架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

銀河機攻隊マジェスティック・プリンス 第9話『開示』 あらすじと感想

・あらすじ

 勝利を目前にしながら、なぜか撤退を始めるウルガル。
 形式上は地球側の勝利に終わった『ケレス大戦』だが、実質全滅レベルの損害を負い、兵達の士気は落ち込んでいた。

cap00005_20130531104852.jpg
cap00006_20130531104853.jpg


 イズルは戦闘中に見たウルガルの姿など、一切の他言無用を言い渡される。プールで出会った少女にそっくりなこと、その少女に見覚えがあることなどから何か自分の失った記憶に関係があるのではないかと問い詰めるが、話は強引に打ち切られてしまう。納得いかず思いつめていると、件の少女と偶然再会する。なぜか逃げ出す彼女を追うも、付き人に投げ飛ばされ結局追いつけなかった。

cap00010.jpg
cap00009_20130531104928.jpg

 後日。
 呼び出されたチームラビッツは、激化する今後の戦闘に備え最高機密レベルの情報を与えられる。その内容は先日イズルが目にしたウルガルの正体にも関わるものだった。

cap00011.jpg

 ウルガルが人間と変わらない外見の生命体であること。アッシュがウルガルの機体と同じ技術を使って造られたこと。ウルガル侵攻の情報やアッシュの技術を提供した亡命者がいること。
 一同の前に現れたその亡命者こそ、イズルが2度出会い、微かに記憶に残る件の少女だった。

cap00012.jpg
cap00013.jpg






・感想

 アッシュがウルガルの技術で造られたという私の予想が当たりましたが、意外とあっさりバラされましたな。

 それにしても司令が言ってた「人間ではない。あくまで我々とは異質な生命体だ」ってセリフが気になります。言葉通り見た目は地球人と同じでもいろいろ中身に違う部分があるのか、それともあくまでこいつら敵だからな手心加えるなよーって念押しする意味なのか。

 あとウルガルの発祥も気になる。某木星蜥蜴や某ヴェイガンみたいにもとは地球人だったのが何らかの事情で宇宙の彼方へってパターンか、逆にウルガルの遠い子孫が地球人だったりするのか。


 で、あれですね、どーもケイがですね、

cap00001_20130531105009.jpg

 これはジェラシーですよね!? イズルにホの字!?
 ……ホの字って恐ろしく古い言い回しですよね。今文章打ってて自然に出てきて自分でびっくりしました。やっぱ私おっさんなのね……。

 それはさておき、テオーリアってやっぱりイズルと知り合いだったんですね。でもウルガルの彼女がいったいどういう関係だったのでしょう。
 作中で亡命してきた時期が明言されてませんが、アッシュの開発のことなんかも考えると1・2年前ってことはなさそう。アニメキャラの年齢を外見で図るのって難しいですけど、彼女の現在の年齢が16~25くらいとしたら、亡命してきた頃は高くても10代後半くらいでしょうか?
 養子に出されていた頃のイズルと出会って遊んだ幼馴染とか? もしくはもっと凄い秘密が?

 次回はテオーリアから色々話が聞けるみたいですが、どこまで明かされるのか楽しみ。



関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

銀河機攻隊マジェスティックプリンス #009「開示」
銀河機攻隊 マジェスティックプリンスの第9話を見ました。 #009 開示  ジアートの攻撃を受けたイズルのコックピットが露になるのだが、その際ジアートの姿を確認する。 ジア
[2013/05/31 11:26] MAGI☆の日記
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第9話「開示」
圧倒的優勢からのウルガル軍の不可解な撤退でケレス大戦は終了となる。 人と同じ姿のジアートを見たイズルには口外禁止令が出されるが…。 テオーリアはイズルたちが、ウルガルに
[2013/05/31 21:45] 空 と 夏 の 間 ...
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: