたし。

cap2013-12-27-09h23m25s252.jpg


 んで、びっくりしたのがちさきですよ。

cap2013-12-27-09h23m50s252.jpg

 いつの間に紡に傾いたの? いや、確かに全く理解できんことはないです。何かと印象的な接点ありましたし。でもあくまで友人としていい関係になって行くのかと思ってました。ちょっと唐突すぎるというか……緊急事態に直面して必死になった結果、素直な気持ちが出たってことかな。本人も気づいてないだろうけど。


 じゃあ、彼女の光への気持ちは綺麗さっぱり消えてしまったのか? というと別にそんなこともないと思います。
 そもそも彼女は、光と要しか同年代の男がいないらしい閉鎖的な環境で育ったので、光を好きになったのはある意味仕方ないことなんだと思います(要に惚れててもおかしくなかったと思う)。またまなかの様に地上への憧れなどもあまりなかったようで「このままずっと海の中で過ごせればいい」と変化を望んでいなかったのが今までのエピソードから見て取れます。

 ところがひょんなことから地上へ出ることになり、地上人と触れ合う事になった。そこには同年代の男の子がたくさんいるわけですけど、この時点では地上人への抵抗と光への気持ちから彼らを『男の子としては』意識することもあまりなかったでしょう。
 でも様々な経験を経て地上人への抵抗も薄れ、光へと気持ちを伝えることである意味『すっきりした』状態になったんだと思います。そうなることでもっと沢山の男の子を異性として意識する余裕が生まれ、何かと助けてもらったり悩みを聞いてもらった紡に好意が向き始めたんじゃないかなと。

 例えば今、光に告白されたりしたらあっさりそっちに転がると思いますけど、相手が自分に振り向いてくれそうもない現状ではこのまま紡(か別の男子)に傾いていっちゃうでしょうね。
 要に傾かないのは、もう完全に友人として気持ちが固定されちゃってるせいじゃないでしょうか。身も蓋もない言い方をすれば地上人の紡ほど新鮮味がない(笑)。

 しかし親友を好きな男の子から、親友の好きな男の子へ鞍替えか……どうもスムーズな恋に縁遠いなこの子(笑)。



 要はとことん報われないなぁ。いの一番に自分の気持ちを伝えたというのに、愛する彼女はあっちへフラフラこっちへフラフラ。しまいには今回の急展開で恋敵を助けたせいでついでのように海へと沈んでしまった。

cap2013-12-27-09h28m53s193.jpg

 あかりは浮かんできましたが、まなか、光、要の3人はやっぱり行方不明のままなんですかね。予告で美海ちゃんが「光たちのいる、海を見てる」と独白してたところを見るに。

 なんで要まで沈められてしまったのかライターの思惑がさっぱり見えないので、もう続きが気になって仕方ないっす。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/12/27 09:31 ] 凪のあすから | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

凪のあすから 第13話「届かぬゆびさき」
凪のあすからの第13話を見ました。 第13話 届かぬゆびさき 家でまなかのことを思い出していた光は汐鹿生に戻ったまなかに改めて自分の気持ちを伝える。 「さっきはいきなりごめんな。なんか勢いっつうか頭に血が上ったまんま口に出しちゃってさ、ホント成長してねえっつうか…。そんだからもっとちゃんと言っとこうと思ったんだ」 「ちゃんと?」 「俺、やっぱりまなかが好きだよ。まな...
[2013/12/27 10:30] MAGI☆の日記
凪のあすから 第13話「届かぬゆびさき」
1クール目の終わりの今回、怒涛の展開となりました。 運命の渦は、まなか達を飲み込み…どこに運んでいくのか? 目が離せません! でも次回は放送休止です(^^; 家でまなかのことを思い出していた光は、シオシシオに戻った彼女に改めて自分の気持ちを伝える。 まなかも光に何かを伝えようとするが、「おふねひき…終わったら言うね」 と微笑み答えるだけだった……。 「おふねひき」当日...
[2013/12/27 12:17] 空 と 夏 の 間 ...
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: