架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

サムライフラメンコ 第9話『抗えぬノルマ』 あらすじと感想

・あらすじ

 キングトーチャー一味が現れてから3ヶ月。
 ヒーローと悪の戦いはすっかり日常に溶け込み、世間の人々もあまり注目しなくなっていた。

cap2013-12-06-09h10m22s31.jpg
cap2013-12-06-09h10m36s200.jpg


 マンネリ化した戦いをつまらないと感じたまりは雑魚の相手はしないと現場に出なくなり、今野のニュースサイトを通じてキングトーチャーに宣戦布告を突き付ける。1人戦い続ける羽佐間は、苦労をしているのは自分だけだと自惚れを覗かせる。そのどちらにも嫌気が差し、警察をやめてでもヒーローたちと関わるのはやめようと思い始める後藤。

cap2013-12-06-10h14m09s187.jpg
cap2013-12-06-10h14m34s182.jpg
cap2013-12-06-10h37m10s142.jpg

 そんなある日、傷つき倒れたまりことフラメンコダイアの画像が羽佐間の携帯に送られてくる。それはキングトーチャーからの『最終決戦』への誘いだった。

cap2013-12-06-10h25m56s90.jpg
cap2013-12-06-10h26m03s165.jpg

 原塚の助けを借り、羽佐間はキングトーチャーの元へと急ぐ。

cap2013-12-06-10h27m16s111.jpg
cap2013-12-06-10h27m37s72.jpg






・感想

 冒頭の電話を待ってくれる怪人や、自転車にベルを鳴らされる出待ち戦闘員が悲しすぎる。

cap2013-12-06-09h11m40s159.jpg
cap2013-12-06-09h10m52s97.jpg


 こんな感じで前回から淡白でゆるい展開が続くなーと油断してたら、いきなりの今野拷問シーン。上手いことだらけてた雰囲気を崩されました。また面白くなってきた、気がします。

 作中でも言われてる通り、敵が何をやりたいのかわからないのが何よりも不気味です。
 最初のギロチンゴリラの一件こそ死者も出てインパクト抜群でしたが、それ以降民間人も含めて犠牲者ゼロ。怪人たちが展開する作戦はどれもこれも成功させる気が無いかのような変なものばかりで、戦いが一段落するとすぐ負けを認めて自爆する。そんなんだから一般人も『悪の組織とヒーローが戦う日々』にすっかり慣れてしまって、街中で戦いが展開されても携帯いじりながら素通りする有り様。

 このバランスの悪さ、ワザとやってるとしか思えないですね。あんな怪人を生み出す組織力や科学力、そしてギロチンゴリラの時や今回の拷問に見られる非情さをもった組織が、真面目にやってこんなグダグダな結果ばかり出す訳ありませんから。
 しかしそうすることでどんな目的を達成できるんでしょう、キングトーチャー一味は。サムライフラメンコに固執する理由も気になる所。


 6話まで見た段階ではヒーローに憧れる青年とその周りの人物たちのドタバタを描くコメディを楽しみ、7話の衝撃展開からは戸惑いながらも本当にヒーローになっていく青年の奮闘を描くシリアスな展開を期待していましたが、そのどちらとも違うまったく予想しなかった方向に進んでいてまだちょっと戸惑ってます。しかしそれ故吸引力は抜群。続きが気になって仕方ないっす。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/12/06 10:43 ] サムライフラメンコ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サムライフラメンコ 第9話「抗えぬノルマ」
サムライフラメンコの第9話を見ました。 第9話 抗えぬノルマ キング・トーチャーの怪人の襲来もすっかり日常化し、迷惑行為程度にしかならない怪人達のささやかな攻撃にまりは物足りなさを感じ、戦いに出てこないでいた。 「やってられない、あんなの」 「はぁ!?」 「アイツら毎回毎回、同じパターンで変な作戦仕掛けてきて最後自爆して終わりだし。マンネリっていうか刺激がないのよね...
[2013/12/06 13:27] MAGI☆の日記
アニメ「サムライフラメンコ」 第9話 抗えぬノルマ
デートTIME(2013/12/04)ミネラル★ミラクル★ミューズ商品詳細を見る 正義と悪として、ノルマを果たそうじゃないか。 「サムライフラメンコ」第9話の感想です。 決戦へ。 (物語をなぞりつつ、感想など) 傷つく人々。 さすがというか……トーチャーさんは拷問することにためらいなさすぎ。さすがボス。 刺激が欲しいという言葉が現実になったわけですが、さすがにあそこまでひど...
[2013/12/06 17:16] 午後に嵐。
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: