架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

神さまのいない日曜日 第2話『死の谷II』 あらすじと感想

・あらすじ

 2人の前に現れた墓守はスカーと名乗った。
 青年ハンプニー・ハンバードは初めてアイに会った時と同じように、次々と尋ね人に関する質問を投げかける。

cap2013-07-16-17h44m40s93.jpg


 愛想はいいが感情の感じられないその佇まいを指して、あれこそが本当の墓守だと語る青年。スカーにアイの村の死者を弔ってやれというが、意外なことにそこに死者はおらず正式に埋葬された者しかいないとうい答えが返ってくる。喜ぶアイを、彼女は正式な墓守だと認める。

cap2013-07-16-17h45m52s53.jpg
cap2013-07-16-17h46m03s164.jpg

 スカーと別れ、青年はアイにこれからどうやって生きていくのか尋ねる。アイは墓守として生きていくことにこだわるが、純粋すぎる彼女が具体的な方針もなく生き方も知らないまま世間に出てもなぶり殺しに合うだけだと冷たくあしらわれる。それでも墓守としての生き方は捨てられないと答えるアイに「なら墓守のままここで死ね」と銃を向ける。

cap2013-07-16-17h47m01s233.jpg

 引き金が引かれようとしたその時、彼の胸を一発の銃弾が襲う。撃ったのはユリーと名乗る中年の男だった。彼は青年のかつての親友であり、すでに死者となっていた妻を墓守から隠し生きていたことがあったが、その妻を青年が『動けなく』してしまったため仇討ちのためにつけ狙っていた。
 だが青年は不老不死であり、胸を撃たれてもなお立ち上がる。ユリーの決闘の申し込みを受け、夜明けに村の広場で待つと言い残し去っていく。

cap2013-07-16-17h47m39s98.jpg
cap2013-07-16-17h49m37s242.jpg
cap2013-07-16-17h51m34s143.jpg

 アイは村を出る決心を固める。ユリーとの決闘をボイコットし出発する青年となりゆきで同行することになるが、途中で足を痛めてしまう。そんなアイを、一度は殺そうとしたはずの青年が何故かおぶさってまで連れて行ってくれる。

cap2013-07-16-17h52m58s214.jpg
cap2013-07-16-17h53m56s23.jpg

 その夜、キャンプ中に色々な話をする2人。アイは12歳だが、人が死ななくなった15年前から新しい人間も生まれなくなったため、その年頃の人間がいるはずがなかった。青年は彼女が墓守と人間の間に生まれた間の子だろうと予想する。
 青年は今の世界は神様が人間の願いを叶えた結果だろうと思っていた。死にたくないと思ったから人は死ななくなり、やっぱり死にたいと思ったから墓守が生まれた。そして青年自身は、元来日光に弱くろくに学校へも行けなかったが、15年前のその日は安定していたため「ずっとこの状態が続けばいい」と願い、本当にそれが叶って不老不死となった。

cap2013-07-16-17h54m45s4.jpg
cap2013-07-16-17h55m42s62.jpg

 今の世界では綺麗なままで死んだ人は生前と変化ないように振舞うが、時が立つにつれ生存本能だけが強くなり獣のようになっていく。そんな者の側に情に深い人間がいたら悲惨なことになる、それが親友であるユリーの妻を「動けなくした」理由だった。
 アイはなぜ村人たちを殺したのか尋ねる。だが青年は答えない。
「俺が答えなくてもお前はいずれ見つけることになる。あの村に封じられた秘密についてもな」

cap2013-07-16-17h56m57s51.jpg
cap2013-07-16-17h57m09s159.jpg






・感想

 ハンプニー・ハンバードは屈折してるけど一応優しいやつですね。
 ユリーの奥さんを動けなくしたのはいずれ来る『変化』から彼を守るためであり、アイに銃を向けてまで墓守をやめさせようとしたのも世間知らずの彼女が墓守丸出しで世を出歩いて深く傷つかないようにするためだったみたいですから。

 ただかなり一人よがりではあります。見ようによっては彼の行為は「余計なお世話」です。「相手が死者だろうと最後はどうなろうと俺は幸せなんだからほっとけ」ってのがユリーの言い分ですから、ハンプニーが彼の奥さんを動けなくしちゃったのはホント迷惑以外の何物でもないと思う。
 恨まれることくらい理解してただろうに、ハンプニーには何かよっぽど死者の存在を許せない理由があるようですね。


 ところで普通の墓守って、死者を見つけたら問答無用で埋葬しようとするんでしょうか? ユリーが墓守から奥さんを隠してたってことや、ハンプニーの口ぶりからそうとも取れますがどうなんでしょう。
 死者自身がまだ埋葬されたくないって拒否った場合と、生者が死者をかばった場合、その時は実力行使なんでしょうか。スカーは「生者が良き人生を送るように務めるのも責務」って言ってたけど、生者を助けるのと死者を埋葬するの、どっちが優先するんだろう。
 もし埋葬が最優先事項で強制するなら、死者にすがりついてるタイプの人間にとってはまさに死神、まさに人殺しなんでしょうなぁ。埋葬されたがってない死者自身からは言わずもがな。


 とりあえず現在の本筋に関係しそうな主な謎は、

・ハンプニーの目的
・アイの出生の秘密、及び村の秘密

でしょうか。多分、神様は本当にいるのかとか、この世界がどうしてこうなってしまったとか、そこまでスケールが大きくて根本的な部分は明かされないタイプの作品だと思いますし。

 ハンプニーに関しては、すごいベタですけど、探している相手『ハナ』はすでに死んでる恋人か家族なんじゃないですかね。んで見つけ出して動けなくするのが目的とか。ユリーが持ってたこの写真、

cap2013-07-16-17h40m53s148.jpg

 この一番左に写ってるのがハンプニーなら、その隣が『ハナ』? あーでも身長は一緒くらいって言ってたしなー……ここから成長した可能性もあるけど。
 あるいはそのハナに死後肥大した『わがまま』で何らかの被害を被って恨みを持ってたり(それこそ恋人を殺されてたとか)。
 まあまだ考えてもわからん段階なので、続きを心待ちにしましょう。





関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: