架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。第14話『俺が彼女に告白なんてするわけがない』 あらすじと感想

・あらすじ

 クリスマスも目前に迫ったある日。
 京介は黒猫の元へと赴き「お前とは付き合えない」とはっきり告げた。その理由を、胸に秘めたある想いを大声でぶちまける。

cap2013-08-18-21h10m41s202.jpg
cap2013-08-18-21h11m18s46.jpg


 それから数日、クリスマスの日。とあるアニメショップのカップル限定グッズを口実に、京介は桐乃を秋葉原に誘い出す。二人で買い物を楽しんだ後、夜のスカイツリーに赴き、京介はそこで強い決意と共に話を切り出す。「好きな人がいるんだ」

cap2013-08-18-21h14m02s151.jpg
cap2013-08-18-21h14m59s210.jpg

 だが桐乃は最後まで聞かず、走りだして逃げてしまう。追いつけずに見失いそうになる京介の前に、香織の駆る車に乗って沙織、黒猫が現れる。

cap2013-08-18-21h14m27s150.jpg
cap2013-08-18-21h15m35s57.jpg

 3人の助けで無事桐乃を捕まえた京介は、ついに秘めた思いを告げる。「お前が好きだ」

cap2013-08-18-21h16m00s63.jpg
cap2013-08-18-21h16m29s88.jpg

 さらに告白を後押しするように香織の車のスピーカーから大音量で「俺は妹が好きだ」と告白する言葉が聞こえてくる。それはクリスマスの数日前、京介が黒猫にぶちまけた想いだった。想定外の事態に狼狽するも、ままよとばかりに告白を続ける京介。「どこにも行くな。結婚してくれ」

cap2013-08-18-21h16m36s166.jpg
cap2013-08-18-21h16m59s125.jpg

 桐乃はただ一言「はい」と返事をするのだった。

cap2013-08-18-21h17m12s3.jpg






・感想

 黒猫の涙、辛かったなぁ。
 なんであそこまで出来るんでしょうね、彼女。

cap2013-08-18-21h33m16s171.jpg

 しかも妹達の会話を織り交ぜてきやがるんですよくそう。
 たまちゃんの瞳が胸に刺さる……。

cap2013-08-18-21h19m42s227.jpg


 正直。1期の頃はまさかここまで直球に兄妹の恋愛を描かれるとは思ってませんでした。
 2期になってからは確かにそんな雰囲気漂ってましたけど。

 それでも、やっぱり兄妹エンドはないかな? みたいな、そんな微妙な雰囲気も残ってたんですよね。焦らし方上手いっすわこの作品。いや、私がそんな結末を望んでないからそんなふうに思い込んでただけかな。もちろん、まだ2話残ってますので、結ばれると決まったわけでもないですけど。


 それにしても、
『繁華街のど真ん中で』『痛車から大音量で』『加えて生の声でも』『妹に告白』
 ここまで恥ずかしい条件が揃ってる告白もそうそうないだろ。公開処刑ってレベルを超越してる。

「エロゲーと一緒にすんなって言ったな。確かに俺はあいつらほどすごいやつじゃない。ゲームみたいに格好良く告白なんて出来ねぇ」……いや、凄いやつだし、かっこいいんじゃないかな。自分の気持ちから逃げてないし。気持ち悪いけど(笑)。

 しかしですね。どぉ~しても腑に落ちんのですわ。
 そもそも京介はなんで桐乃に惚れた?


 ちょっと2人の関係を整理してみましょう。
 1期の1話が始まるまで、2人はほぼ絶縁状態だったわけです。ところがひょんなことから京介は桐乃のオタク趣味を知ってしまい、なし崩し的にサポートする羽目になり、その中で彼女の知らなかった一面を知っていき、どんどん惹かれて行ったと。

 こうして書き連ねてみると驚くほどオーソドックスなラブコメです。『それまで自分とは全く関わることがないであろうと思っていた高嶺の花的ヒロインの意外な一面を知ったことからあれこれ騒動に巻き込まれる内、彼女の意外な一面を知っていき次第に惹かれていく』というラブコメとしては極めてオーソドックスな構造ではあります。

 でも2人は兄妹なんです。なんで妹への愛情ではなく、恋愛感情まで行ってしまったんでしょう。考えられるのは、

オタク趣味を知っていくうちに妹モノというジャンルを知り、そこから妹を女性として意識できるようになった。

もともと絶縁状態であったため兄妹という意識が一般の兄妹に比べて薄かったので、上記の意識の転換は比較的容易だった。

妹が妹モノのゲームを愛好していることも後押しとなった(もしかしたら俺もイケるんじゃ?という密かな期待)。

最初に妹の趣味の理解者となったことで得た『自分が一番彼女のことを理解してる』という自信

思春期独特の性の暴走

⑥もともと嫌いだった相手を好きになったがゆえの反動の大きさ


 などの要因が混在した結果でしょうか。

 もし私のこの考えが合っているなら、あまり長続きする感情には思えませんが……私も子供じゃないので一度恋愛したからには死ぬまで貫き通さなきゃダメだ、なんて駄々こねるつもりもないんですけど、正直2次元の恋愛くらいそうあってほしい(笑)。


 なにはともあれ、2人の今後を予想するのは、残りの2話を見てからにしようと思います。




関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: