架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

凪のあすから 第2話『ひやっこい薄膜』 感想

 ちくしょー木原の野郎まなかに近づきやがって地上の人間がああでも悪いやつじゃないんだよなくそ、とただでさえ思春期で不安定な心が環境の変化についていけず混乱中の光くんに追い打ちをかけるように、あかりに地上の恋人が! 

cap2013-10-17-17h07m49s48.jpg
cap2013-10-17-17h07m55s104.jpg

 しかも地上人と結ばれたら村から追い出されると来たもんだ。光の頭はもう爆発寸前でしょう。


 あかりの恋模様には否が応でもまなかを重ねてしまうでしょうね。家族の幸せは応援したい。しかし相手はにっくき地上人。その恋を応援するということは、遠回しにまなかの紡への恋も容認することになってしまう。そんなのまなか第一の彼には到底受け入れられないはず。しかももし結ばれたらあかりは村を追い出されることになるんです。大事な家族が。
 だけど光は気づいてるはずなんですよね。彼氏といた時のあかりの顔が家族や友人と一緒にいる時とはまた違う幸せに満ちていることに。そこに気付けないほど鈍感なわけでもありますまい。

 俺はどうすればいいんだー! って感じでしょう。しかも彼、自分がまなかに惚れてることをはっきり自覚してませんからなおのこと混乱具合は凄まじいことでしょう。だからちさきにまで八つ当たりしちゃう。

cap2013-10-17-17h16m34s190.jpg

 光のヤローちさきちゃん泣かしやがって。可愛いけど。

 次回予告の「お前のせいであかりが泣いてんだよ!」ってセリフ、やはりこれはあかり彼氏に突撃しちゃうのか? しかしそんなことしてもあかりは悲しむだけだぞ光。本人もわかってるんだろうけど。



 そんな光の混乱具合を気にかけつつも、まなかのこころはすっかり紡一直線。煮物投げつけてしまいにゃ土下座までして「呪ってくれ」などと言う始末。

cap2013-10-17-17h21m55s69.jpg

 アホの子だwww
 他に気を引く方法が思いつかないんでしょうね。でもまあ不器用だけど、一皮向けようと行動を起こしてるのは今のところ彼女だけです。

 でも、これは果たして恋なんでしょうか。ずーっと海の村で光たちに守られてきたまなかにとって、光と要以外の同年代の男子ってだけで珍しい存在でしょうし、どうしても警戒心を抱いてしまう地上人の優しさに触れたギャップから気にかかるというのもあるだろうし、状況に酔ってるだけってのもあると思うんですよね。
 なのできっと、まだまだ光にもチャンスが……あるといいなあ。



 そして光に負けず劣らずややこしい心境のちさきちゃん。
 光のことが好きなので、彼女にとってまなかが紡と結ばれるのは好都合。だけどそれは大好きな光の不幸であり、まなかとの別れにも繋がってしまう。でもでも、まなかが紡のことを好きならそれを応援するのも決してやましいことでは……
 ってな感じでどうにも身動き取れない状況に。



 なんかもー全方位青春なアニメですな。眩しすぎて日陰に生きる私には目と心が痛いけど、続きも楽しみに待ちますよ。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/10/17 17:52 ] 凪のあすから | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: