架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

凪のあすから 第5話『あのねウミウシ』 感想

 あかりの恋模様、ひとまず気持ちの面では決着つきました。

 やっぱり至(この人劇中で名前出てきたっけ?)のことも美海のことも好きなあかり。彼女のことがキライなのではなく好きだから、かつての母親のように離ればなれになる可能性が怖くて避けていた美海。
 二人とも自分の本当の気持ちと向き合い始めました。まだ汐鹿生の掟の問題が残っていますが、多分あかりは村を出ることになるでしょうね。

cap2013-11-04-10h12m32s150.jpg


 父ちゃんはなんだかんだで最終的にはあかりの意志を尊重している様子。「あかりにはあかりの人生がある」って、うろこ様にきっぱり言ってました。でも「陸の男はやめておけ」って言ったのも、神主としての立場上の発言というだけでなく本音でもあるんだと思います。村の人間が外へ行ってしまうのは海の人間の衰退に繋がりますし、何より大切な娘がもう村に戻ってこれないなんてかなり堪えるでしょうから。
 あまりスポット当たりませんが、父ちゃんもつらい。



 今回光は大活躍。あかりの背中を押し、美海ちゃんの気持ちも受け止めて、2人が家族になれるようがんばりました。同時に、自分の気持ちにも向き合いつつあります。誰かを好きになった結果苦しい思いをすることになっても、好きになることを否定したくはない。そんな風に思えるようになった今の光なら、もしまなかが紡を選んでもきっと大丈夫でしょう。

cap2013-11-04-10h11m34s73.jpg


 しかし解決する恋あればこじれる恋あり。

cap2013-11-04-09h23m00s110.jpg
cap2013-11-04-09h23m04s164.jpg

 ちさきちゃんがますますどつぼに……。
 光にはまなかとくっついてほしいと思っているちさき的にこれはまずい。意図せず光の恋路を邪魔する形になってしまいました。まなかは光に対して少なくとも今のところ恋心はなさそうな感じですが、仮にあったとしてもちさきの気持ちを知ってしまったら遠慮するでしょう。これから先恋心が芽生えたとしても以下略。
 どうするちーちゃん!?



 ところで冒頭のうろこ様と光パパの会話が何やら意味深でしたな。
「地上と海とはその境を完全にするべし。やがて地上は……。ぬくみ雪はすべての前兆」
 って、なんだおい。まるで地上がもうすぐ滅びるかのような口ぶりだぞ。
 海の人間と陸の人間が結ばれてはいけない掟も、単に子供の問題だけでなく何か深刻な理由があるんでしょうか?







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/11/05 10:23 ] 凪のあすから | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: