アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。
前の記事 ホーム 次の記事

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 第12話『超高校級の不運が 超高校級の殺人と 超高校級の処刑と 超高校級の絶望を 引き寄せた理由』 あらすじと感想

2013年09月21日09:38  カテゴリ:ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
・あらすじ

 戦刃むくろ殺しの犯人及び学園の真実を暴けるか、自分たちが死ぬか。
 最後の学級裁判が始まるに当たり「公平を期すため」と学園内の全てのロックが解除される。

cap2013-09-21-09h01m53s4.jpg
cap2013-09-21-09h02m06s129.jpg

 まるで廃墟の様に朽ち果てた寄宿舎2階を訪れた苗木と霧切。学園長の個室にて、本人と思われる遺骨とメモリーカード、学園長用の電子手帳を発見する。メモリーカードには苗木を始め生徒たちがこの学園で一生を過ごす可能性を学園長に了承する様子が動画で収められており、全く記憶に無く混乱する苗木だが、そこへモノクマが現れてパソコンを破壊してしまう。

cap2013-09-21-09h02m54s106.jpg
cap2013-09-21-09h03m32s217.jpg

 仕方なく他の部屋の探索を続けるうちに、ロッカールームで葉隠のノートを発見。この学園に来てから一度も授業など受けていないにもかかわらず、なぜか授業でとったような内容が書かれていた。別のロッカーには霧切のものと思しき手帳があり、そこには『希望が峰学園をシェルター化し、生徒たちに共同生活を送らせる計画。その発案者である父に直接話を聞くことにした』とメモされていた。

cap2013-09-21-09h05m07s151.jpg

 さらに探索を続け訪れた生物室。そこは死体安置所も兼ねていたが、被害者は10名のはずが使用されている冷蔵庫は9つだけだった。訝しむ苗木にモノクマはヒントと称して1枚の写真を残していく。そこには苗木以外の戦刃むくろを含む生徒15人が映し出されていた。

cap2013-09-21-09h06m05s221.jpg
cap2013-09-21-09h06m17s94.jpg

 探索の時間は終わり、モノクマも参加して始まった最後の学級裁判。他のメンバーもそれぞれ自分だけが写っていない写真をモノクマから渡されていた。覚えのない動画の内容やロッカールームの不可解な荷物などから自分たちの記憶が失われている可能性を苗木が指摘すると、モノクマは一同の記憶を奪ったことをあっさりと認める。

cap2013-09-21-09h07m22s225.jpg
cap2013-09-21-09h08m16s250.jpg

 さらにそれぞれが受け取った写真にはっきり顔が写っていないことや、生物室の死体置き場の冷蔵庫が9つしか使われていないこと、戦刃むくろの死体に江ノ島盾子と同じ傷跡があったことなどから、戦刃むくろ殺しの犯人は今も生きて学園に潜んでいる江ノ島盾子であり、記憶がない一同に見分けがつかないのを利用して最初から2人は入れ替わっていたのだと苗木は推論。

cap2013-09-21-09h09m52s184.jpg
cap2013-09-21-09h10m05s66.jpg

 全てを認め、正体を現す本物の『江ノ島盾子』。戦場むくろとは双子の姉妹だという彼女は「あなた達のような人間が現れるのを待っていた」と一同に告げるのだった。

cap2013-09-21-09h10m19s192.jpg
cap2013-09-21-09h30m32s99.jpg






・感想

 えー、実は。
 だいぶん前にいろいろ検索してるうちにうっかりネタバレ画像を見てしまって、どうやら江ノ島盾子がもう一回出てくるらしいことはぼんやりと知ってしまってたんですよね……といっても「ああこれネタバレだやべぇ!」と思って慌てて逃げたので、戦刃むくろと双子とかその他詳しいことは何も知らないんですけど。
 そんなわけで、江ノ島再登場(正確には初登場なんだけど)自体にはあんまり驚けずちょっとショボンな私でした。今思えば、2話で大神が雑誌との違いを指摘してたのもちょっとした伏線だったんだなぁ。

 その江ノ島盾子ですが、いまいち外見と声が合わずちょっと吹き出しちゃったのは私だけでしょうか。

cap2013-09-21-06h49m18s232.jpg

 お前腐川とキャラ被ってんぞ。



 さてさてとりあえず戦刃むくろ殺しの犯人は判明して、残るは本筋の謎のみというところで終わった12話。
 学園シェルター化計画とは一体なんのためなのか、なぜ一同は了承したのか。なぜその学園でこんな悪趣味なゲームをしたのか、江ノ島盾子の目的とは。霧切と学園長になにがあったのか。

 気になる点が盛りだくさん。特にシェルターっていうのがびっくり。外の世界ではそんなものが必要な事態なのか、それともこれから起こる可能性があるのか。以前モノクマが言ってた「人類史上最大最悪の絶望的事件」とやらにも関係してくるんですかね。学園のいたるところがボロボロなことや、10話でモノクマが言ってた「あれから2年」との関連性も気になる。

 個人的な予想では……と言っても割りとひねりのないベタなものですけど、1話冒頭の苗木君が入学してから今現在まで実は2年経ってて、その間の記憶をごっそり抜かれてるんじゃないかな、って思ってます。件の写真などはその間の学園生活を収めたものでは? そしてその2年の間で何かが起こり、このゲームが始まってしまったと。


 霧切パパこと学園長はシェルター化計画の発案者みたいですけど、すでに死んでることやヒントを残していることなどからこの殺人ゲーム自体には反対してたのかな? どうも江ノ島盾子が計画を利用しているような気がする。そして最初から入れ替わっていたってことは、戦刃むくろも噛んでるのか? いやでも殺されてるしなぁ、記憶を入れ替えられて利用されてたに過ぎないんだろうか。



 ともかく後は結末を待つのみです。次週、一同はすべての謎をとくことができるのでしょうか。
 ……もうここまで来たら誰も死なないよね?(まだちょっと怖い)







関連記事
前の記事 ホーム 次の記事