架空チョコレート

アニメやゲームなど2次元、60センチドールと等身大ドールを中心に2,5次元、あと日常のことや気になったことなんでも。そんなブログ。

ドキドキ!プリキュア 第9話『ハチャメチャ! アイちゃん学校にいく!!』 あらすじと感想

・あらすじ

 学校へ行く途中、ジョー岡田からアイちゃんの子守を任されてしまったマナと六花。
 困り果てていたところに、シャルル・ラケル・ランスの3人が子守役を買って出る。
 一抹の不安を覚えながらも任せることにするマナ達。
 張り切るシャルル達3匹だが、アイちゃんは予想以上にパワフル、その上不思議な力で周りにあるものを自由に動かしてしまう。結局振り回される形で学校中を飛び回ったため、お化けが出たと学校は大騒ぎ。
 収める間もなく、さらにイーラが襲来。ジコチューを2体も呼び出してしまう。
 マナたちは駆けつけたありす・まことと共に戦うが苦戦。万事休すかと思われたその時、一同の危機を感じ取ったアイちゃんが不思議な力を発揮、プリキュアたちにいつも以上の力がみなぎる。
 アイちゃんのサポートとチームワークで見事にジコチューを撃退した4人は、1日頑張ったシャルルたちを労ってやるのだった。


PS3『バトライド・ウォー』仮面ライダーブレイドの声は椿さんご本人

http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/ganbaride/blog/?entry_134

 けんじゃきー。
 やったー。
 PS3持ってないけど。

 椿さん始めブレイドの人たちはゲームにしょっちゅう出てくれてファンとしてはホント嬉しいですね。
 これからも出続けて欲しいなぁ。


[ 2013/03/31 12:45 ] 特撮 | TB(0) | CM(0)

ドキドキ!プリキュア 第8話『きゅぴらっぱ~! ふしぎ赤ちゃん誕生!!』 あらすじと感想

・あらすじ

 王女やトランプ王国の手がかりを求め、改めてキュアラビーズをくれた青年の店を訪れるマナ達4人。
 肝心の青年は不在だったが、店内で巨大な卵を発見する。
 興味深く観察する一同の前で突然、卵が割れて中から人間の赤ん坊が誕生。明らかにおかしな赤ん坊に驚いたり愛らしさに夢中になったりと騒がしくなる一同だったが、仕事の時間が来たため真琴だけは先に帰ることに。
 青年の帰りを待つマナ達3人は、ぐずりだした赤ん坊がキュアラビーズを持っていることに気づく。使ってみるとミルク入りの哺乳瓶が現れた。赤ん坊はトランプ王国に何か関係があるのかもしれないと予想する一同の前に青年が帰宅。赤ん坊や卵のことを問い詰めるも、いつもどおりはぐらかされてしまう。とりあえず、赤ん坊の名前は『アイちゃん』と名付けられた。

 翌日、改めて店を訪れる4人。青年はジョー岡田と名乗る。真琴が王女やトランプ王国のことを尋ねるも、結局いつものように具体的なことは何も答えず、アイちゃんの世話を任せて何処かへ出かけてしまった。
 アイちゃんを連れて散歩に出る一同だったが、そこへマーモが襲来。ジコチューを呼び出し暴れはじめる。応戦するマナ達だが、敵の催眠攻撃で眠気に包まれまともに戦えない。動けないでいるうちにアイちゃんが泣き出してしまい、ジコチューはそちらに突進をかける。その時アイちゃの体から不思議な光が溢れだし、一同の眠気が吹き飛ぶ。光はすぐに消え、またマナたちも眠気に包まれてしまうが、真琴がマナに活を入れたのをきっかけに何とか復活。チームワークを発揮してジコチューの浄化に成功した。

 戦闘後、マナは一括してくれた真琴に礼を言う。真琴もまた笑顔で答え、初めてマナの名前を呼ぶ。一同の絆がまた少し強まるのだった。


ドキドキ!プリキュア 第7話『ぎりぎりの戦い! さらばプリキュア!!』 あらすじと感想

・あらすじ

 ベールの力により、トランプ王国へと飛ばされ妖精たちとはぐれたマナ達4人。
 そこは眠りにつく巨大なキングジコチューに見下ろされた、暗く荒廃した世界だった。
 トランプ王国出身であり、王国を守護する最後の戦士である真琴は、この世界に起こった出来事を訥々と語る。

 かつて、トランプ王国は平和な世界であり、真琴は王女アンジュや民衆に歌を聴かせ毎日を幸せに過ごしていた。だがある日、ジコチューたちの襲撃により国は崩壊の危機を迎える。
 アンジュ王女は自ら先陣を切って戦い、ジコチューのボス・キングジコチューを石化させ一時的に封印することに成功するも、自らも力を使い果たしてしまう。
 最後の戦士となった真琴はアンジュ王女と共に魔法の鏡を使い別の世界へ逃れようとするも妨害に合う。真琴を逃がすために自らを盾にしたアンジュ王女は、再会を約束して時空の彼方へと消えていった。真琴がアイドルになったのは、歌い続けることでいつか王女が自分を見つけてくれると信じての事だった。

 ジコチューたちが暴れてる間、邪悪なエネルギー=ジャネジーが集まり、キングジコチュー復活へとつながる。その前に王女を見つければ、完全に封印できるかもしれない。マナは自分たちも王女探しを手伝うと提案するが、そこへ大量のジコチューが襲ってくる。
 逃亡中、足場が崩れて橋から落ちそうになる真琴。助けようとするマナに真琴は無関係だから逃げろと諭すも、マナは「友達を助けるのに理由なんて必要ない」と一蹴。初めて会った時から無条件に人を助けようとするブレない態度と芯の強さに心打たれた真琴は、心から礼を言うのだった。

 ともかく妖精たちと合流し元の世界に戻るのが最優先だと判断し、魔法の鏡がある部屋へ向かうマナたちだったが、先回りしていたベールと遭遇。鏡を破壊されてしまう。絶望しかける真琴だが、マナは笑い飛ばしてみせる。ベールによってこの世界に送り込まれたということは、その力で元の世界に戻ることも可能だと指摘。どこまでも前向きで自信に満ちた態度に希望をもらう真琴。そこへ妖精たちも駆けつける。再会したダビィに、真琴はもう二度と諦めないことを誓う。

 変身した一同はベールに戦いを挑む。強力な力の前に苦戦するが、チームワークを発揮して五角以上に渡り合う。ベールが倒れた隙に魔法の鏡がまだ完全に効力を失ってなかったことに気づいた一同は、必ず戻ってくると宣言、元の世界へと戻るのだった。

 無事帰還した一同に、真琴は改めてトランプ王国再興の助力を願う。
 王女を見つけ出しトランプ王国を取り戻そうと、4人は手を重ねるのだった。


ドキドキ!プリキュア 第6話『びっくり! 私のお家にまこぴーが来る!?』 あらすじと感想

・あらすじ

 相変わらずアイドルとして忙しい日々を送る真琴。
 ある日の撮影終了後、真琴の様子が少しおかしいと心配し声をかけるダビィ。真琴はいつも通りだと言うが、内心ではある人物に歌が届かないことに焦りを感じていた。
 たまには歌以外の仕事をして気分転換になればと、ダビィはレストランを使った料理番組の仕事を提案。真琴はマナの実家のレストランを使うことを条件に仕事を引き受ける。

 真琴がやってきたことにはしゃぎながらもリハーサルを見守るマナ達。
 しかし真琴は料理が初めてな上一般常識が欠けており、ありえない失敗を何度も繰り返す。料理に厳しいマナの祖父は、出直して来いと一喝。気まずい雰囲気のまま、その場はとりあえずお開きとなった。

 心配するマナの元に、帰ったはずの真琴が再び現れる。一緒に料理の練習をしないかと誘うと、真琴もそのつもりで戻ってきたと明かす。マナの丁寧な指導に真剣に耳を傾ける真琴は、着実に腕を上げていくのだった。

 翌日、本番の撮影。クルーたちの不安をよそに、見事にオムライスを完成させる真琴。仲良く食べるマナたち4人をマナの祖父も満足気に見守る。心を込めて作った料理がまずくなるはずがないと。
 その言葉に、真琴も忘れかけていたことを思い出す。ある人物の笑顔が見たくて、ずっと心をこめて歌い続けていた。その人が見つからないことに焦りを感じ、最近は心を込めて歌えていなかった。大切なことを思い出せたのはみんなのおかげだと、真琴は礼を言う。

 撮影がつつがなく終わりかけていたその場にイーラが来訪、ジコチューを呼び出し店を荒らし始める。変身して迎え撃つマナ達だが、クセのある敵に手こずる。見かねた真琴は、ついにマナたちの前で変身。キュアソードとなり、ジコチューを浄化した。

 予想通りプリキュアだった真琴に、仲間になりたかったと手を差し出すマナ。真琴は自分も彼女たちの仲間になりたくてこの店に来たのだと気づき、その手を取ろうとする。だがそこへ新たなジコチューの幹部、ベールが来襲、4人を何処か別の場所へと飛ばしてしまうのだった。


ドキドキ!プリキュア 第5話『うそ! キュアソードってあの子なの??』 あらすじと感想

・あらすじ

 四葉財閥の調査の結果、アイドルの剣崎真琴がキュアソードの正体でほぼ間違いないと検討付けた一同。ありすの父親がよつばテレビの経営者なので、コネを使って仕事中の真琴に3人で会いに行く。
 どのように接触するか悩む六花をよそに、マナは憧れのアイドルがプリキュアという可能性に興奮し、無計画に楽屋に突入してしまう。相手の状況も鑑みず一方的に仲間になろうとまくし立てるマナ。仕事場を荒らされた怒りで、真琴はキツく追い返す。
 真琴に一喝され落ち着いたマナは、一方的すぎて相手のことを考えていなかったと反省する。なんとか謝りたいという気持ちに応え、真琴のマネージャーが時間を作ると約束してくれる。

 その後、リハーサルの様子を見学するマナ達。そこへジコチューが襲撃してくる。ライバルアイドルの妬みから生まれたジコチューは真琴をつけ狙うが、大切なステージを邪魔させないと、マナは必死で戦う。ジコチューの強力な能力に押されピンチに陥った刹那、会場中の照明が落ちる。戸惑う一同の前にどこからかキュアソードが現れ、圧倒的な戦闘能力でジコチューを浄化するのだった。

 後日、真琴が出演する番組を見るマナ達3人。結局謝ることはできなかったと落ち込むマナのもとに、真琴のマネージャーから握手券の入った手紙が届けられる。
 握手会の会場で、ようやく謝ることが出来たマナ。真琴にとっての歌のように自分にとってはみんなの笑顔を守ることが大切だと告げる。少しだけ理解し合った2人は、固く握手を交わすのだった。


管理人
名前:月人

リンクフリー

↓ミニ雑記

メールフォーム
御用の方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: