架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

凪のあすから 第10話『ぬくみ雪ふるふる』 感想

 要、始動。
 ものっすごい唐突に告白しやがりましたこの野郎。

cap2013-12-11-09h37m56s216.jpg
cap2013-12-11-09h38m02s12.jpg


 この驚き様、全く気づいてなかったみたいですね要の気持ち。無理もないだろうなぁ。傍観者を自称するだけあって彼は自分の気持ちをそうホイホイと表に出すタイプじゃないですし、ちさきは異性としては光ばっかり見てた様子だし。


 そしてまなかの方は、少しずつ光を異性として意識し始めた様子ですが。

cap2013-12-11-10h04m54s4.jpg

 幼馴染4人の人間関係はどうなってしまうんでしょう。



 それにしてもちさきちゃん、地上人に対してドライすぎませんか……。
「やっぱり、地上の人たちと私たちは違うんだし」って、そんなあっさり。彼女、まだ地上に抵抗あるのかなぁ。ここ数話は普通に友情できてたように思うんですが、単に光たちに合わせてたってだけに過ぎないんですかね。

 要もそれほど気にしてるように見えませんでしたが、良くも悪くも彼は何事にも一歩退いたところがあるだけで、多分地上人のことをどうでもいいと思ってるわけじゃないと思うんです。紡のこと、よくわかってるみたいだし。

cap2013-12-11-09h57m53s158.jpg

 地上の人間が滅ぶことに本気で焦りと哀しみを覚えてるのって光とまなかだけに見えるのが悲しいですね。2つの世界の距離の遠さを感じて。



 ぬくみ雪による地上壊滅は天罰とかそんなアグレッシブなもんじゃなくて、単に神さまの力が弱まってるから人間から離れていっちゃう以上もうどうしようもない様子。本当に光たちのおふねひきが人類救済への鍵となってしまいましたが、地上人側が信じてくれない以上どうしようもありません。

 果たしてどうなる?







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/12/11 11:14 ] 凪のあすから | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: