架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

進撃の巨人 第24話『慈悲 ―ストヘス区急襲 (2)―』 あらすじと感想

・あらすじ

 巨人と化したアニ・レオンハートは、エレンが死なない可能性に賭けて地下道を踏み抜くという強引な手段に出る。
 退路を断たれて閉じ込められてしまったエレン達。

cap2013-09-23-10h14m54s75.jpg
cap2013-09-23-10h15m16s42.jpg


 巨人化して対抗しようと試みるエレンだが、アニが敵という事実を前に躊躇いが生じうまくいかない。万事休すの状況を前に、アルミナンは自分かミカサのどちらかを犠牲にしてエレンを逃す作戦に出る。

cap2013-09-23-10h16m02s255.jpg
cap2013-09-23-10h17m41s209.jpg

 その時再びアニが踏み抜いた地下道の瓦礫に飲まれ、身動きが取れなくなってしまうエレン。朦朧とした意識の中、アルミンの言葉が響く。
「何も捨てることが出来ない人には、何も変えることは出来ない」

cap2013-09-23-10h19m15s134.jpg
cap2013-09-23-10h19m23s212.jpg

 エレンは思い出す。仲間への絆にすがった結果、リヴァイ班のみんなを死なせてしまったこと。目の前で巨人に母親を食われたこと。巨人への憎しみを、世界は残酷だということを。
 それらを原動力に巨人となることに成功し、エレンはアニへと躍りかかる。

cap2013-09-23-10h21m05s206.jpg
cap2013-09-23-10h21m22s123.jpg
cap2013-09-23-10h21m51s161.jpg






・感想

 皆さん、今回ちょっと顔怖すぎです……。

cap2013-09-23-10h12m29s167.jpg
cap2013-09-23-10h12m48s100.jpg
cap2013-09-23-10h13m05s9.jpg



 後半部分は原作からかなりアレンジされて、アクションシーン増し増しな内容になってました。個人的には映像作品に合わせたいいアレンジだと思う。

 一番美味しい思いしたのはなんといってもジャンかと。アクション自体はそれほどなかったけれどカッコ良かった。中年の憲兵団がうろたえるばかりの中「俺も行きます!」って躊躇なく駆け出すところとか、屋根の上で突っ立ってるだけの憲兵団を見て「俺もあっち側に~」ってぼやきながらも足を止めずに走り続けるとことか。
 勇ましくなったなぁ。ジャンファンにはたまらないアンレジじゃないでしょうか。少し格好良すぎる気もするけれど(笑)。


 若干残念だったのはハンジさん。あそこでうだうだ言わず目を潰してればそれだけでも大分有利だったような……獲物を前に舌なめずりは三流のすることだって某高校生軍曹が言ってましたよ。彼女の場合、巨人に対して恐怖と憎しみと好奇心が綯い交ぜになった混沌とした気持ちが誰よりも強いようなので仕方ないかもしれないけれど。


 そしてアルミンは、どんどん『捨てられる人』になっていってますね。彼は将来、エルヴィンさんのような決断力を持った人になるんでしょうか。そんなアルミンくんは見たかないような気もしますけど、それだけこの世界は残酷なのでしょう。



 次回、いよいよ最終回。ほぼ間違いなくやると思われる2期へおもいっきり続く形で終わりますので、しばらく悶々とすることになりそうです。







関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/09/23 10:31 ] 進撃の巨人 | TB(1) | CM(2)
アニメオリジナルシーンは各キャラに見せ場があって良かったんですがエレンが原作よりかなりヘタレに見えたのは残念でした。アクションシーンを増やすならエレンが巨人化した後でも良かったと思うんですよね

2期はやると思いますがいつやるんですかね?人気を考えたらすぐにやるのがいいと思うんですがすぐにやると原作に追いついてしまうと思うので1~2年はあけてもらいたいですね。進撃の巨人はオリジナル要素も原作を補完する形で丁寧に描かれていますが原作のあるアニメのオリジナル展開はつまらなくなるイメージなので
[ 2013/09/23 21:53 ] [ 編集 ]
> アニメオリジナルシーンは各キャラに見せ場があって良かったんですがエレンが原作よりかなりヘタレに見えたのは残念でした。

そこは気になりましたね。原作だとミカサの言葉を聞いた後スパっと決断して巨人化するエレンですが、アニメだとあそこまでズタボロにされてやっとですから。多分、エレン巨人化という一番盛り上がる部分をラストに持ってきたかったがゆえのあの構成でしょうか。


アニメオリジナル展開と言うのは確かに妙につまらない印象が……でも多分、多くのアニメってそれなりに売れてる原作の宣伝的な意味合いが強くて、予め厳しい予算と期間で1クール~2クール程度で終わらすの前提で作ってるからそうなると思うんですよね。
進撃の巨人の場合、すでに原作が売れに売れててブームが冷めてもかなりの固定ファンが残ってそうですから、慌てて作る必要なさそうです。今のところアニメの方も半端ないほど力入れてくれてるイメージですから、この調子で原作をなぞるにせよオリジナルになるにせよ他のアニメより贅沢な環境でいいものに仕上げてくれる、と思いたい……。
[ 2013/09/23 22:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

進撃の巨人 第24話 「慈悲-ストヘス区強襲②-」
「分かってるんでしょう? 女型の巨人がアニだって事  じゃあ 戦わなくっちゃダメでしょ」 女型の巨人がアニと言う事実に 巨人化出来ないエレン! ストヘス区ではエルヴィン団長の指示で調査兵団による捕獲作戦が展開 アニが女型の巨人である事を確かめる為に地下通路へと誘い込もうとしたアルミン しかし作戦は失敗、女型の巨人となったアニが再び襲い掛かる! …と言う事で アニメ...
[2013/09/23 20:07] WONDER TIME
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: