架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

進撃の巨人 第8話『心臓の鼓動が聞こえる』 あらすじと感想

・あらすじ

 巨人を殺す謎の巨人の出現により運良く生きながらえたミカサ。ひとまず本部へ向かおうとするが、そこでアルミンが現状を打破する1つの賭けを提案する。
 それは謎の巨人を本部まで誘導し、他の巨人と戦わせその隙に脱出するというものだった。

10_20130528135450.jpg
09_20130528135449.jpg

 目論見は成功し、謎の巨人が戦っている間に猶予を得た一同。
 アルミン立案の作戦のもと、本部内の巨人を駆逐しガスを補給することに成功する。

08_20130528135533.jpg
07_20130528135531.jpg
06_20130528135530.jpg
05_20130528135528.jpg

 早速脱出を開始する一同だが、ミカサは今後のために謎の巨人についてもう少し詳しく調べられないかと思案する。謎の巨人は大勢の巨人を相手についに力尽き倒れるが、その死体、巨人の弱点である首筋から現れたのは、死んだはずのエレンであった。

03_20130528135652.jpg
02_20130528135650.jpg
01_20130528135649.jpg






・感想

 と、ゆーわけでついにこの展開がアニメでも。
 謎の巨人の正体はエレンでした。

 批判的な人の間では「非力な人間が恐ろしい巨人を相手に不利とわかっていながらも立ち向かうのが面白いのにこっちまで巨人になっちゃったら台無し」というものが多いようで、その気持ちもわかるのですが、何度も言うように個人的にはこれもありかなと思ってます。

 そもそも敵と同種の力で持って戦うというのはアクションものではごくごく定番なんですが、本作でそれが批判対象となってしまったのは『巨人化するのが遅かったので多少唐突感がある(原作では2巻最後の9話)』のと『巨人の恐ろしさを書きすぎたせいで、怯えながらも立ち向かう人間の格好良さばかりに目が行く』のが原因ではないかと思ってます。

 特に後者。作者が頑張ってしまったがゆえの弊害ではないでしょうか。
 個人的にはあれだけ恐ろしかった巨人と同種の力を手に入れ人類に希望が見え始めたのは結構カタルシスだったんですが。


 原作読んだ身として今回もう一つの見どころは、ジャンくんの今後への布石ですね。

04_20130528135653.jpg

 彼とマルコの会話は、今後のことを考えると結構ジーンと来ます。原作未見の人はジャンくんの今後をお楽しみに!



関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



[ 2013/05/28 13:59 ] 進撃の巨人 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

m(_ _)m巨人に謝る芋女 ~進撃の巨人 第8話「心臓の鼓動が聞こえる ――トロスト区攻防戦④――」~
進撃の巨人 第8話「心臓の鼓動が聞こえる ――トロスト区攻防戦④――」( ̄Д ̄)ノウイ 『サルでもわかる進巨講座』講師:井上麻里奈【黒板】\_(`・ω・)<やっぱあるんかコレ
[2013/05/29 11:21] 悠遊自適
管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: