架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

銀河機攻隊マジェスティック・プリンス 第8話『ケレス大戦』 あらすじと感想

・あらすじ

 敵に先手を打たれ、なし崩し的に始まった『ケレス大戦』。
 慌てて放たれた充填不十分の重レーザーは敵基地を破壊するには至らなかった。

10.jpg
09.jpg


 混乱する戦況の中、予定より早い出撃を余儀なくされる『チームラビッツ』。激戦の中で、イズルはかつて衛生設置任務の中で出会った強敵の白い機体と再び相まみえる。その段違いの強さに余裕をなくし、リーダーとしてチームを指揮できなくなってしまう。

08.jpg
07.jpg
06.jpg

 一時は統制を失い動きの鈍くなった『チームラビッツ』だが、イズルの激励の元一時的にリーダーとなったアサギを軸に徐々に戦況を立て直していく。

05.jpg

『チームドーベルマン』の活躍もあり艦隊全体も持ち直し、充填を完了した重レーザーを再度照射。敵基地を破壊することに成功する。だが喜びも束の間、予想外の角度から攻めてきた敵の伏兵によって重レーザー装置は破壊されてしまう。

04.jpg
03.jpg

 その頃白い機体との対決の中、コクビットの外装を破壊されてしまうイズル。その途端、敵は攻撃をやめ機体の外に姿を表す。外装の亀裂から直接目にしたウルガルの姿は、地球人と何ら変わらない人間そのものだった。

02.jpg
01.jpg






・感想

 今回は最初から最後まで戦いまくりでしたな。
 動きまくるアッシュを見られておなかいっぱいです。

 そしてついにお互いの姿を目視した地球人とウルガル。
 相手の驚きっぷりから察するに、どうやら向こうも地球人のことをよく知らなかったっぽいですね。イズルはウルガルの青年をいつか出会った女の子(テオーリア)に似ていると感じたようですが、ってことはやっぱり兄妹とか?

 アッシュがウルガル側の技術で作られたという私の予想がににわかに真実味を帯びて来ました。ヒロインっぽいくせに全然出番ないテオーリアがどんな立場のどんな目的を持ったキャラなのか、今後に注目ですね。


 ……今気づいたんだけど、前回初登場の山田さんがいきなり出番なくなっとるがな。


関連記事

ランキング参加中です。
良ければ押してやってください。
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: