架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

『スーパーロボット大戦Operation Extend』2章序盤までの雑感

 実にいまさら、『スーパーロボット大戦Operation Extend』を始めました。
 今第2章の5ステージ目くらいまで進めたのですが、正直飽きてきた。


 とにかく序盤がたるい。
 多数のロボットアニメを1つの作品として扱う無茶っぷりがスパロボ最大の面白さなのに、10面くらいまでの内容はほとんどガンダムとパトレイバーで構成されててライジンオーがちょこって出るだけ。シナリオ面でもクロスオーバー要素は少なく、それぞれ別々に進みます。しかも自軍には参入していない扱いなので、改造や強化パーツ取り付けはオリジナル主人公機しかできません。

 各ステージ出撃メンバーも固定されていて自分で選ぶ楽しみもなし。確か19ステージ目だったと思いますが、ここまで進めてようやっと出撃メンバーを選べるようになってきます。1面1面は短いのでそれほど時間がかかるわけではありませんが、気分的にどうしてもダレてしまう。
 折角やりすぎなほど参戦作品数が多いんです、最初から3・4作品くらい入り混じった部隊を動かせるようにしてくれてもよかったと思うんですが。



 シミュレーションRPGとしては従来のスパロボより良く出来てると思います。
 難易度的にはヌルゲー化が著しい昨今のシリーズより多少難しい気はしますがあくまで毛が生えた程度です。今までの感覚でユニットを突撃させると突破攻撃や押し出し攻撃で思わぬ大ダメージを受けることがあったり精神コマンドの頼りがいが下がっていたりししますが、挫折するほど難しくはないです。あまり頭をつかう必要がないJRPGの類ばかりやってる自分がそう感じるほどなので多分誰でもクリアできるでしょう。

 ただ、それ故中途半端なんです。昨今のシリーズほど気軽に自分の好きなユニットで『俺TUEEEE』が出来るわけでもなく、かといって本格的に戦略の組み立てを楽しめるほど難易度が高いわけでもなく。
 このシステムでハードはPSPなんですから、どうせならもっと高難易度の本格的なSRPGにすればよかったんじゃないでしょうか。


 中途半端といえばグループ出撃もそうですね。複数のユニットを1つのユニットとして扱う『第2次スーパーロボット大戦α』以降度々見られるようになったシステムですが、本作ではなんとグループを組める組み合わせやステージは固定です。自由に選んで編成できるわけではありません。
 なにこれ楽しくない。何のためにこんな形にしたんだろう。

 基本的にグループを組めるのは俗に『リアル系』と呼ばれる、ロボットが量産型兵器として扱われている作品だけで、しかも同じ作品同士でしか組めません(後半はそうでもないんでしょうか?)。ガンダムやパトレイバーですね。
 多分『スーパーロボット系』と違い1体1体が弱いからその救済措置的な配慮だと思うんですが、正直余計なお世話だと思うんですよ。弱いユニットは弱くていいんです、それを工夫して使うのが楽しいんですから。



 とまあ、こんな感じで。
 キャラゲーとしてもSRPGとしても半端な作品、という印象で、どうにものめり込めませんでした。多分クリアまでやらないだろうなあ……。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/12/12 20:19 ] スパロボ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: