架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

キルラキル 第十一話『可愛い女と呼ばないで』 あらすじと感想

・あらすじ

 鮮血の力を次々と引き出していく流子。
 高速で進化する2人の力の前に、蛇崩もまた敗れ去っていく。

cap2013-12-14-10h19m29s104.jpg
cap2013-12-14-10h19m44s0.jpg


 4戦目、猿投山との戦いが今まさに始まらんとしたその時、誰も予想しなかった闖入者が現れる。鬼龍院すら狼狽したその者の名は針目縫。リボックス社のトップであり皐月の母親でもある鬼龍院羅暁の送り込んだグランクチュリエ(高次縫製師)だった。

cap2013-12-14-10h20m15s33.jpg
cap2013-12-14-10h21m09s67.jpg
cap2013-12-14-10h23m39s45.jpg


 極制服すらまとわず生身のまま一瞬で猿投山を打ち負かし、流子へと勝負を挑む針目。戸惑う流子の前で彼女が取り出してみせたのは、もう一本の片裁ち鋏。流子の父を殺したのは自分だと、あっけらかんと暴露するのだった。

cap2013-12-14-10h24m01s11.jpg
cap2013-12-14-10h24m55s39.jpg






・感想

 流子ちゃんがどうやって乃音ちゃんに勝ったのかよくわかりませんでした(´・ω・`)
 犬牟田さんの解説によると、

「纏は蛇崩の放つリズムを、あのU字の腕で共振させ、純音にしているんだ。蛇崩の発する振動数を変換し、自分の振動数に変えている。叩くと最初は濁った音がしても、やがて固有の音になる音叉のようにね」

 ……(´・ω・`)?

 純音ってなんでしょうか。wikiを読んでみました。

 純音(じゅんおん)とは、正弦波で表される音である。楽音(単音と呼ばれることもある)と異なり、基本周波数の整数倍の周波数成分(倍音)を一切持たない。自然界には存在しない。

 ……(´・ω・`)?

 えーと……。
 倍音ってのは要するに、1つの音だと思って聞いてる音でも、実際には人間の耳では捕らえられない複数の音が重なっているって捉え方でいいんでしょうか。で、その倍音と言うものを一切保たない文字通り1つの音を純音、って呼ぶの?


 その、乃音ちゃんの演奏を純音にしたからってなんで跳ね返せたんでしょうか。っていうか、なんで流子ちゃんは腕をU字にすればそれが出来るってわかったんでしょうか。


 …………。


 つまり流子ちゃんはすごいってことだね!



 それはさておき猿投山さん、戦いが始まる前に退場しちゃいました。股間を光らせながら。

cap2013-12-14-09h26m03s41.jpg

 四天王の中でいの一番に負けたことと言い彼の扱いが気の毒すぎるんですが、今後もこんな役回りなんでしょうか。


 しかしさすがにこんな展開は予想してませんでした。謎の新キャラは最近見かけなくなった気がするボクっ娘にして流子の父を殺したもう一本の片裁ち鋏の持ち主と来たもんだ。濃ゆい25分だったぜ。嘘ではなく本当に父の仇なら流子にとって事実上最終決戦が始まったわけですな。
 全24話のようなので次回で丁度半分、物語の大きな折り返し地点となりそうです。

 極制服を纏った四天王相手に生身で圧勝するような相手ですから普通に考えれば勝てないでしょうが、このアニメはどう運ぶかよう分からんからな……次回、勝負の行く末がどうなるか期待。






関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/12/14 10:33 ] キルラキル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: