架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

ガリレイドンナ 第11話『ガリレオジャッジ』 あらすじと感想

・あらすじ

 投獄された3姉妹。
 裁判の日は近かったが、絶大な権力と財力で状況を操る大企業が相手では勝てる見込みは薄かった。

cap2013-12-23-11h13m06s226.jpg
cap2013-12-23-11h13m46s108.jpg


 そんな彼女らの前にようやく弁護士が現れ、ある女性から預かったという奪われたはずの月のスケッチとガリレオテゾロを渡される。6枚目のスケッチには、星月への想いとテゾロの精製式を残したという文言が記されていたが、肝心の式は見当たらなかった。それでもガリレオを思い、絶対に諦めないと決意を固める星月。

cap2013-12-23-11h14m58s64.jpg
cap2013-12-23-11h15m35s164.jpg

 いよいよ始まった裁判だが、証拠を偽造され始終不利なまま進んでいく。記憶喪失のまま社長に操られたシルヴィアまで娘たちを追い込む証言を始め、姉妹の有罪は確定かに見えたが、そこへ乱入したのは父の夏至生だった。彼と記憶喪失のふりをしていたシルヴィアはアンナの協力も得てテゾロとスケッチを取り戻し、星月たちが無罪であること、そしてメシェとアドニムーンの繋がりを決定づける証拠も入手。裁判を勝利へと導く。

cap2013-12-23-11h16m41s67.jpg
cap2013-12-23-11h17m40s131.jpg

 晴れて無罪となった星月たちは、スケッチと共に残されていた望遠鏡を使いスケッチに隠されたテゾロの精製式を見つけ出す。また最後に残された幻の7枚目のスケッチは、月ではなく星月を描いたものだった。今は未完成の式を必ず完成させると誓い、家族揃って日本の祖父の元へと出発するのだった。

cap2013-12-23-11h20m53s24.jpg
cap2013-12-23-11h21m07s173.jpg
cap2013-12-23-11h22m08s5.jpg






・感想

 無実を証明し、アドニムーンの陰謀を暴き、家族はまた1つになり、ほぼ大団円!って感じですね。
 アンナさんは捕まってしまいましたが、恐らくメシェの一員としてあんまりよろしくないこともやってきたでしょうし仕方のない事でしょう。最終的には3姉妹を助けるため自分の身を呈することが出来たくらい情のあった彼女にどんな過去があってロベルトに傾倒していったのか、とっても気になるところです。何か別の媒体でサイドストーリーとして語られるのを期待。



 ロベルトはなんで父を撃ったのかがよくわかりません……けど、意外と八つ当たりなんじゃないかな、とか思ってます。

 かつて手を差し伸べたホームレスに両親を見殺しにされ金品を奪われるという経験を経て、人間は誰かが管理しなくてはと思い始めた彼。アドニムーンの社長という絶大な地位と財力を持つ人に養子として迎えられ、現実的にそれが可能である立場になってからは野望を実現するために黙々と努力を重ねてきたと思われます。

 でも鉄仮面に見える彼ですが、6話の病院で一瞬表情を崩したことなどからその実かなり感情的でありそれを驚異的な精神力で抑えこんでいるだけに過ぎないのが見て取れます。なので父を撃ったのは「お前のせいで俺の野望がパーになった」という意味がこもってるんじゃないかと。

 同時に「愛してるよ」って発言も本音なのでしょう。元はとても心優しい少年だったわけで、どういう意図があれ絶望の淵にいた自分を引き取り育ててくれ、なおかつ普通なら成し得ない野望を達成できるんじゃないかと一時の夢を与えてくれた義理の父は愛するに足る存在だったんじゃないかと思います。
 あれだけの罪を暴かれた以上、もうあの社長は一生表には出てこられないでしょう。そうなるくらいならいっそ、という慈愛の意味もこもっていると感じました。そうして残った罪は全部自分が背負うんじゃないでしょうか。



 神月が一目惚れの相手の写真が入った携帯(それともDAP?)を投げ捨ててたのが印象的。この少年のことも何一つ語られなかったのでさっぱりわかりませんが、神月のあまり人付き合いが得意そうでない性格などから察するに恐らくまともに会話すらしたことがない相手なんじゃないか……と思ってたんですが、わざわざ裁判の傍聴に来ていたということは多少付き合いのある相手なんでしょうか。ちょっと喋ったことがあるクラスメートくらいの存在かな?

 メンタル面で姉妹一脆かった彼女にとって彼の写真は危険な冒険から逃避するための日常へのか細い橋だったわけですが、旅の中で成長した今の神月にはもう必要ないということなのでしょう。裁判中、自分の必死の訴えから目をそらした彼の姿を見て、いつしか一方的に彼にすがってしまっていたことに気づいたんでしょうね。写真を投げ捨てることによって、誰かにすがろうとしていた自分と、恋に恋焦がれていた幼い自分と決別したと思われます。



 そして星月。機械いじりばかりして閉じこもりがちだった彼女ですが、命懸けの大冒険と決して叶わぬ時を越えた恋を経て、人を愛する素晴らしさを実感できたことでしょう。
 この子はちょっと優秀な部分ばかりクローズアップされがちで、今一成長部分が見えにいくいのがちょっともったいなかったかな。もうちょっと閉じこもりがちな研究者気質で、人付き合いが苦手な部分を強調したほうがよかったと思うんですけど。全11話と短いので仕方ないか。


 にしても全体を見ると全ての発端はガリレオにあると見るべきか星月にあるとみるべきか。ガリレオの発明のせいで一同は事件に巻き込まれたわけですが、そのガリレオの発明は多分星月との出会いがなければ生まれなかったわけで。
 確かなことは、1つの恋が大騒動を起こしたってことか。迷惑な(笑)。 



 ともあれ、ガリレオ3姉妹の冒険もこれでおしまい。
 スタッフの皆様、3ヶ月間ありがとうございました。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/12/23 11:29 ] ガリレイドンナ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: