架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

翠星のガルガンティア 第11話『恐怖の覇王』 あらすじと感想

・あらすじ

 かつての上司、クーゲルとの再会を果たすレド。
 病気に侵されコクピットから出ることは出来ない状態だったが、生きて再会できたことに喜びを覚える。

cap00002_20130617133424.jpg
cap00003_20130617133423.jpg

 クーゲルは恵まれた環境にありながらヒディアーズに怯える人類に戦い方を教え導くことこそが自分たちの使命だと主張。マシンキャリバーの力によって船団を統率し、結果人々は幸福になったと言う。力で押さえつけることで本当に幸福なのか疑問に感じるレドに、クーゲルは「この星を作り変えないか」と持ちかける。

cap00004_20130617133421.jpg
cap00005_20130617133420.jpg

 一方ピニオンはクーゲルの船団に向け遺跡の武器を発砲するが、相手も同レベルの強力な武器で反撃してくる。周囲を囲まれ、レドとチェインバーも失った今対抗するすべはないと悟り、交渉役として相手の船団へ。そこで遺跡の武器を修理した腕を買われ、技術将校として招かれることになる。船団は反乱の可能性を抑えるため、バラバラに分割されクーゲルの船団に取り込まれることとなった。

cap00006_20130617133507.jpg
cap00007_20130617133505.jpg
cap00008_20130617133503.jpg

 クーゲルの言うことが本当に正しいのか悩むレドに、早速1つの仕事が割り振られる。
 内容は大規模な啓蒙活動。対象はガルガンティアだった。

cap00009_20130617133502.jpg
cap00010_20130617133501.jpg






・感想

 レドくん、ついに上司と再会。
 クーゲルさん、というか軍のある程度の地位にいる人はヒディアーズが人間だと知ってたんですね。今現在レドが抱えているような葛藤は当の昔に通り過ぎてる様子。レドもそれに倣って躊躇いなく戦うようになっていくのでしょうか。

 しかもクーゲルさん、コクピットを出ての直接の触れ合いがないせいでしょうか、地球人より自分のことをはるかに高みあると認識し、機械的に効率よく導くことを優先している様子。直で触れ合い心通わせてしまったレドと違って扱い方に容赦がありません。
 その次の啓蒙対象がよりにもよってガルガンティア! レドは果たして、自分に生きる楽しさを教えてくれたエイミーたちを力で支配することなんて出来るんでしょうか?


 大海賊(笑)ラケージさんも意外な再登場。
 やっぱりクーゲル船団に取り込まれた口ですかね。しかしそこはさすがに大海賊(笑)、どうやら何かを企んでる様子。さしずめ今は雌伏の時といったところでしょうか。初登場時は相手の力量を見誤って大海賊(笑)としか言い用のない無様な姿を晒しましたが、今度は何かしら活躍してくれそうな予感です。

 ところでさっぱり分からなかったのがこのシーン。

cap00011_20130617133625.jpg
cap00012_20130617133624.jpg

 なにしてるんでしょう。気になる!



関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」
翠星のガルガンティアの第11話を見ました。 第11話 恐怖の覇王 友軍機の反応をキャッチしたとチェインバーから言われたレドが反応を探すと、上官のクーゲル中佐の搭乗するス
[2013/06/17 14:55] MAGI☆の日記
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: