架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

ガリレイドンナ 第7話『ソルトフィッシュ』 あらすじと感想

・あらすじ

 病院で星月のペンダントから巻き起こったすさまじい力。そしてアドニムーンがエネルギー資源を売る企業だという点から、星月たちは『ガリレオテゾロ』がエネルギー資源であり、ペンダントもその1つではないかと推測する。

cap2013-11-26-15h20m00s16.jpg
cap2013-11-26-15h20m07s85.jpg


 メタンハイドレードを独占するアドニムーンが手にすれば独占するに決まっていると、絶対に渡さない覚悟を決める葉月と星月。しかしアドニムーンの巨大飛行船とロベルトの操るアザ・アイアンに急襲され、ガリレオ号は大破。船を降り、ペンダントを餌におびき寄せたロベルトを人質に取ろうとするも返り討ちにあってしまう。

cap2013-11-26-15h22m35s26.jpg
cap2013-11-26-15h23m32s67.jpg

 みんなを守るため、ペンダントを差し出す神月。なんとか一命は取り留めたものの、何もできなかった悔しさに葉月は歯噛みする。だが不時着した島は次のスケッチがあると思しき場所だった。スケッチを集めた先にも『ガリレオテゾロ』があるならまだ勝負は終わりではないと、旅を続ける覚悟を決める。

cap2013-11-26-15h24m49s90.jpg
cap2013-11-26-15h26m22s244.jpg

 無事探し当てたスケッチを解析すると、次の隠し場所は星月が焦がれた国、日本だった。

cap2013-11-26-15h27m08s191.jpg
cap2013-11-26-15h26m52s35.jpg






・感想

 アンナさんの通じてる先がロベルトだったという最悪のパターン。なんちゅー女や!
 とは言ってもロベルトのために仕方なくであって別に人非人というわけではなさそうですけど、となると彼女がそこまであの鉄仮面男に入れ込む理由が気になりますな。何かから救われた(と少なくとも彼女自身は思っている)ようですが。

 最終的に愛しているけど全く振り向いてくれない男をとるか、共に旅を続けて情が移った三姉妹をとるか。
 見ものでござる。



 そして問題のガリレオテゾロとはエネルギー資源だったと。
 星月が持ってたペンダントもガリレオテゾロの1つみたいですが、中の砂がそのエネルギーになるものなんですかね。6話で発動した時にはここだけ光ってましたが。

cap2013-11-26-14h39m36s80.jpg

 ペンダントはただの入れ物に過ぎないのかエネルギーを取り出すための装置になっているのか、発動条件は何なのか、などまだまだ気になる部分が盛り沢山。
 っていうか、一番気になるのは何かと金魚がモチーフに使われてることだなー。これも何か深い意味があるのかしら。



 5話以降重い展開が続いてますが、それでも一応、葉月たちはまだ希望は捨てておらずやるべきことは見えています。これから3姉妹の快進撃が始まる……というのはさすがに難しいと思いますが、上手いことアドニムーンたちの裏をかいてやってほしいなと期待しつつ、続きを見守りたいと思います。



 ところで。

cap2013-11-26-15h12m51s251.jpg

 1話の星月ちゃんといい、女子の細腕で片手持ちできるなんてどんだけ軽いんですかねこの可変バイク……。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/11/26 15:33 ] ガリレイドンナ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: