架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

サムライフラメンコ 第10話『決戦! 敵の基地』 あらすじと感想

・あらすじ

 もえと共にキングトーチャーに捕らえられたまり。
 容赦のない拷問の中、自分を救うため本気で命を投げ出そうとしたもえと違い、自分には命を賭ける覚悟がなかったと唾棄され打ちのめされる。

cap2013-12-13-12h21m32s72.jpg
cap2013-12-13-12h21m14s154.jpg


 一方羽佐間は、誘われるまま本拠地へと足を踏み入れる。そこで見たものは、自分の部屋と同じように沢山のヒーローグッズが並べられた一室だった。

cap2013-12-13-12h35m07s0.jpg
cap2013-12-13-12h35m22s183.jpg

 キングトーチャーは羽佐間と同じく、ヒーロー番組に夢中になって育った男だったが、決定的な違いは悪に惹かれたことだった。夢を叶えるべく周到に準備を重ねたものの、どうしても表に出ることが出来ずためらっていたところにサムライフラメンコが現れ、追随するように自らも活動を開始したのだった。

cap2013-12-13-12h35m33s16.jpg
cap2013-12-13-12h36m01s53.jpg

 瑞希からの連絡で駆けつけた後藤と協力し、ついにキングトーチャーを打ち倒す羽佐間。今までの戦いでばら撒いた怪人たちの細胞を1つにし、巨大なキングトーチャーを生み出す『プロジェクトGKT』も未然で防ぎ、悪の組織を壊滅させることに成功する。

cap2013-12-13-12h36m45s247.jpg
cap2013-12-13-12h36m49s30.jpg
cap2013-12-13-12h36m54s79.jpg

 アジトを出て、群がるマスコミの前に素顔を晒す羽佐間。同じ頃まりは、満身創痍のフラメンコダイアの姿のままライブステージの上で歌い始めるのだった。


cap2013-12-13-12h38m12s89.jpg
cap2013-12-13-12h39m21s5.jpg






・感想

 悪の組織、壊滅。
 作中時間で約3ヶ月程度ですが、サムライフラメンコとキングトーチャーの戦いは終りを迎えました。


 あまりにも唐突に出てきて視聴者の度肝を抜いてくれたトーチャー一味でしたが、蓋を開けてみればなんてことない、羽佐間くんと同じ、自分が焦がれた存在になろうとしていただけの男たちでした。進んだ方向が違うだけで。

 トーチャーはその気になればサムライフラメンコなんて簡単に撃退できたと思うし、多分もっと世界を追い込むこともできたと思うんです。でもそうしなかったのは、結局前回で羽佐間くんが口にした通り『お約束』だからなんですね。トーチャーはもっと重く『ノルマ』と呼んでましたが。

 キングトーチャーは準備段階では羽佐間くんよりもはるかに周到で本格的だったかもしれません。でも行動力という点では羽佐間くんに一歩及ばなかった。だから自分で言ってたように『最後の一歩』が踏み出せず表には出られなかったのですが、そこに『サムライフラメンコ』が現れたことによって背中を押されたように活動を開始したわけです。

 そんな彼がサムライフラメンコを無視できるはずがありません。もう彼にとって、サムライフラメンコと戦うのはノルマとなったわけです。勝てばそれでいいわけじゃない。かつて自分が夢中になった番組の中と同じようにいかにも悪の組織らしい行動を取り、いかにも悪の組織らしい戦いを繰り広げる必要があった。
 成功しそうにない滑稽な作戦の数々や敗北を認めた途端爆発する怪人も、『抗えぬノルマ』だったわけです。


 フィクションの世界では悪に対して正義が現れるのに、皮肉なことに(作中の)現実では正義を見て悪が生まれてしまったわけだ。羽佐間くんはこの事に何を思うんでしょう。今回素顔を晒したのは、もしかして責任を感じてヒーローを引退するためなんでしょうか。そう簡単に彼がヒーローをやめてしまうとは思えませんが、果たして。



 正体を晒したといえば、まりも実質そうですね。
 彼女は自分では本気のつもりだったんでしょう。だけど本当に本気の相手、キングトーチャーにはそんなお飾りの本気は通用しなかった。
 夢があり、それを叶えるために活動している人間にとって、すでに叶えた人間から覚悟のなさを見透かされた時の絶望感というのはもう本当にそれだけで立つこともできなくなるほどショッキングなものです。なまじ彼女の場合、実力がそこそこあり表ではアイドルとしてちやほやされる立場にある分、身も心もズタボロになった今回の出来事は相当堪えたでしょう
 最後にステージに立ったのは、自分が輝ける場所への逃避なのか、これだけは誰にも負けず本気だという意思表示なのか。今後の動向が気になるところです。



 割りと狂的だった展開の中、後藤さんは一服の清涼剤のような存在だったなぁ(笑)。正義と悪の狂人に挟まれて、どこまでも一般人な言動にホッとさせられました。あの空気を読まないセリフ回しが最高すぎる。
 まずロケットを止めてくださいと言われた時の「止めたことねーよ!」で爆笑。そこはほら「任せておけ!」とか「死ぬなよ……!」とか言うべきじゃないでしょうか。そしてロケットに向かって車走らせてる時の「ちげーよ。これ絶対警官の仕事じゃねー!」もまた愉快。確かに違うわな。
 しかしなんだかんだ言って車をぶつけるという大胆な方法でロケットを止めてみせました。ほんと、羽佐間くんが言う通りヒーローなんかよりずっと強い一般人です。カッコいい。



 トーチャー一味が壊滅し、サムライフラメンコもフラメンコダイアも正体を晒し、全てに一段落が付いた今回。
 2クールアニメということで20数話あるはずですが、ほぼ折り返し地点となる次回からはどんな展開となるのでしょう。また新しい悪や正義が出たりして?
 今後も目が話せません。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/12/13 12:47 ] サムライフラメンコ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サムライフラメンコ 第10話「決戦! 敵の基地」
サムライフラメンコの第10話を見ました。 第10話 決戦! 敵の基地 まりを救うため、敵のアジトへと正義が向かう中、まりは萌とともに捕らわれ拷問を受けていた。 「悪のリーダーが戦う相手は主人公に決まっている」 「何、それ!?私が主人公じゃないっていうの!?」 「私の相手はサムライフラメンコだ。君はヒーローを誘きだすための餌だよ。誰にでも取り換えの利くただの脇役だ」 ...
[2013/12/13 21:39] MAGI☆の日記
アニメ「サムライフラメンコ」 第10話 決戦!敵の基地
サムライフラメンコ 2(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/01/22)増田俊樹、杉田智和 他商品詳細を見る おまえ、ちょっとあとで話あるからな! 「サムライフラメンコ」第10話の感想です。 ロケット。 (物語をなぞりつつ、感想など) 倒された悪。 もう少し引っ張るかと思いきや、今回でトーチャー編終了。正義の父なんじゃとか思った時期もあったけれども関係なかった。 ...
[2013/12/14 23:07] 午後に嵐。
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: